吹奏楽部

サマーコンサート2015を開催しました

6月29日(日)、龍谷大学吹奏楽部のメインコンサートのひとつ、サマーコンサート2015を開催しました。

サマーコンサートは、Ⅰ部に吹奏楽オリジナルステージ、Ⅱ部にはゲストにサクソフォン奏者の本間将人さんをお招きしてのポップスステージ、そしてⅢ部はステージマーチングショーというⅢ部構成でお届けしました!
1回生にとっては初めてのサマーコンサート、それに対し4回生にとっては最後のサマーコンサートです。青ブレザーを堂々と着こなし、後輩たちにたくましい背中を見せてくれました。
徳島フェスタから2週間後がサマーコンサートということで、どのステージもさらにレベルの高いものにするべく、部員全員が一体となり練習に取り組んできました。サマーコンサートが近づくにつれて、「いよいよだ」というワクワク感。しかし、それとは裏腹に「あれも、これも……」という焦燥感や、なかなか上手くいかずに苛立つ場面もありました。
それでも、サマーコンサートは待ってくれません。気づけば、サマーコンサート当日となっていました。

緞帳が開くまで、私たちはお客様がどれくらい来られているのか分かりません。気持ちがいい適度の緊張感のもと、緞帳が開きついに開幕のベルがホールに鳴り響きました。
満席になった会場でスタートしたサマーコンサート、一曲目に演奏した曲は河辺浩市作曲の『高度な技術への指標』です。明るく華やかなこの曲はサマーコンサートの1曲目にふさわしいものとなったのではないでしょうか。次の曲からは2015年度課題曲を3曲演奏。まずがマーチ『春の道を歩こう』です。1曲目に指揮をした若林義人音楽監督からタクトを交代し、学生指揮である大西潤が指揮を振りました。続いて、『秘儀III -旋回舞踊のためのヘテロフォニー』、『プロヴァンスの風』を演奏し、最後はⅠ部のメインである『シンフォニア フェスティーバ』です。この曲は若林義人音楽監督が全日本吹奏楽コンクールで初めての指揮をされた曲でもあり、部員一同精一杯演奏いたしました。

オリアレステージ・指揮は若林監督

オリアレステージ・指揮は若林監督

続くⅡ部。今年度のゲストはサクソフォン奏者である本間将人さん!私たち部員は非常にパワフルなサックスの音に圧巻されていました。
また、本間さんの凄いところは音楽面に引きを劣らない素晴らしいトーク力!曲間のトークでは会場を笑いの渦に巻き込み、会場全体が本間ワールドに!お客様との距離の近いステージを作ることができたのではないかと思っております。

Ⅱ部の様子

Ⅱ部の様子

本間将人さんとの共演

本間将人さんとの共演

そしてⅢ部では、サマーコンサートの恒例となっているステージマーチングショー。
Show Time!! ~You can’t stop the beat~をテーマに『In the stone』『Jailhouse Rock』『Layla』『Yestaday』『Burn』『Open arms』の6曲音楽に動きをつけ演奏し、ロックには欠かせないエレキギターをふんだんに使用し、かっこいいショーを披露しました。ステージは大いに盛り上がり、会場は盛大な拍手に包まれました。アンコールには『You can’t stop the beat』を演奏し鳴り止まない拍手を浴びながらサマーコンサートの幕を閉じました。

ステージマーチングショー

ステージマーチングショー

演奏会を終え、自分たちが恵まれた環境にいること、たくさんの方々に支えていただいていることに対し感謝の気持ちでいっぱいです。ご指導くださいました先生方、最高の演奏をして下さった本間将人さん、関係者の皆様。そして、会場をいっぱいいっぱいに埋めてくださったお客様。皆様のおかげにより、サマーコンサートを成功させることができました。本当にありがとうございます。

まだまだ未熟な私達ではございますが、これからも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします!

本番直前の集合写真

本番直前の集合写真

ページの先頭へ

ページの先頭へ