吹奏楽部

サマーコンサート2018を開催しました

7月8日(日)に、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール大ホールにてサマーコンサート2018を開催いたしました。

龍谷大学吹奏楽部のサマーコンサートも今年で21回目の開催となります。これまで八幡市文化センターで開催してきたサマーコンサートを創部50周年を迎える本年、初めてびわ湖ホールに会場を移して開催しました。

image8

第1部の冒頭では、トランペットやトロンボーンのファンファーレから始まる「Symphonic Fanfare」で華やかにオープニングを飾りました。続いて2018年度全日本吹奏楽コンクールの課題曲のⅡ番 一ノ瀬季生作曲「マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ」、Ⅳ番 郷間幹男作曲「コンサート・マーチ『虹色の未来へ』」、Ⅲ番 高昌帥作曲「吹奏楽のための『ワルツ』」を演奏。その後、フランスの作曲家であるモーリス・ラヴェルが管弦楽のために作曲した狂詩曲「Rapsodie espagnole」の第4曲であるFeria(祭り)を披露しました。

そして第1部の最後には、雄大な自然を感じさせる「The Frozen Cathedral 」をお送りしました。曲の冒頭では、打楽器による輝かしくも幻想的な演奏が荒涼で冷淡な風景を表現し、ウォーターホーンなど普段はあまり目にしない楽器も使用しました。途中に出てくるバスフルートやイングリッシュホルン、バスーンのソロによって、冷たく奇妙な景色が表現され、激しさや熱狂も感じられるコラールも加わり、徐々に管楽器セクションへと展開される壮大な曲で、1部の幕を閉じました。

image1

image2

第2部では、ヴァイオリニストの牧山純子さんをゲストにお迎えしポップスステージをお届けいたしました。ラテン音楽を基調としたジャズナンバーの「スペイン」から始まり、パーカッションのソロの掛け合いが見どころでもある「Captain Carib」を披露。次に、東日本大震災の後に、被災された方々の力になれるように思いを込めて牧山さん自らが作曲された「こころのひかり」を演奏しました。その後、風光明媚の地であるスロベニアで空気、風景、人に感化され生まれた大地、水、空、風の4曲からなるスロベニア組曲より「スロベニア組曲『風』」を演奏。アンコールとして「Sunny-Side Up」をお届けしました。牧山さんの美しいヴァイオリンと吹奏楽とのコラボレーションをお楽しみいただけたのではないでしょうか。

image3

image4

そして第3部では、「Arabian Nights」をテーマとしたマーチングステージをお届けいたしました。「Arabian Nights」で幕を開け、ガードショーとしてカラーガードメンバーがフラッグで魅せる「One jump Ahead」、しっとりとしたメロディが印象的な「Proud Your Boy」、トロンボーンの力強いソロから始まり、中低音のセクションが格好いい「Friend Like Me」、トランペットとホルンの高らかなファンファーレから始まる「Prince Ali」、闘いの情景が浮かぶ「The Battle」、最後には聞き馴染みのある「A whole New World」を披露しました。アンコールには全部員で「Friend Like Me」を演奏しサマーコンサートの幕を閉じました。

第3部のマーチングステージでは、各セクションのメロディや様々な楽器によるソロ、曲に華を添えるガードショーといった、座奏とは一味違う雰囲気のステージを作り上げることが出来ました。

image5

image6

image7

この度サマーコンサート2018を開催する上で、多くの方に支えていただいているという事、音楽が出来るという事に対しての感謝の心を、部員一同改めて胸に刻むことができました。練習期間内に起こった地震や、連日の大雨の影響により開催が危ぶまれましたが、無事開催することが出来たことを嬉しく思います。日々の「感謝」の気持ちを忘れる事のないよう、今後の練習に励んでいきます。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

吹奏楽フェスタin大阪を開催しました

6月10日(日)に、ザ・シンフォニーホールにて 吹奏楽フェスタin大阪を開催いたしました。

image5

今回の吹奏楽フェスタは、プール学院中学校・高等学校、大阪府立春日丘高等学校、大阪府立市岡高等学校の方々とのジョイントコンサートでした。

演奏会の始めに、龍谷大学副学長 鈴木学が挨拶をし、続いて各学校による単独演奏が行われました。
龍谷大学の単独演奏は、「高度な技術への指標」で華やかに冒頭を飾りました。続いて、2018年度全日本吹奏楽コンクール課題曲より一ノ瀬季生作曲のⅡ番「マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ」と、郷間幹男作曲のⅣ番「コンサート・マーチ『虹色の未来へ』」の2曲を演奏いたしました。それぞれのマーチの魅力をお届けできたのではないでしょうか。次に、クラリネット奏者の腕の見せ所でもある「クラリネット・キャンディ」を演奏し、単独の最後には「JazzコレクションVol.2〜ドラえもん組曲〜」を披露いたしました。この曲は誰もが一度は耳にしたことのあるドラえもんのテーマ曲の中から3曲をジャズ風にアレンジした曲で、懐かしくも新しいノリの良い曲です。そして多くのソロが見所の一つであり、ソリスト達の個性溢れる演奏をお楽しみいただきました。

そして演奏会のフィナーレでは、全出演団体による合同ステージをお届けしました。1曲目にはアフリカの大地を想像させるような、力強く壮大な「アフリカン・シンフォニー」を演奏し、2曲目の「花は咲く」では、ご来場の皆さまの歌声と吹奏楽のサウンドで会場が一体となり、私たちの音楽でホールをいっぱいにすることができました。その後、アンコールにお応えして「宝島」を演奏し、コンサートは幕を閉じました。

吹奏楽フェスタは、震災の復興支援チャリティーコンサートです。東日本大震災から7年、熊本地震からは2年が経ちます。震災の悲劇を風化させず、復興支援に繋げていけるようにより一層努めて参ります。また、普段自分たちがどれほど恵まれた環境で日々活動できているのかを改めて実感できた演奏会となりました。感謝の気持ちを忘れる事なく精進して参りますので、今後ともよろしくお願い致します。

image4

image3

image2

image1

吹奏楽フェスタin徳島を開催しました

6月9日(土)に課題曲クリニック、6月10日(日)に吹奏楽フェスタに徳島を鳴門市文化会館にて開催いたしましました。

image6

image7

6月9日(土)に行われた課題曲クリニックでは、徳島市津田中学校・石井町石井中学校・北島町立北島中学校・鳴門教育大学附属中学校・鳴門市第一中学校の中学校5校、徳島県立徳島商業高校・徳島県立徳島北高等学校・徳島県立名西高等学校の高等学校3校の合計約350人の中高生が参加されましました。

課題曲クリニックは2018年度全日本吹奏楽コンクール課題曲よりⅡ番「マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ」を龍谷大学吹奏楽部が模範演奏を、続いてⅣ番「コンサート・マーチ「虹色の未来へ」」を徳島商業高等学校がモデルバンドとして模範演奏しました。クリニックでは、参加された中高生も楽器を持ち寄り、一緒に演奏しながらクリニックを進めるという形をとりました。指導者や大学生のアドバイスに熱心に耳を傾けられている様子がうかがえました。
全体合奏後はホール内にて楽器ごとに分かれた質問コーナーが行われ、その中で更に交流を深めることが出来ました。質問をする際に持ち込まれた生徒の譜面には、演奏する際の注意点が丁寧に書き込んであり、徳島県の中高生の音楽に向き合う真摯さが感じられましました。

image1

image3

翌日の吹奏楽フェスタで徳島では、徳島県立城南高等学校・徳島県立城ノ内高等学校・徳島県立徳島商業高等学校・徳島市八万中学校の4団体がそれぞれ単独演奏を披露されましました。休憩後の龍谷大学吹奏楽部の単独演奏は、「高度な技術への指標」から華やかに単独ステージのオープニングを飾りました。この曲は過去の全日本吹奏楽コンクールの課題曲であり、ジャズやサンバを取り入れた楽しい一曲となっています。
次に、前日の課題曲クリニックで行ったマーチ2曲を演奏。続いて軽快でかわいらしい曲調の「クラリネット・キャンディー」や、大人気アニメ「ドラえもん」のテーマ曲をアレンジした「ジャズ・コレクション第2弾~ドラえもん組曲~」をお届けしましました。

演奏会メインとなる参加団体全員による合同演奏では、「アフリカン・シンフォニー」を1曲目に演奏しました。曲の雰囲気をより表現するために、生徒が動物の鳴き声を真似た演出をお楽しみいただけたのではないでしょうか。そしてNHK東日本大震災プロジェクトのテーマソングである「花は咲く」を合唱と演奏でお届けしました。アンコールとしてお送りした「宝島」は、過去最高の盛り上がりを見せ、拍手の鳴り止まない中、終演しましました。

この2日間、徳島県の多くの中高生と関わり、演奏や質問コーナーなどで交流することにより、新たな発見をすることが出来ました。また、徳島の中高生はとても元気で、今回のフェスタを大いに盛り上げていただき、演奏会が刺激あるものになりました。今回徳島で学んだことを活かし、サマーコンサートなどこれからの行事に向けて努力して参ります。

image5

image4

第7回ルシオール アートキッズフェスティバル「ルシオールブラスフェス」に出演しました

5月12日(土)、13日(日)の2日間にわたり、滋賀県守山市民ホールにて第7回ルシオール アートキッズフェスティバル「ルシオールブラスフェス」にてを龍谷大学吹奏楽部は、守山市内の6中学校、3高校、1社会人吹奏楽団とのコラボレーションしました。

image1

12日(土)は、まず、守山市民吹奏楽団、立命館守山中学校、滋賀県立守山中学校、守山市立守山北中学校、守山市立守山中学校、守山市立明富中学校、守山市立守山南中学校の7団体がそれぞれ単独演奏を披露されました。その後には、1日目のメインステージである、参加団体の中学3年生と龍谷大学吹奏楽部、約250名による合同演奏を行いました。
今回のルシオール アートキッズフェスティバルのテーマが「オリエント急行で巡る音楽の旅」であり、今回は「汽車」や「鉄道」などにちなんだ曲をセレクト。初めに2001年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲であった「行進曲『SLが行く』」をお届けし、次にアイルランド系の線路工夫たちが歌っていた労働歌である「線路は続くよどこまでも」を演奏。プログラム最後の曲はアニメの主題歌として有名となった「銀河鉄道999」を披露いたしました。アンコールでは冒頭にジャングルを彷彿とさせるアレンジを加えた「アフリカン・シンフォニー」を演奏し、1日目のブラスフェスは終了しました。

image4

image2

2日目の13日(日)は、オープニングに龍谷大学吹奏楽部が開会を告げるファンファーレとして「ドラゴンバレー序曲」をカットバージョンで演奏しました。華々しいファンファーレの後に宮本和宏守山市長のあいさつで「第7回ルシオール アートキッズフェスティバル」がスタートされました。そのままステージ上ではブラスフェスが進行します。2日目は守山市内の高校3講とのジョイントコンサートで、滋賀県立守山北高校、立命館守山高校、滋賀県立守山高校がそれぞれ単独演奏披露しました。その後の龍谷大学の単独演奏では、2003年度全日本吹奏楽コンクール課題曲V「マーチ『列車で行こう』」や、列車が動き出すような曲調から始まる「A列車で行こう」を演奏し、トランペットやサクソフォンのソロを存分にお楽しみいただけたのではないでしょうか。続いて龍谷大学吹奏楽部の定番「クラリネット・キャンディ」、国民的アニメ「ドラえもん」の定番曲をアレンジした「Jazz コレクション Vol.2 -ドラえもん組曲-」を披露し、単独演奏を終えました。
ブラスフェス2日間のメインは高校生と大学生の合同演奏です。

image2 (1)

image3 (1)

「A列車で行こう」がビッグバンドの有名な曲をメドレーにした「ビッグバンド・ショーケース」、今回のルシオールのメインテーマである「オリエント急行」を演奏しました。2曲とも中学生よりレベルの高い選曲をしましたが、さすがは高校生、たった2時間ほどの合同練習で見事に演奏会で披露できるまでのレベルまで出来ました。そして、鳴り止まない拍手に応えて、最後にアンコールとして「宝島」を出演者全員で演奏し、2日間のブラスフェスは幕を下ろしました。
2日目はあいにくの雨であったにも関わらずたくさんのお客様にお越しいただきました。今回は「オリエント急行で巡る音楽の旅」という演奏会のテーマにちなんで、列車に関する曲を多く演奏いたしましたが、汽笛や列車の出発を知らせる笛の音、列車が走る様子などを、いかに「列車らしく」聴こえるか試行錯誤しながら練習に臨みました。これからもより表現力を高めた演奏が出来るよう努力して参ります。
関係者の方々、参加団体の方々、ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

image6

image5

image3

ページの先頭へ

ページの先頭へ