吹奏楽部

【吹奏楽部】第66回関西吹奏楽吹奏楽コンクールにて金賞受賞!全国の舞台へ。

8月21日(日)、和歌山県民文化会館にて全日本吹奏楽コンクールの予選である第66回関西吹奏楽吹奏楽コンクールが行われました。
その結果、金賞を受賞し関西の代表として10月29日(土)に石川県金沢市の金沢歌劇座にて開催される全国大会へ出場することが決定しました。

龍谷大学吹奏楽部は150人以上の部員が在籍しており、その中からコンクールに出場できるのは55人。
部の代表として、青いブレザーを身につけて舞台に立つ。関西大会は出られない部員の想いを背負い臨んだ舞台でもあります。
今年は昨年までとは違い、関西大会から全国大会への出場枠が1つになったこともあり、京都府大会からの2週間は例年以上に追い込んだ練習をしました。
もし、全国大会に行けなかったらどうしよう。そんな不安を抱えながらも時間は進み、関西大会に向けてできる限りの準備をしました。

そうして迎えた関西大会当日。出演時間が午前中であったため、和歌山県に前日から宿泊し、当日の朝、向陽高校を練習場所としてお借りしました。向陽高校の吹奏楽部員の皆様、顧問の先生には練習場所を貸していただいたうえに、練習場所のセッティングなどの準備を早朝からしていただき深く感謝しております。

練習を終え、和歌山県民文化会館に向かい、本番の12分間が終わるまであっという間でした。気がつけば結果発表を迎えていた、そんな印象です。
結果を聞いたときの部員の歓喜の叫び声と抱き合っている姿は今でも忘れられません。
これから全国大会に向けて益々練習に励むと共に、夕照コンサートや広島フェスタ、福井フェスタなどこれからの本番にも部員一丸となって臨んで参りたいと考えております。

最後になりましたが、今回関西大会金賞、そして関西代表をいただけたのは、ご指導くださいました先生方をはじめ、私たちをご支援してくださいました皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

まだまだ未熟ではございますが、全国大会で最高の演奏ができるよう部員全員で頑張って参りますので、これからも私たち龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

<全国大会までのスケジュール>

8/27(土) 夕照コンサート(瀬田キャンパス)
9/11(日) 吹奏楽フェスタin広島
入場無料・お申し込みはこちら→https://www.ryukoku.ac.jp/festa/
9/18(日) 近畿大学とのジョイントコンサート(近畿大学)
9/25(日) REC龍谷ジュニアキャンパス(瀬田キャンパス)
9/30(金) バトンチアSPIRITS単独公演 (呉竹ホール)
10/2(日) 吹奏楽フェスタin福井
入場無料・お申し込みはこちら→https://www.ryukoku.ac.jp/festa/

10/29(土) 第64回全日本吹奏楽コンクール(金沢歌劇座)

無

無題2

無題3

高岡龍谷高校のオープンハイスクールに参加

8月20日(土)、富山県にある龍谷総合学園の一つ、高岡龍谷高校のオープンハイスクール「ワンデイ・ドラゴン」に龍谷大学吹奏楽部およびOBの7人が参加しました。高校版オープンキャンパスのような取り組みである「ワンドラ」、その1コマに「吹奏楽部体験」のコーナーがあり、龍谷大学吹奏楽部がその講師の一部を務めました。

今回は参加人数も限られていたことから、フルート、クラリネット、サックス、トランペット、トロンボーン(OB)、チューバ、打楽器のという多様な楽器で1名ずつ参加し、イベントの中で披露したアンサンブル演奏も珍しい編成となりました。

アンサンブル演奏の様子

アンサンブル演奏の様子

全体の開会式の後、早速、パートごとに分かれてのワンポイントレッスンを開始。その後、休憩を挟んで、参加された中学生の皆さん、高岡龍谷高校吹奏楽部の皆さんと龍谷大学吹奏楽部のメンバーで全体合奏をおこないました。

パート練習の様子(トロンボーン&ユーフォニアム)

パート練習の様子(トロンボーン&ユーフォニアム)

パート練習の様子(サクソフォン)

パート練習の様子(サクソフォンン)

パート練習の様子(打楽器)

パート練習の様子(打楽器)

合奏練習後、「ありがとうセレモニー」というイベント内で龍谷大学吹奏楽部に時間をいただき、クラブ紹介とアンサンブル演奏を披露しました。1曲目に懐かしのご長寿番組より『笑っていいとも!小ネタ集』、続く2曲目は『NICA’S DREAM』でジャズアンサンブルを、そしてアンコールに『銀河鉄道999』を演奏しました。
そしてメインイベントとして、参加者全員による演奏発表です。本日の練習で取り組んだ、『となりのトトロ(ジャズアレンジ)』、『I will follow him』の2曲を披露しました。

全体合奏の様子

全体合奏の様子

「ワンドラ」終了後は、高岡龍谷高校吹奏楽部のみなさんに、龍谷大学吹奏楽部が普段行っている基礎合奏や楽器別のワンポイントレッスンをしました。私たち龍谷大学吹奏楽部にとっても、指導するという難しさを改めて感じ、とてもいい経験となりました。
今後もこのような色々な方々と交流を深め、共に音楽を楽しむという機会を大切にしていきたいです。高岡龍谷高校の方々、素敵な機会を設けて頂きありがとうございました。これからも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

<参加部員>
フルート:坂井 絢音 2回生
サックス:吉田 知樹 2回生
トランペット:神田 理友真 3回生
クラリネット:三木 詩織 4回生
チューバ:本間 慎太郎 4回生
パーカッション:松井 沙季 4回生
トロンボーン:大西 潤(2015年度卒業)

サマーコンサート2016を開催しました

7月3日(日)、八幡市文化センターにてサマーコンサート2016を開催しました。


サマーコンサートは、Ⅰ部に吹奏楽オリジナルステージ、Ⅱ部にはゲストに打楽器奏者の橋田”ペッカー”正人さんをお招きしてのポップスステージ、Ⅲ部はステージマーチングショーという構成でお届けしました!

1回生にとっては初めての単独公演、2回生や3回生にとっては昨年以上のものをお届けしたいとレベルアップに挑む公演で、それに対し4回生にとっては色んな思いの詰まった最後のサマーコンサートでした。


IMG_0920

今年度のサマーコンサート、一曲目に演奏した曲は金山徹さんが龍谷大学吹奏楽部のために作曲してくださった『ドラゴンバレー序曲』でオープニングに華やかに飾りました。続く二曲目、三曲目には2016年度吹奏楽課題曲より『スカイブルー・ドリーム』『ある英雄の記憶』の二曲を演奏しました。
Ⅰ部最後の曲は、『パリのアメリカ人』をお届けしました。ジョージ・ガーシュウィンの有名な作品の一つであるこの曲は、ジャズをクラシックに取り込んでおり、テンポや調、奏法の変化に飛んだ大変ユニークな曲です。各楽器の沢山のソロと共に精一杯の演奏をお送りしました。

続くⅡ部は、ゲストに打楽器奏者の橋田”ペッカー”正人さんを招き、手や声を使ってお客様にもコンサートに参加していただくステージをお送りしました。また、今回一曲目と二曲目に演奏しました『A Memory of Majorca』『Cuban Fantasy』は恐らく吹奏楽版では初演として演奏をさせていただきました。さらには、岩井直溥編曲『Bolero in pops』や盆踊り部隊をつけての『スーダラ節』を演奏。大盛り上がりのⅡ部ではアンコールもいただき、ペッカーさん作詞作曲の『レインボーラブ』をペッカーさんの歌声付きで演奏しました。

そしてⅢ部では、Gershwin!をテーマとし、ジョージ・ガーシュウィン作曲の有名な曲たちをステージマーチングショーでお届けしました。ガーシュウィンの曲でも最も有名な『Rhapsody in blue』に始まり『Strike up the band』『Shall we dance?』『Summer time』『Porgy and Bess』の5曲を演奏し、ジャズをクラシックに取り込むガーシュウィンの曲を各曲素敵なソロと共にかっこいいショーを披露しました。Ⅲ部のステージマーチングしょーも大いに盛り上がり、盛大な拍手をいただいた後、アンコールとして、I部で演奏したパリのアメリカ人の劇中にも登場する『I Got Rythm』を演奏し鳴り止まない拍手を浴びながらサマーコンサートの幕を閉じました。

IMG_0919

IMG_0922

IMG_0918

立ち見のお客様がおられたほど満員のホールで今年度のサマーコンサートを無事に終えることができ、龍谷大学吹奏楽部のモットーである『音樂』『感謝』の意味を再確認いたしました。素敵な音楽をつくれるようご指導くださいました先生方、最高の演奏、楽しいステージをつくってくださった橋田”ペッカー”正人さん、今回例年より多くの楽曲の編曲、私たちの音楽作りにご支援いただきました金山徹さん、関係者の皆様。そして、会場に足を運んでくださったお客様、音楽を通して出会えた皆様に部員一同、本当に感謝しています。

IMG_0856

今回のサマーコンサートは、直前に、大阪や徳島で開催した龍谷大学吹奏楽フェスタなど大きな本番が続くハードスケジュールではありましたが、来てくださるお客様に素敵な音楽をお届けすることができるよう、部員一同練習に取り組みました。
これからも、より良い音楽作りに励みますので龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします!

龍谷大学吹奏楽フェスタin徳島を開催しました

6月18日(土)、龍谷大学吹奏楽フェスタin徳島を開催しました。

image5

image2

本コンサートは「龍谷大学吹奏楽フェスタ」と銘打って実施していますが、主催は徳島県吹奏楽連盟です。昨年、本学主催で同様のコンサートを実施し、昨年の演奏会が大好評となり、今回の演奏会の開催につながりました。

今回のコンサートでは、徳島北高校吹奏楽部、城南高校吹奏楽部、徳島商業高校吹奏楽部、BMSウインドアンサンブルの方々と共演をしました。出演された4団体すべて、それぞれの団体ならではの個性的な演奏、プログラムでした。私たち龍谷大学吹奏楽部の単独演奏では、「ドラゴンバレー序曲」、「2016年度課題曲1番マーチ・スカイブルー・ドリーム 」、「2016年度課題曲4番 クローバーグラウンド」、「かぞえうた」、「ボレロin pops」の5曲を演奏しました。最後に演奏するプレッシャーもありましたが、5曲とも龍谷大学吹奏楽部らしい演奏ができたのではないでしょうか。

image1

出演者全員による合同ステージでは、「オーメンズ オブ ラブ」「花は咲く」アンコールに「宝島」を演奏しました。出演団体全員での大迫力の演奏となりました。「花は咲く」では、お客様にも一緒に歌で参加して頂き、会場がまさに一体となりました。さらにアンコールでの「宝島」では裏方をしていた部員も参加し、多くの笑顔で演奏会の幕を閉じることが出来ました。

image4

image3

本番当日は、ホール一杯のお客様の前で演奏することが出来、集客に御尽力いただきました徳島県吹奏楽連盟の関係者の皆様に、部員一同心より感謝いたします。また、今回出演してくださった方々、聴きに来てくださったお客様、すべての皆様に感謝をし、次のサマーコンサートに向けて日々向上できるよう頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

ページの先頭へ

ページの先頭へ