女子バレーボール部

堂々の全勝優勝!7連覇達成!

5月19日千里金蘭大学において関西大学バーレーボール連盟春季リーグ戦第10日が行われた。ここまで9戦全勝で最終戦を迎え、2位で順位決定戦に進んだ神戸親和女子大の前に苦戦するも3―0で下し、見事7連覇を果たした。

金本(営1)の活躍で5連続得点し、勢いにのるかと思われた第1セット序盤。しかし、ミスから得点を許し同点に。影山(営1)や赤星(営3)のスピードのあるスパイクで得点。点差を広げたいところだったが、神戸親和女子大も食らいつき拮抗した展開が続く。その後22―18と点差を広げるが、22―22と再び同点に。粘りを見せる相手に、途中からコートに入った宮井(政2)の高さのあるスパイクなどで3得点し、25-23と振り切った。

第2セットは金岡(社2)や駒井(文4)などのサーブで相手を崩し、フェイントなどで得点差を順調に広げていく。終盤は金本や宮井を中心に攻撃を組み立て25―21でセットを連取した。

第3セット、最初の得点は相手に許してしまうものの、そこから怒涛の9連続得点。杉谷(営1)など1年生を中心に19―12と大量リードに成功する。このまま順調にいくかと思われたがここから5連続失点。一時は3点差まで迫られたが、25―19で第3セットもものにしストレート勝ち。全勝優勝・7連覇で春季リーグを終えた。

また、試合後の閉会式では最優秀監督賞に川島監督、最優秀選手賞に堀崎選手、新人賞に金本選手、サーブ賞に赤星選手、ベストリベロ賞に馬場選手が選ばれました。

 

見事7連覇を果たし笑顔の選手たち

(記事/写真 龍魂編集室 日高 朱花)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

チーム一丸!全勝優勝で7連覇へ!

5月12日龍谷大学体育館に於いて関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦第9日が行われた。ここまで8戦全勝の龍大は3位で順位決定戦に進んだ大阪国際大学と対戦。前日の千里金蘭大戦ではフルセットにもつれ込んだが、この日はセットカウント3―0と快勝した。

第1セット、互いに点を奪い合い一歩も譲らないまま中盤へ。金本(営1)や影山(営1)の1枚ブロックが決まり流れを引き寄せると、赤星(営3)や金岡(社2)のサービスエースなどで25-18と先取した。
続く第2セット。9―5と差を広げるが、そこから6連続失点で逆転を許してしまう。だが、そのまま流れを引き渡さないのが女王。金岡のサーブですぐさま追いつく。しかし、大国大のエース東原の高さの前に点差を広げることが出来ない。それでも、終盤に赤星、杉谷(営1)、宮井(政2)連続得点を決めるなど層の厚さを見せ25―21で振り切った。
第3セットも接戦になるかと思われたが、サーバーで入った駒井(文4)のサーブで相手の守備を崩す。さらに、159cmと小柄ながらセッターの金岡がネット際の競り合いで強さを見せ、流れを引き寄せる。終盤には東原の幾度ものスパイクを拾い、得点を許さなかった。最後は相手に粘られるが、チーム1の跳躍力を持つ宮井のスパイクで25―14と圧倒した。
全勝優勝がかかる次戦に向けて「最後の試合も1、2年生を使いたいと思います。スターはいりません。みんなが打てるのが理想です」と川島監督は述べた。

(記事 龍魂編集室 日高 朱花/写真 三井 雄太)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

 

全勝で順位決定戦へ!

5月5日京都橘大学体育館に於いて関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦第7日が行われた。幾度と優勝争いを繰り広げた京都橘大学を前に苦戦するも、セットカウント3―0で勝利。全勝で順位決定へと進む。

この日もスタメンは1年生が中心だった。序盤、連続得点でスタートを切ったが直ぐに逆転を許してしまう。すぐさま追いつくが、ミスが目立ち突き離すことが出来ない。そのまま終盤までもつれ込むが25-18で第1セットを手にする。

セットを手にした勢いのまま流れをつくりたい龍大だったが、第2セットも僅差のまま中盤を折り返す。17―14と点差を広げるが、相手の攻撃を防げず19―19の同点に追いつかれてしまう。流れが傾き始めたその時―。川島監督がタイムをかけた。短い時間だったが、それで十分だった。この日、4得点の金岡(社2)のサーブで相手を翻弄(ほんろう)し、連続得点。25―20で振り切った。

続く第3セット。序盤はまたもや接戦の展開となるが、得点が2桁に到達したところで5点にまで点差を広げる。しかし、京都橘大学も実力校の意地で食らいつき再び接戦へ。どちらが流れを掴むか―。金本(営1)、杉谷(営1)の1年生コンビが奮闘。25―18でこのセットも手にし、ストレート勝ちを収めた。

ここまで7戦全勝。落としたセットも僅か1と圧倒的な力を見せているが「できすぎ、まぐれです」と川島監督は言う。これからの戦いについては「しっかり守って1人1人の役割を果たしてほしい。いつも通りにこなして優勝してほしい」と述べた。

(記事・写真 龍魂編集室)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ