女子バレーボール部

【女子バレーボール部】 上位リーグ初戦、ホーム戦を2連勝で飾る!!

5月7日、8日に龍谷大学体育館で関西大学バレーボール連盟女子春季リーグ戦第6日目、第7日目が行われた。龍大は昨秋リーグの優勝校京都橘大をセットカウント3―1で下し、その勢いのまま帝塚山大にもストレートで勝利しホーム戦無敗神話を守りきった。

 

7日の相手は京都橘大。「ライバル校ということもあり出だしは躊躇してしまった」と影山主将(経営4)が語るように1セット目は20―25でセットを先取されてしまうも、2セット目では金本(経営4)の鋭いスパイクで龍大の先制点が決まり、そこからは長いラリーが続く場面でも龍大は落とさない。25―17で2セット目を勝ち取り、続く3セット目は25―10と10点以上の差を付ける。そして4セット目、杉谷(経営4)のラインギリギリを狙った絶妙なスパイクや、兵頭(経営2)の力強いスパイクで順調に得点を決め25―17で相手を圧倒。セットカウント3―1で勝利し、昨季リーグでの雪辱を果たす。

写真1 (1)

【写真 力強いスパイクを打ち込む兵頭】

 

続く8日は対帝塚山戦。前戦の対京都橘戦での反省を生かし1セット目の出だしから攻め込み25―20でセットを先取するが、「中盤以降中弛みしてしまい敵にあげなくてもいい点数をあげてしまった」と江藤監督が指摘するように、相手に追い付かれデュースに持ち込まれてしまう。26―24と苦戦しながらもセットを連取。3セット目では、流れを変えるかのような寺田(経営4)のサービスエースが決まり龍大も勢いづく。25―20でセットを取りストレートで勝利を決める。

 

写真2 (3)

【写真 喜び合う選手達】

 

ホーム戦とあり、たくさんの観客が応援に駆け付けた。一つひとつのプレーに観客も沸き、選手達のモチベーションも高まったことだろう。「ホーム戦は周りの応援のお陰でどれだけ調子が悪くても勝つ。ホーム戦では負けたことはない」と影山主将が語るように、ホーム戦での応援がどれだけ選手達の自信につながるかを目の当たりにした試合であった。春季リーグも残すところあと3試合。これから先は厳しい戦いが展開されることが予想されるが、ホーム戦で得た自信と力を最終戦で爆発させて欲しい。

 

写真3

【写真 ホーム戦とありたくさんの観客が応援に駆け付けた】

 

〈江藤監督のコメント〉

「ホームゲームは応援してもらえる人がいるという気持ちはかなり選手達の力になる。上位リーグの出だしをホームゲームにしたので、いい出だし、いい自信になり、勢いをつけてもらった。これからは1セット、1試合が大切なゲームになってくる。一つひとつ目の前の試合をコートにいる選手だけでなく、ベンチやいろいろな役割をしている人達全員で力を合わせて勝っていきたい。自分達のことをしっかり仕上げていきたい」

 

〈影山主将のコメント〉

「自分達のミスで相手に点数をあげてしまったところがあるので、声を掛け合い修正していきたい。人間関係がぎくしゃくするとコート内でも響いてしまうので、バレー以外のところでもコミュニケーションを取るよう意識している。次からは楽に勝てる試合はなくなってくる。ここからが厳しい戦い。目の前の一戦一戦を戦っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 堅田彩香)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【女子バレーボール部】春季リーグ開幕戦をストレート勝ち!

4月10日に近畿大学別館において関西大学バレーボール連盟女子春季リーグ第1日が行われた。開幕戦の相手は大国大。新体制となった龍大女子バレーボール部の底力を見せつけ、ストレート勝ちで幸先のいいスタートを切った。

 

今季から就任した江藤監督が「うまくいった」と語るように、順調な試合展開で25―20。第1セットを先取する。第2セットはデュースに持ち込まれ苦しい展開となるが、金本(経営4)や影山主将(経営4)らの4年生がスパイクを決め、26―24でセットを連取する。続く第3セット、ラリーが長く続く場面も見られ白熱した試合展開を繰り広げるも、「競ったときに巻き返す、自分たちのバレーができた」と影山主将が語るように、安定した力を見せつけ25―22でセットをものにする。セットカウント3―0で春リーグ開幕戦を勝利で飾った。

 

新体制となった龍大女子バレーボール部。新たなスタートを切った彼女達の活躍に期待したい。

 

写真1

【写真 サーブを打つ影山】

 

【江藤監督コメント】

「1セット目はうまくいったが、2セット目はちょっと苦しい場面もあった。あとから出た4回生がチームの力を全部持ってよく我慢して追い付いて勝つことができた。今日のゲームの勝因は2セット目のビハインドからの追い上げ。去年の秋リーグは準優勝という結果に終わってしまったから、優勝旗を取り戻したい。最終的な目標はリーグ優勝だけど、目の前の一つひとつをきっちり勝っていき、一戦一戦を誰が出ても龍大らしいバレーをチーム全員ができるようにしていくため、選手達と一緒に走っていきたい」

 

【影山主将コメント】

「開幕戦ということで、緊張感でふわふわしている部分もあったが自分達のバレーができた。下級生がコートに入っている人数が多いので、若い力が押し上げてくれている。競った場面で冬から積み重ねてきたことを出せるように2戦目からが勝負なので頑張っていきたい」

【女子バレーボール部】インカレ ベスト16で惜しくも敗退

12月2日に愛知県天白スポーツセンターで第62回秩父宮妃賜杯全日本バレーボール大学女子選手権大会第2日目が行われた。2回戦、西南女学院大学相手に0―3でストレート勝利を収める。しかし3回戦は強豪、日体大相手に1セット目からデュースにもつれこみ惜しくも敗退。ベスト16という結果になった。

 

2回戦は丁寧に点差を縮めていき1、2セットを先取。しかし3セット目デュースに。最後は主将宮井(政4)と杉谷(経営3)の気迫のブロックで26点目を決め26―24で3回戦進出を決める。

 

写真1

【写真 安定したサービスエースを打つ宮井】

 

そして3回戦。1セット目、龍大の完璧なブロックや、力強いスパイクで24―24までを追い詰める。だが相手のスパイクで26点目を決められ1セット先取される。続く2セット目、龍大の細かいプレーが相手のミスを誘発。22―22にまで迫るも、3点連続得点され2セット目を失う。3セット目、序盤はシーソーゲームであったが相手スパイクが決まり始め、13―25で3セット目が取られ、龍大のベスト16が決定した。

 

写真2

【写真 鋭いスパイクを打ち込む杉谷】

 

今大会で4年生は引退となる。たった4人でチームを牽引してきた4年生への感謝は計り知れないと思うが、その感謝を来期の試合にぶつけ勝利を掴んで欲しい。

〈宮井主将のコメント〉

「後輩達に恩返しができずに悔いが残った。4年間を振り返り、色々あったが、それらを乗り越えて成長できた。後輩達には日本一という目標に向かって頑張ってほしい」

〈金岡選手コーチのコメント〉

「4年間を振り返り、今思うとあっという間だった。これからは自信を持って戦えるチームになると思うので気負いせず、やるぞという気持ちをもってやってほしい」

 

(龍魂編集室 記事/ 堅田彩香 写真/ 南美鈴)

 

現在 龍大スポーツ142号発行中!

龍魂編集室に興味のある方はtokoton-ryukon@hotmail.comまで!!

【女子バレーボール部】秋季リーグ終盤戦!京都橘大に惜敗

0月11日、関西大学中央体育館において関西大学バレーボール連盟女子秋季リーグ戦第8日が行われた。相手はここまで6勝1敗と龍大と同じ成績を残す京都橘大学。序盤から激しい攻防が繰り広げられ前半2セットを先取されるも、後半から龍大の勢いを見せつけ2セットを取り返す。フルセットの熱戦を演じたが、惜しくも勝利を逃す。

 

1セット目から両チーム譲らずシーソーゲームの試合展開。しかし相手チームの勢いが増し22―25の僅差でセットを落とす。続く2セット目も相手チームの勢いに押されるが粘る龍大。デュースに突入し両チームとも30点まで得点を挙げ、一進一退の接戦が続くが30-32と、あと一歩のところでこのセットを落としてしまう。

 

写真1

【写真 4連続得点を決めた金本】

 

負けられない3セット目、龍大の快進撃が始まる。金本(経営3)の強烈なスパイクで4連続得点とし、7―4で相手を突き放す。その後は点差を詰め寄られるもなんとか逃げ切り25―23でセットを奪取。続く4セットも宮井(政4)の相手ブロックをはじくスパイクで得点し流れを掴んだ。杉谷(経営3)と影山(経営3)のブロックで25点目を決め25―23でセットを取りフルセットに持ち込む。

 

写真2

【写真 チームを引っ張る宮井】

 

勝負の行方がかかった最終5セット目。ベンチや観客席も一つ一つのプレーに沸く盛り上がり。相手のラインアウトで1点目を先取し、長いラリーを制した宮井のスパイクや杉谷の力強いスパイクで1点1点きっちり得点を決める。しかし終盤、相手チームに流れを持っていかれてしまい、13-15の惜敗。長い戦いの末に悔しい結果となった。

 

写真3

【写真 得点を決め喜びあう選手達】

 

リーグ終盤にさしかかり、残すところあと2試合。「金蘭大も負けたのでどのチームも厳しい状況」と、試合後主将宮井が語るように、上位リーグは優勝をかけて混戦となっている。春から調子を上げてきた龍大女子バレーボール部の力を発揮してもらいたい。

 

 

〈宮井主将のコメント〉

「1,2セット目を落としてしまい苦しい状況だったが、3,4セット目が取れてフルセットまでもっていけたのは次の自信につながるし、1、2セット目の悪かったところが自分たちの課題。相手(京都橘大)は背も高くチームの雰囲気も良かったので、おされてしまったが、コート外のチームメイトの為にもみんなで頑張ろうと士気を高めた。自分たちのホーム戦が最後に待っているので優勝できるように頑張ります」

 

 

(龍魂編集室 記事 堅田彩香/写真 平松里彩)

龍魂編集室は現在新入部員募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ