吹奏楽部

第43回定期演奏会 大阪公演 大盛況のうちに終了

12月26日(月)、第43回定期演奏会 大阪公演が大盛況のうちに終了いたしました。

img_4988

2016年、最後の演奏会、12月に入り早々にチケットが完売し、予想を上回る数のお客様にお越しいただきましたこと、本当にありがとうございました。
今年度の大阪公演は、12月3日(土)にありました滋賀公演での反省を活かし、この間、猛練習を重ねてきました。
当部音楽監督 若林義人指揮によるJ.ウィリアムズ作曲「THE OLYMPIC SPIRIT」(1988年 ソウルオリンピックテーマ曲)で華やかに幕を開けた演奏会。今回の演奏会はソリストに、トランペット奏者の辻本憲一さん、ユーフォニアム奏者の外園祥一郎さんをお迎えし、豪華なお二人のゲストと共に、M.ケンツビッチ作曲の「Duo Concertanto」、P.スパーク作曲の「Gemini Concerto」を演奏しました。それぞれの曲目は滋賀公演の際に世界初演で演奏しましたものです。お二方の演奏は素晴らしく、貴重な体験をさせていただき大変感謝しております。
第1部最後の曲には、G.ガーシュウィン作曲(金山徹編曲)の「パリのアメリカ人」を演奏しました。本曲を演奏するのは今年4回目です。ジャズのテイストも含んだ急・緩・急の構成で約18分の大曲です。4度目の今回も最高の演奏をお届けできたのではないでしょうか。

第2部最初の曲は、ストラヴィンスキー氏作曲の「火の鳥」を演奏しました。この曲は、今年度行われました第64回全日本吹奏楽コンクールにて、金賞を受賞した曲でもあります。8月から猛練習を重ねてきたこの曲も今回の演奏会で最後の演奏となりました。その後、コンチェルトとコンチェルトアンコールを経て、演奏会最後の演奏は、L.バーンスタイン作曲「ウエスト・サイド・ストーリーより『シンフォニック・ダンス』」です。「ウエスト・サイド・ストーリー」のミュージカル中のダンスナンバーを中心に演奏会組曲に編曲したもので、どんどん移り変わっていくミュージカルのシーンに合わせ、曲のテンポやテイストも大きく変化していきます。変拍子が多い曲で部員共々苦労しましが、苦労した分とても思い入れの深い曲となりました。

終わってみればあっという間の演奏会。アンコールでは定番となっている「星条旗よ永遠なれ」を全員で演奏し、第43回定期演奏会 大阪公演 の幕を閉じました。

今回の演奏会は、四回生にとって最後の演奏会となりました。最後に相応しい華やかで龍谷大学らしい演奏会となったのではないでしょうか。部員それぞれ、滋賀公演で納得がいかず悔しかった点を反省し、大阪公演までの約2週間さらなる練習を積んできました。今年度最後の演奏会となる定期演奏会両公演を終え、達成感に満ち溢れています。
来年からは新体制になり、新しいメンバーでのスタートとなりますが、更にたくさんの人々に龍谷大学の演奏をお届けできるよう、精一杯精進してまいりますので、これからも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。
ご来場いただきました皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

img_4989

img_5114

img_5118

img_5117

img_5116

img_5113

第43回定期演奏会 滋賀公演を終え、大阪公演に向け

12月3日(土)、第43回定期演奏会 滋賀公演 が大盛況のうちに終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

img_4597

今年度の定期演奏会の滋賀公演は、例年よりも早い開催となり、練習期間が非常に短い中、ご来場いただけるお客様に私たちらしい音楽がお届けできるよう、猛練習を重ねてきました。

当部コーチ 児玉知郎指揮によるJ.ウィリアムズ作曲「THE OLYMPIC SPIRIT」(1988年 ソウルオリンピックテーマ曲)で華やかに始まった定期演奏会、2曲目には、タクシーが忙しく行き交うニューヨークの街をイメージされたというJ.マッキー作曲の「Asphalt Cocktail」を演奏。その後、今年度3回目の公演となるG.ガーシュイン作曲(金山徹編曲)「パリのアメリカ人」を演奏いたしました。
今回の演奏会はソリストに、トランペット奏者のアンドレ・アンリさん、ユーフォニアム奏者の外囿祥一郎さんの2名を迎え、豪華なゲストのと共に、M.ケンツビッチ氏作曲の「Duo Concerto」、P.スパーク氏作曲の「Gemini Concerto」をそれぞれ世界初演で演奏いたしました。お二方の演奏は素晴らしく、初演というプレッシャーもありましたが貴重な経験をさせていただいたことに大変感謝しております。
そして、演奏会最後の演奏は、L.バーンスタイン作曲「ウエスト・サイド・ストーリーより『シンフォニック・ダンス』」、「ウエスト・サイド・ストーリー」のミュージカル中のダンスナンバーを中心に演奏会用組曲に編曲したもので、どんどん移り変わっていくミュージカルのシーンに合わせ、曲のテンポやテイストも大きく変化していきます。
終わってみればあっという間の定期演奏会。アンコールには「シンフォニック・ダンス」より最も有名なMambo部分を部員全員で演奏、そして定番となっている「ジングルベルin swing」を演奏し、第43回定期演奏会 滋賀公演 の幕を閉じました。

今月12月26日(月)にはいよいよ今年最後の演奏会となるザ・シンフォニーホールでの定期演奏会 大阪公演 を開催します。来てくださる方々に龍谷大学吹奏楽部らしい、より良い音楽をお届けできるように滋賀公演の反省点を生かし気を抜くことなく練習に励んでいきます。
ご来場いただきました皆さま、関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

img_4599

img_4501

img_4502

龍谷大学吹奏楽フェスタin香川を開催

11月6日(日)、サンポートホール高松にて高松第一高等学校、県立丸亀高等学校、県立香川中央高等学校、県立高松商業高等学校、県立観音寺第一高等学校と龍谷大学吹奏楽部によるジョイントコンサート、龍谷大学吹奏楽フェスタin香川を開催しました。

unnamed%e2%91%a3

前日5日(土)は、龍谷大学吹奏楽部が高松第一高等学校に行き、クリニックとミニコンサートを行いました。クリニックでは、それぞれの楽器に分かれ、パート練習を行い、そして基礎合奏と合同ステージの曲の合奏を行いました。龍谷大学吹奏楽部の普段の練習方法や考え方を教える事が出来たと思います。合同合奏では、翌日のコンサートで使用する曲目の練習を行いました。
ミニコンサートでは、ビールのCMでお馴染み「ゲバゲバ90分」でオープニングを飾り、明るくノリのいいテンポの曲「オーメンズ・オブ・ラブ」を演奏。高校生の皆様によって手拍子が巻き起こり、大いに盛り上がりました。最後に「星条旗よ 永遠なれ」を演奏しました。アンコールに「ブラジル」を演奏し、高校生の皆様が心の底から楽しんでいるのを見て、音楽のすばらしさを改めて感じることが出来ました。

そして、15日(日)龍谷大学吹奏楽フェスタin香川の開催です。
まず最初に香川県内の高校5校による演奏です。高校生らしいフレッシュで明るい演奏で、客席のお客様も明るく、楽しい気持ちになったのではないでしょうか。私たち龍谷大学吹奏楽部は演奏会のトリを務めました。
最初に演奏しましたのは、ジョン・ウィリアムズ作曲の「The Olympic Spirit」です。金管楽器の晴れやかなファンファーレが会場に響き、オープニングにふさわしい曲となったのではないでしょうか。次に「ポップス変奏曲 かぞえうた」を演奏しました。キャンディーがコロコロ転がる様な、かわいいクラリネットのメロディーが特長の「Clarinet Candy」、紙やすりをフィーチャーした、明るく陽気なメロディーが特長の「Sandpaper Ballet」を演奏しました。最後に様々な楽器のソロが活躍する「ボレロ in pops」、アンコールに「星条旗よ永遠なれ」を演奏し、大成功を収めました。

unnamed%e2%91%a0

コンサート最後にお送りする合同ステージは、出演者全員による大迫力の演奏です。曲目は、「アフリ カン・シンフォニー」、「花は咲く」、アンコールには「宝島」を演奏しました。「花は咲く」では、会場のお客様全員が席を立ち、舞台と観客席が一体となった大合唱。そして最後の「宝島」では、大いに盛り上がりを見せ、中には踊り出してしまうご家族の様子も見られ、コンサートは大盛況ののち、幕を閉じました。

今年の吹奏楽フェスタは、この香川を持って終了となりました。今年も徳島や広島等、様々な場所で演奏させて頂きました。学生部の方々、ジョイントしてくださった高校の方々、そして、裏方で走り回ってくださったスタッフの皆様、そして何よりお越しくださった全てのお客様の支えあっての、1年間だったと今回のフェスタで痛感しました。この貴重な経験、感謝の気持ちを常に心に持ち、本年度の定期演奏会、そして来年以降のフェスタや演奏会に繋げていきたいと思います。

12月3日(土) 第43回定期演奏会 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール
12月26日(木) 第43回定期演奏会<大阪特別公演> ザ・シンフォニーホール

unnamed%e2%91%a1

unnamed%e2%91%a2

全日本吹奏楽コンクールにて10回目となる金賞を受賞!

10月29日(土)、第64回全日本吹奏楽コンクール大学の部(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)にて2年連続、10回目となる金賞を受賞しました。

<演奏曲目>
課題曲:3番「ある英雄の記憶~「虹の国と氷の国」」
自由曲:「バレエ音楽「火の鳥」」

img_0217

メンバーは10月27日(木)の授業終了後に石川県に向けて出発。バスで片道約4時間の距離を移動しました。
28日(金)はコスモアイル羽咋にて最終調整を行いました。石川県は京都より肌寒く、メンバーの体調が心配でした。季節の変わり目の影響もあり、部員の中には咳き込むメンバーもいましたが、皆が緊張感を持ち良い雰囲気で練習できたと思います。翌28日(金)の朝、全員が元気に顔を合わせ、誰一人体調を崩すこと無く本番を迎えられたことに安堵しました。
当日の移動中のバス車内でコンクールメンバー以外の約100人の部員からのメッセージ動画を見ました。同じ仲間からの応援、コンクールメンバーの心に響き、気持ちは最高潮に高まりました。
本番会場である歌劇座に到着すると、演奏後の写真撮影を行なっている団体や積み下ろし行なっている団体など、その光景に一気に緊張感が高まりました。本番直前のリハーサルでは若林監督から「いつも通りに演奏すれば大丈夫だから、いつも通りにね」との言葉に部員の不安は一気に和らぎました。いよいよ私達の本番。演奏開始の1音目から最後の1音までは、ほんの一瞬の出来事でした。演奏を終えてから写真撮影までの移動中、部員の表情は最高でした。今までの緊張が解き放たれ、部員通し抱き合ったり、感極まり涙を流している部員もいました。
前団体の演奏を終えて、いよいよ結果発表です。自分たちの演奏に対して部員に後悔は一切ありません。出演番号1番から発表されていき、私達は10番。自信、不安など様々な感情があり、緊張は高まるばかり。結果は「金賞ゴールド」その瞬間、部員達の感情が爆発しました。
2年連続の金賞受賞。本当に嬉しいことです。
金賞をいただけたのは多くの方々のご支援があってのことです。若林監督、児玉コーチをはじめ、ご指導いただきました先生方に本当に感謝しております。また、金沢歌劇座まで駆けつけていただいた保護者の方々やOBOG、学校関係者の方々の応援はとても私達の励みになりました。金賞という結果は部員全員で獲得したものであり、今回コンクールの舞台に乗れなかった部員達のサポートがなければこの結果はなかったと思います。

img_0219

img_0218

今年度の関西大会では、全国大会への代表校枠が2校から1校になった中で代表権を勝ち取り、2年連続金賞への期待、来年の創部50年など、様々なプレッシャーの中、練習を重ねることで重圧を振り切りました。今回の全国大会出場で、1986年以来20回目の全国大会出場となり、その節目となる今回に金賞を受賞できたことも大きな喜びです。

まだまだ未熟な私たちですが、龍谷大学吹奏楽部の音楽をたくさんの方に聞いていただき、満足していただけるよう精進して参ります。これからも龍谷大学吹奏楽部をよろしくお願いいたします。

【今後の主なスケジュール】
11月6日(日) 吹奏楽フェスタin香川(香川県:サンポートホール)
12月3日(土) 第43回定期演奏会(滋賀県:県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール)
12月26日(月) 第43回定期演奏会 大阪公演(大阪府:ザ・シンフォニーホール)
その他、アメフト応援や地域における演奏会などに出演する予定です。

ページの先頭へ

ページの先頭へ