女子バレーボール部

【女子バレーボール部】 西日本インカレ悲願の初優勝!!

6月29日から7月2日にかけて第42回西日本バレーボール大学女子選手権大会が府民共済SUPERアリーナにおいて行われた。龍大は西日本インカレでは5年連続準優勝とあと一歩が及ばず苦汁を舐めてきたが、今年は悲願の初優勝を果たし勝利の咆哮をあげた。

 

リーグ戦と違い、西日本インカレは大会3日目から1日2試合となり、選手達はハードなスケジュールをこなさなければならない。西日本の頂点を決める戦いとあり、序盤からデュースが繰り返される長丁場の試合が展開されるも龍大は最終日までコマを進める。準決勝の相手は中京大。ここまで3日間の疲れの色も見せずセットカウント3―0と快勝。そして決勝戦へ――

写真3 (1)

【写真 1年生ながらチームの勝利に貢献した島田】

 

決勝の相手は今季の春季九州リーグの優勝校鹿屋体大。九州と関西の頂点対決となる。1セット目、金本(経営4)のレフトスパイクや神田(国3)と木村(文3)の2枚ブロックで相手を圧倒し、流れをものにした龍大であったが、杉谷(経営4)が怪我で途中退場となる。なんとか1セット目を先取するも、2セット目は相手に取られ、セットカウント1―1で3セット目を迎える。堀込(国2)と兵頭(経営2)の2年生コンビの連携や福留(経済1)のスーパーレシーブで会場に歓声が響き、龍大の勢いが止まらない。26-24でセットをものにする。この流れのまま4セット目も制し優勝を決めたい龍大だが、相手も簡単には勝たせてくれない。22-25でセットを落としてしまう。最終セット。会場にも緊張感が走るが、執念の猛追で流れは龍大に。杉谷に代わり出場した島田(文1)の力のこもったレフトアタックで15点目が決まり、龍大が西日本の頂点に立った。

 

写真4 (1)

【写真 優勝、個人賞と栄冠を手にした龍大女子バレーボール部】

 

最優秀監督賞に江藤監督、最優秀選手賞に杉谷、セッター賞に堀込、リベロ賞に福留、スパイク賞に兵頭、猛打賞に金本、レシーブ賞に島田が選出され、個の強さも証明したが、「全員で最後まで気を抜かずやってきた」と影山主将(経営4)が語るように、チーム一丸となった結果がここに繋がったのだろう。西日本インカレ優勝という壁を超えた龍大バレーボール部の英姿にこれからも目が離せない。

 

 

〈影山主将のコメント〉

「2回戦は龍大らしいバレーができなかった。自分達で明日からしっかり修正していこうと反省して最後まで気持ちを切らずに2日間やってきた。西日本インカレはスタミナ切れが多くて、今までは決勝でまでいっても自分達の力を発揮できなかったけど、今回は今までの反省を生かして優勝できた。最後は気合と根性で勝ち抜いた。優勝できたが、課題はまだまだいっぱいあるので、結果に満足せず、目標は全日本インカレ優勝なので体力的にも技術的にもしっかり強化していきたい」

 

〈江藤監督のコメント〉

「今大会は出だしの試合はまり調子が良くなくて心配した。選手達が設定した目標にこれでいいのかという話をして厳しく言ったが、最終日は選手達自らがどれだけ頑張れるかが重要なので監督として言うことはなかった。他学連とやってみると自分達の足りない所や、他チームの良いところがたくさん見られる。今回の大会で足りないと思った課題をしっかりし、きちんと体力的な所を基礎から作り直し、秋季リーグまでチーム作りをしていきたい」

 

(龍魂編集室 記事/堅田彩香 写真/松本侑香)

 

龍魂編集室は現在新入部員募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【女子バレーボール部】春季リーグ最終戦を制し優勝!!

5月22日に府民共済SUPERアリーナにおいて関西大学バレーボール連盟春季リーグ最終戦が行われた。ここまで8勝1敗という戦績で最終戦を迎え、対する千里金蘭大も同じく8勝1敗。この試合に勝った方が春季リーグの優勝校となる。フルセットにまでもつれ込む大接戦の末、見事龍大が勝利し優勝旗を奪取した。

 

序盤から優勝校決定戦にふさわしく両チームとも一進一退の拮抗した試合を繰り広げたが、龍大の粘りが功を奏し順調に1、2セットを制する。続く3セット目。このまま龍大がストレート勝ちするかと思われたが、相手も同じだけ厳しい戦いを乗り越えてきた猛者。デュースにまで持ち込まれ、24―26でセットを落とす。

写真1 (2)

【写真 得点を決め喜ぶ選手達】

 

続く4セット目。長いラリーが続く場面では全身全霊でボールに喰らいつくも、相手の前セットの勢いを封じこめず23―25でセットを落とし最終セットへと持ち越される。お互いが1点を取れば1点を返すシーソーゲームで最後まで結果が分からない。しかし龍大の底力で均衡は崩れる。11点目から15点目まで連続得点を決め勝利する。

 

見事春季リーグ優勝を果たし、最優選手賞に杉谷(経営4)、ベストスコアラー賞に金本(経営4)が選出され歓喜に包まれた。しかしこの結果に満足せず選手達は先を見据えていた。6月に行われる西日本インカレに向け、走り出す龍大女子バレーボール部のこれからの活躍から目が離せない。

写真2 (1)

【写真 見事優勝を果たし笑顔を見せる選手達】

 

〈影山主将のコメント〉

「結果的優勝できたけど、今日も最初の1、2セットを取ってスキが出てしまい3、4セットを取られてしまった。5セット目勝ちきれたから良かったが、自分達の甘さが出てしまった。西日本インカレはここ3年連続準優勝で終わっているので、今年こそは優勝したい。リーグ中で出た課題をしっかり見つめなおし、全員で優勝できるように頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 堅田彩香)

 

龍魂編集室は現在新入部員募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【女子バレーボール部】 上位リーグ初戦、ホーム戦を2連勝で飾る!!

5月7日、8日に龍谷大学体育館で関西大学バレーボール連盟女子春季リーグ戦第6日目、第7日目が行われた。龍大は昨秋リーグの優勝校京都橘大をセットカウント3―1で下し、その勢いのまま帝塚山大にもストレートで勝利しホーム戦無敗神話を守りきった。

 

7日の相手は京都橘大。「ライバル校ということもあり出だしは躊躇してしまった」と影山主将(経営4)が語るように1セット目は20―25でセットを先取されてしまうも、2セット目では金本(経営4)の鋭いスパイクで龍大の先制点が決まり、そこからは長いラリーが続く場面でも龍大は落とさない。25―17で2セット目を勝ち取り、続く3セット目は25―10と10点以上の差を付ける。そして4セット目、杉谷(経営4)のラインギリギリを狙った絶妙なスパイクや、兵頭(経営2)の力強いスパイクで順調に得点を決め25―17で相手を圧倒。セットカウント3―1で勝利し、昨季リーグでの雪辱を果たす。

写真1 (1)

【写真 力強いスパイクを打ち込む兵頭】

 

続く8日は対帝塚山戦。前戦の対京都橘戦での反省を生かし1セット目の出だしから攻め込み25―20でセットを先取するが、「中盤以降中弛みしてしまい敵にあげなくてもいい点数をあげてしまった」と江藤監督が指摘するように、相手に追い付かれデュースに持ち込まれてしまう。26―24と苦戦しながらもセットを連取。3セット目では、流れを変えるかのような寺田(経営4)のサービスエースが決まり龍大も勢いづく。25―20でセットを取りストレートで勝利を決める。

 

写真2 (3)

【写真 喜び合う選手達】

 

ホーム戦とあり、たくさんの観客が応援に駆け付けた。一つひとつのプレーに観客も沸き、選手達のモチベーションも高まったことだろう。「ホーム戦は周りの応援のお陰でどれだけ調子が悪くても勝つ。ホーム戦では負けたことはない」と影山主将が語るように、ホーム戦での応援がどれだけ選手達の自信につながるかを目の当たりにした試合であった。春季リーグも残すところあと3試合。これから先は厳しい戦いが展開されることが予想されるが、ホーム戦で得た自信と力を最終戦で爆発させて欲しい。

 

写真3

【写真 ホーム戦とありたくさんの観客が応援に駆け付けた】

 

〈江藤監督のコメント〉

「ホームゲームは応援してもらえる人がいるという気持ちはかなり選手達の力になる。上位リーグの出だしをホームゲームにしたので、いい出だし、いい自信になり、勢いをつけてもらった。これからは1セット、1試合が大切なゲームになってくる。一つひとつ目の前の試合をコートにいる選手だけでなく、ベンチやいろいろな役割をしている人達全員で力を合わせて勝っていきたい。自分達のことをしっかり仕上げていきたい」

 

〈影山主将のコメント〉

「自分達のミスで相手に点数をあげてしまったところがあるので、声を掛け合い修正していきたい。人間関係がぎくしゃくするとコート内でも響いてしまうので、バレー以外のところでもコミュニケーションを取るよう意識している。次からは楽に勝てる試合はなくなってくる。ここからが厳しい戦い。目の前の一戦一戦を戦っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 堅田彩香)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【女子バレーボール部】春季リーグ開幕戦をストレート勝ち!

4月10日に近畿大学別館において関西大学バレーボール連盟女子春季リーグ第1日が行われた。開幕戦の相手は大国大。新体制となった龍大女子バレーボール部の底力を見せつけ、ストレート勝ちで幸先のいいスタートを切った。

 

今季から就任した江藤監督が「うまくいった」と語るように、順調な試合展開で25―20。第1セットを先取する。第2セットはデュースに持ち込まれ苦しい展開となるが、金本(経営4)や影山主将(経営4)らの4年生がスパイクを決め、26―24でセットを連取する。続く第3セット、ラリーが長く続く場面も見られ白熱した試合展開を繰り広げるも、「競ったときに巻き返す、自分たちのバレーができた」と影山主将が語るように、安定した力を見せつけ25―22でセットをものにする。セットカウント3―0で春リーグ開幕戦を勝利で飾った。

 

新体制となった龍大女子バレーボール部。新たなスタートを切った彼女達の活躍に期待したい。

 

写真1

【写真 サーブを打つ影山】

 

【江藤監督コメント】

「1セット目はうまくいったが、2セット目はちょっと苦しい場面もあった。あとから出た4回生がチームの力を全部持ってよく我慢して追い付いて勝つことができた。今日のゲームの勝因は2セット目のビハインドからの追い上げ。去年の秋リーグは準優勝という結果に終わってしまったから、優勝旗を取り戻したい。最終的な目標はリーグ優勝だけど、目の前の一つひとつをきっちり勝っていき、一戦一戦を誰が出ても龍大らしいバレーをチーム全員ができるようにしていくため、選手達と一緒に走っていきたい」

 

【影山主将コメント】

「開幕戦ということで、緊張感でふわふわしている部分もあったが自分達のバレーができた。下級生がコートに入っている人数が多いので、若い力が押し上げてくれている。競った場面で冬から積み重ねてきたことを出せるように2戦目からが勝負なので頑張っていきたい」

ページの先頭へ

ページの先頭へ