吹奏楽部

龍谷大学吹奏楽部 第47回定期演奏会を開催しました

12月25日(金)、大阪府のザ・シンフォニーホールにて「龍谷大学吹奏楽部 第47回定期演奏会」を開催いたしました。

今年は昼の部・夜の部の2回公演に加え、オンライン配信という当部初となる取り組みを実施いたしました。ホールリハーサルは当日の午前中のみというハードなスケジュールでしたが、部員全員が集中力を高めてリハーサルに臨むことができました。

0102_Original

前回の公演であるオータムコンサートから1ヶ月も経っていないという練習状況の中、この定期演奏会はさまざまな不安を抱えた本番でした。しかし、部員同士がお互いに声を掛け合い士気を高め合うことで、これまでの苦難を乗り越えることができました。

ホール開場後は、ステージ上にて幕前アンサンブルとして木管5重奏をお届けしました。テレマンの「組曲55番」、ショスタコーヴィチの「セカンド・ワルツ」、ラニングの『木管五重奏曲より「Quodlibet」』の計3曲を披露いたしました。木管楽器の可憐なハーモニーで、開演前から会場を魅了させました。

0124_Original

開演後、まず1曲目にクロード・トーマス・スミス作曲の「フェスティバル・ヴァリエーション」を演奏し、ホルンの力強くも輝かしいファンファーレで幕を開けました。快速で煌びやかな前半部、緩やかなテンポで各ソロが多彩な音色を響かせる中間部、さらに激しく鮮烈な後半部、と技巧的な一面だけでなく各楽器の特性や音色を最大限お届けできたのできたのではないでしょうか。2曲目は、ジョン・マッキー初の吹奏楽曲となる「レッドライン・タンゴ」を演奏しました。曲名である「レッドライン」には、「エンジンがフル稼働している状態」と「ニューヨークのIRT地下鉄路線 2番線と3番線の名称」の2つの意味が掛けられています。序盤、細かな16分音符に乗りながらスピード感満載の音楽が始まり、その音楽が徐々に激しさを増して頂点を過ぎると、気だるさすら感じさせる滑稽なタンゴが始まります。その後また曲調が変化し、前半部の曲想からさらに激しさを増していき、最後は爆けるように幕を閉じます。1曲目の華々しさとは一転、細かいビートと変拍子による緊張感溢れるサウンドをお届けしました。

0706_Original

舞台の転換や場内換気を行うため小休憩を設け、その間は舞台上にて木管5重奏によるアンサンブル演奏を披露し、イベールの「木管5重奏のための3つの小品」を演奏しました。第1曲アレグロは、弾けるような明るさと鮮やかな色彩。第2曲アンダンテは、フルートとクラリネットの対話から始まり、終盤に他の楽器も加わって静かに音楽を終えます。第3曲アッセ・ラン、アレグロ・スケルツァンドでは、各楽器が自由を謳歌するように、伸び伸びとした旋律を受け渡していく様が思い浮かびます。幕前アンサンブルの木管5重奏とはまた違った華やかな雰囲気を作りました。

小休憩後、3曲目にフェリックス・メンデルスゾーン作曲の「吹奏楽のための序曲」を演奏しました。この曲は、メンデルスゾーンが15歳の時に作曲し、ロマン派時代の貴重な吹奏楽曲としても知られています。他の曲目とは一味違う、ロマン派音楽のハーモニーを堪能していただけたのではないでしょうか。続いて4曲目に、ヤン・ヴァン・デル・ロースト作曲の「プスタ〜4つのロマの舞曲〜」を演奏しました。プスタとは、ハンガリー中心に広がる草原の名称であり、その名の通り、民族的かつ壮大な音楽をお届けしました。演奏会最後は、アレクサンドル・ボロディン作曲の「オペラ『イーゴリ公』より 韃靼人の踊り」を披露しました。オーボエやコールアングレが奏でる寂しげなソロに始まり、その後も異国情緒あふれる軽快な音楽、迫力ある音楽が続きます。イーゴリ公の世界観が思い浮かぶような哀愁漂うステージを作りました。

幹事長からの挨拶を挟み、アンコールは、フィリップ・スパーク作曲「陽はまた昇る」と、クリスマスにピッタリな「ジングル・ベルin Swing」を演奏しました。「ジングル・ベルin Swing」は、52期学生指揮を務めた大月涼太が指揮をしました。前日の積み込み終了後に同期達からプレゼントされた、苗字由来の月をモチーフにした派手な衣装を身にまとい、龍谷大学吹奏楽部 学生指揮としての最後の指揮を終えました。今年は例年とは全く違ったスケジュールとなってしまったため、学生指揮としての仕事量も一段と違ったものとなりました。この異例続きの1年間を引っ張ってくれた学生指揮には、部員全員がたくさんの感謝の気持ちを抱いているでしょう。

0753_Original

0833_Original

この定期演奏会をもって、4回生は引退となりました。今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、例年ような演奏会やコンクールなどが延期・中止となり、ほとんどの活動を自粛せざるを得ない状況となりました。当部での活動が最後になる4回生にとってはとても辛い1年間になりました。しかし、こうして1年間の集大成である定期演奏会を無事に開催することができ、言葉では言い表せないほどの喜びと感謝を感じています。この定期演奏会が無事に終演できたのは、日頃から応援してくださる皆さま、熱心にご指導してくださる講師の方々、また、演奏会の開催を支えてくださるホール関係者の皆さまのおかげです。今年1年間、思うように活動できない日々が続き、辛い事、悲しい事、苦しい事がたくさんありました。しかし、そんな環境であったからこそ、当部が掲げている「音楽」「感謝」を強く心に感じる1年間となりました。また、当たり前だと感じていた演奏会の開催も、たくさんの支えがあってこその開催であり、当たり前ではないということを実感しました。来年からは新体制となって新たなチームでの活動が始まります。今年1年間の「感謝」の気持ちを忘れずに、来年からも頑張ります。
これからも、龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

以下、52期 幹事長を務めました村上凜よりコメントです。
『第47回定期演奏会を終えた今、思うことは「龍大に入って、龍吹に入って本当に良かった」という事です。
この1年、非常に多くの困難がありました。新型コロナウイルス感染症の流行により、誰も経験したことのない壁に何度もぶつかり悩みました。毎日練習をする、部員と会う、そんな当たり前だった日常が一瞬にして無くなり、先が見えない不安に押しつぶされそうな日もありました。
しかし、この困難こそ私たち吹奏楽部にとって大きな成長のきっかけになりました。広い練習場で大勢の仲間と音楽ができること、そしてたくさんの演奏機会をいただくことがこんなにも幸せなことで有難いことなんだと、強く実感しました。また、何か新しいことをしようという流れができたのも今年ならではだと思います。
想い描いていた活動はできませんでしたが、多くの学びがあった1年にすることができたのは、支えて下さった皆様のおかげです。部員一同深く感謝申し上げます。
私たち4回生は引退しますが、これからもこの事への感謝の気持ちを胸に、多くの方々に素敵な音楽をお届けできるよう後輩たちが精一杯頑張っていってくれると思います。今後とも龍谷大学吹奏楽部の応援を、どうかよろしくお願いいたします。』

IMG_0320

オータムコンサート2020を開催

11月29日(日)に滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール大ホールにてオータムコンサート2020を開催いたしました。

画像7-1

今回のコンサートは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、学内外問わず様々な活動が中止となる中、「どうしてもサマーコンサートだけは中止にしたくない」「どうにかして延期開催できないか」といった思いの末、徹底した感染対策と何十回にも及ぶプログラム構成の見直しの下、ついに実現した演奏会です。

今年度初の全員で挑む本番で、1回生にとっては龍谷大学吹奏楽部の部員として初めての本番でもありました。

午前の部、午後の部共に同様のプログラムでお送りしました。部員としてもあまり慣れない形式ではありましたが、午後の部の前には午前の部に来られたお客様のアンケートに部員全員が目を通し皆さまの想いを胸に込め士気を高めるといった、このような形式でしか見られない良さもありました。
1公演1時間程度、午前午後の公演を合わせても2時間という決して長いとは言えない公演でしたが、部員全員にとって忘れられない公演となったことでしょう。この演奏会を迎えるにあたり、部員だけでは超えることのできない壁が数多く立ちはだかりました。そのたびに、多くのご支援を受け、困難を乗り越えてきました。支えてくださった皆さまのおかげで無事開催することができました。今一度、心よりお礼申し上げます。また、このようなご時世にも関わらず、当部の演奏を心待ちにし、会場まで足を運んでくださった数多くのお客様には感謝の言葉もございません。

オリジナルステージと題した第一部は、アルフレッド・リード作曲の「カーテン・アップ!」と共に幕を開けました。この曲は『管楽のための劇場序曲』という副題がつけられており、コンサートの始まりを告げるにふさわしい曲です。「オープニングファンファーレ」「ブライト・トゥ・ステップ」「ロマンティック・バラード」「はやりのタップダンス」「ラテン風のナンバー」「ジャズ・ロック・フィナーレ」と名付けられた6つの場面が切れ間なく展開された、様々な情景を思い起こさせる演奏を通じて、観客の皆さまにはまるで自身が物語の主人公になったような高揚感を感じていただけたのではないでしょうか。

続いて、ヤン・ヴァン・デル・ローストがハンガリーにあるプスタという大草原とそこで放浪生活を送るロマという民族の伝統的な舞曲から着想を得て作曲した「プスタ ~4つのロマの舞曲~」をお送りしました。全4楽章から構成されるテンポの起伏の激しい曲となっており、果てしない自然の壮大さや美しさを連想させる、そんな演奏をお届けできたのではないかと思います。

3曲目にはジェームズ・バーンズ作曲の「詩的間奏曲」を演奏しました。
荘厳な導入部から始まり、切なく憂いに満ちた旋律が印象的な主題が続きます。まるで天使の歌のように明るい中間部を経て再び儚く、繊細なメロディが静かに会場に響き渡りました。「詩的間奏曲」の名にふさわしい、美しく叙情的なこの曲は、会場の人々の心を暖かく満たしたことでしょう。

第1部の最後はフィリップ・スパーク作曲の「A Weekend In Newyork」で華やかに締めくくりました。
この曲は、煌びやかな表通り、ブルースのよく似合う裏路地、明るく陽気な街並み。情熱的なメロディを奏でる人々、クラブの空いたドアから街へと溢れるジャズ。といった作曲者本人がアメリカ・ニューヨークに初めて訪れた情景が表現されています。皆さまの脳裏に大都市ニューヨーク街並みが浮かんだのではないでしょうか。

以下、コンサートミストレスを務めましたクラリネット4回生さんの竹内まどかのコメントです。
「新型コロナウイルスの影響により、曲に乗れる人数が絞られたことで曲ごとの人の入れ替わりが激しく、また音の質感や雰囲気も違っていました。自分自身、もっと指揮者に食いついてオーバーに表現しないとバンドは付いてこないとご指摘を受けたこともありましたが、2回公演で疲労などがある中でも、バンドメンバーから集中力や目線を感じる事ができました。今回のオータムコンサートで部員全員、成長を得られたのではないかと思います。」

画像1-1.

画像2-2

画像3-3

第2部は、「JAZZ」をテーマとしたマーチングステージを披露しました。音楽と動きを合わせたパフォーマンスとカラーガードのステッキやハットを使った振り付けなど、海外のショーをイメージした演出と共に、作編曲家の金山徹氏による編曲の様々なジャンルのジャズをお届けしました。
明るく疾走感に溢れる「Time Check」がオープニングを飾り、冒頭から駆け抜けるような8分音符がまるでスパイ映画のようなドキドキ感を醸し出す「JAZZ POLICE」を演奏しました。その後、トロンボーンの妖艶なソロから始まり、陽気で明るくそれでも大人の色気漂うアップテンポなシーンに移り変わる「Horny」をガードショーと共にお披露目しました。次に木管楽器の可愛らしいサウンドが魅力の「Take The A Train」と鍵盤楽器の楽しく跳ねるような演奏が特徴的な「String of Pearls」を続けてお聞きいただきました。最後に「Mexican Flyer」では、情熱的なサクソフォンと華やかな金管楽器の音色をお楽しみいただきました。アンコールとして「It Don’t Mean A Thing」をお送りしました。今回のマーチングショーを締めくくるにふさわしい、部員ひとりひとりのこの瞬間まで燃やし続けた熱い想いを込めた演奏とともにオータムコンサートの幕を下ろしました。

画像4

画像5

画像6

今回の演奏会を通して、日々の練習だけではなく、これまでの活動すべての活動の集大成と言えるステージを多くの方に披露することができ、大変嬉しく感じております。繰り返しになりますが、このような大きな演奏会を開催する事ができたのは、多くの方々のお力添えがあってこそです。

まだまだ不安の残るご時世ですが、これからも勇往邁進、全力で取り組んで参りますので龍谷大学吹奏楽部をどうぞよろしくお願いいたします。

第46回関西アンサンブルコンテスト 大学の部 にてサクソフォン四重奏が金賞を受賞

2月11日(火・祝)、滋賀県彦根市にあるひこね市文化プラザにて第46回関西アンサンブルコンテスト(関西吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)大学の部が開催されました。龍谷大学吹奏楽部からはサクソフォン四重奏が京都府代表として出場し、見事金賞を受賞いたしました。

演奏曲:『トルヴェールの惑星より「彗星」』/ 長生淳
出演メンバー:
秋元百華(国際学部 国際文化学科 1回生 Soprano saxophone)
山本瑞希(国際学部 国際文化学科 3回生 Alto saxophone)
好井彩音(文学部 真宗学科 2回生 Tenor saxophone)
寺尾日和(経済学部 現代経済学科 2回生 Baritone saxophone)

710809B7-9C64-46CB-ACB2-DFDADEA771B6

本番前日には、応援の意を込めて部員全員で『ブラジル』をサプライズ演奏し、笑顔で4人を送り出しました。全国大会への代表1枠をかけ、周囲からの期待と不安を背負った本番となりましたが、舞台上ではプレッシャーを感じさせることのない堂々とした演奏を披露しました。

74643F7E-D3E5-42BF-A995-94A7726E9A45

以下、演奏メンバーの山本瑞希よりコメントです。
 「関西大会は『4人で良い音楽をしたい』という事が目標でした。もちろん全国大会に行きたいという想いもありましたが、『自分たちにとって良い音楽をしよう』という想いの方が強く、その想いが実現できるようにこれまで努力を積み重ねてきました。音楽作りをしていく中で特に難しかった部分は、冒頭の7小節間ですね。そこで全てが決まると言ってもいいほど重要な部分で、音符の縦・テンポ感を揃える事が難しかったです。また、これは個人的な話になりますが、最年長である私が主に練習を進めていく立場だったので、4人でアンサンブルをする上でどういう練習をすれば良いのか、どういった基礎練習に力を入れれば良いのかなどを考える事にも苦労しました。
 前日の『ブラジル』のサプライズ演奏は本当に嬉しかったです。人数が多いからこそのエネルギーを感じ、緊張や焦りではない力が体に漲りました。当日の朝もその時の動画を見て元気を貰いました。舞台で実際演奏した後の率直な感想は、『後悔はなかった』の一言ですね。本番では、落ち着いて演奏することができました。
 同じチームでこれまで共に頑張ってきた他3人には『今まで一緒に音楽をしてくれてありがとう』と伝えたいです。このメンバーで音楽をする事ができ、本当に良かったです。そして、私たちのアンサンブル練習のために場所を空けてくれた仲間や、通し練習の時に沢山のアドバイスをくれた仲間にも感謝の気持ちを伝えたいです。」

本コンテストには小学生から社会人まで近畿2府4県の59団体が出場し、金賞を受賞した団体のうち7団体が関西代表に選ばれました。大学の部の結果は以下の通りです。

龍谷大学 サクソフォン4重奏 金
滋賀県立大学 木管3重奏 銅
関西学院大学 金管8重奏 銀
関西大学 打楽器6重奏 金・代表

応援してくださった皆さま、ありがとうございました。今回は全国大会への出場を逃してしまいましたが、これからも龍谷大学吹奏楽部は最高の音楽をお届けできるよう、努力を尽くしていきたいと思います。
これからも応援のほどよろしくお願いいたします。

龍谷大学吹奏楽部 第46回 定期演奏会を開催しました

12月26日(木)、大阪府のザ・シンフォニーホールにて「龍谷大学吹奏楽部 第46回 定期演奏会」を開催いたしました。あいにくの天気で足元の悪い中にもかかわらず、ザ・シンフォニーホールの座席をほとんど埋めるほど沢山のお客様にお越しいただけたこと大変嬉しく思います。

今年は、演奏会当日のみのホールリハーサルとなっていたため、部員全員がタイトなスケジュールのなか、より一層集中力を持ってリハーサルに臨んでいました。リハーサルでは、若林監督や児玉コーチをはじめ講師の先生方の熱く温かいご指導をいただき、本番への士気を高めることができたと思います。若林監督、児玉コーチが指揮を振る姿はいつも格好良く、演奏している部員も見惚れてしまいます。お二方の指揮のもとで演奏できることが本当にかけがえのない時間であり、幸せであると感じました。講師の先生方のご指導があるからこそ、この定期演奏会を万全な状態で臨むことができました。

0502_Original

0364_Original

開場後、一番初めにお客様にお届けしたのは幕前アンサンブルの演奏です。今回は ホルン四重奏で「生まれてはじめて」、「ニュー・シネマ・パラダイス」、打楽器七重奏で「Abnormal」計2つのアンサンブルを披露いたしました。
打楽器七重奏で演奏した「Abnormal」を作曲した51期 打楽器奏者の宇江原駿コメント。
『昨年からパレードのドラムマーチや打楽器練習板でできる小さい曲をはじめとして、たくさんの曲を作ってきました。特に今年度のサマーコンサートで自分の曲を演奏できたことは自信に繋がり、定期演奏会でも欲を追求したいと思いました。幕前アンサンブルという形で曲を書き、初めて8分間の曲を書きましたが、忙しながらも充実した時間でした。演奏する機会をくれた現役の方々、打楽器のメンバーには感謝しかありません。』

image1

image2

演奏会の第一部は、クリフトン・ウィリアムズ作曲「交響的舞曲第3番『フィエスタ』」で幕を開けました。この曲は、メキシコ風の祭典を描写した音楽であり、トランペットの朗々としたソロが印象的な曲です。続いてはゲストである、サクソフォン奏者の上野耕平さんを迎え、ポール・クレストン作曲「サクソフォン協奏曲」をお送りいたしました。上野さんの甘く魅力的な音色や、超絶技巧をお楽しみいただけたのではないでしょうか。鳴り止まない拍手に応え、真島俊夫作曲「シーガル」を演奏いたしました。第一部の最後に演奏いたしましたのは、ジェイムズ・バーンズ作曲「パガニーニの主題による幻想変奏曲」です。皆さまが一度は聞いたことのある主題の部分が、オーボエから始まり 様々なセクションやソロでモチーフが繰り返され、合計で20通りに変奏されていきます。全ての楽器の音が止んでから演奏されるコントラアルトクラリネットのソロは、同じステージに乗っているメンバーも息をのんで聴き入りました。それぞれの楽器が特徴を活かし表現される、多種多様な「パガニーニの主題」をお楽しみいただけたのではないでしょうか。

0651_Original

0657_Original

第二部の冒頭にお送りした曲は、オーボエとクラリネットの掛け合いから始まる、ジョルジェ・エネスク作曲「ルーマニア狂詩曲 第1番」です。この曲の中には、ジプシー風、ホラの様式、アラビア風 等、様々な曲調が次々と現れます。終盤には続いていた熱狂的な音楽が終わり、木管楽器による東洋風の旋律がカノンのように演奏されます。雰囲気の変化を楽しめる一曲だったのではないないでしょうか。続いて、小鳥のような可愛らしい音色から哀愁を感じさせらるメロディ、クライマックスでは華やかで軽快な音楽に変化していく、アルミカレ・ポンキエッリ作曲「歌劇『ジョコンダ』より 時の踊り」を演奏。
そして定期演奏会 最後に演奏いたしましたのは、リヒャルト・ワーグナー作曲「リエンツィ序曲」です。今回は、全日本吹奏楽コンクールで多くの団体に演奏された課題曲Ⅴ「ビスマス・サイケデリアⅠ」の作曲者である日景貴文氏の編曲で、本公演が初披露の場となりました。冒頭はトランペットの緊張感のあるピアニッシモのロングトーンから始まります。そこから木管の美しいメロディーが続き、行進曲へと展開され、フィナーレでは金管楽器の音色が華々しくホールに響き渡りました。

0427_Original

0411_Original

その後、皆さまのアンコールにお応えして、「ロンドンデリーの歌」、部員全員で「星条旗よ永遠なれ」をお届けいたしました。
ステージ上が青いブレザーを着た部員で埋め尽くされるなか、中央には1人だけ金色に輝く部員が。実はリハーサル前に、卒部生から51期 学生指揮を務めた田中星治郎へ、衣装をサプライズプレゼントしました。星条旗と星治郎という名前からイメージした星の衣装を身を付け、最後の指揮を振る彼は涙ぐんでいました。部員一同 指揮への関心や勉強量の凄まじい彼への感謝で胸をいっぱいにしていたと思います。
沢山の拍手、歓声をいただき演奏会は終演いたしました。

image0

翌日の年内最後の集合日では、定期演奏会の反省を共有した後、部員全員が1年間使った練習場の青朋館(せいほうかん)の大掃除を行いました。このような素敵な環境で毎日練習させてもらえていること、それが本当に幸せなことであると感じる時間でした。

年内最後の演奏会である定期演奏会をもって、4回生は引退となりました。今年は、3年振りに全日本吹奏楽コンクールに出場し、金賞を受賞いたしました。多くのプレッシャーを感じる中、全国大会金賞という輝かしい結果を残せたことを大変嬉しく思っています。このような素敵な経験ができたのは、日頃から当部を応援してくださる皆さま、ご指導してくださる講師の先生方、OBOGの皆さまのお力があったからだと思っています。本当にありがとうございます。4年間は長いようであっという間に過ぎてしまいます。この恵まれた大学生活を1日でも無駄にしないように活動していく中で、辛い事、苦しい事にもぶつかるとは思いますが、どんな時も楽しく龍吹の『音楽』に没頭できるように精進して参ります!
2020年、新体制となってからも全部員が『感謝』の気持ちを忘れず、最高の『音楽』をお届けできるよう頑張りますので、今後とも龍谷大学吹奏楽部のご声援のほどよろしくお願いいたします。

以下、51期 幹事長を務めました上野右京よりコメントです。
『無事に終演を迎えることができましたが、2日経った今でも引退したことが実感できません。この1年間を振り返ると、様々な課題や壁があったように感じます。しかし、龍谷大学吹奏楽部の良いところである”学生主体”を活かし、高い壁を突破してきました。もちろん全てが上手くいくことはなく、なかなか前に進まないことがありました。頭を悩ませながら同期や後輩と練習に取り組む日々が、これからは無いのかと思うととても寂しいです。僕自身、龍谷大学吹奏楽部を選んだきっかけは、YouTubeに上がっていた酒井格さん作曲の『森の贈り物』を聴き、「この大学、この部活で音楽がしたい!」と決め入部をしました。入部すると龍谷大学吹奏楽部の音楽の良さにのめり込み、自らはまってしまいました。龍谷大学吹奏楽部にしかできない音楽があると自負しています。後輩のみんなにはこの独自の音楽をこれからも創造し、新たな歴史を築いていってほしいと願っています。最後になりましたが、私共の定期演奏会にご来場いただきありがとうございました。これからも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。』

image3

ページの先頭へ

ページの先頭へ