女子バレーボール部

【女子バレーボール部】全日本インカレ、ベスト8!

11月30日、大田区総合体育館において第65回秩父宮賜妃杯全日本女子バレーボール大学女子選手権大会ミキプルーンスーパーカレッジ2018が行われた。龍大はセットカウント3-1で敗れ、全日本インカレはベスト8で幕を閉じた。

 

●龍大1-3日体大◯

第1セット 27-25

第2セット 20-25

第3セット 9-25

第4セット 15-25

 

前日の東北福祉との戦いではフルセットの激戦を制した龍大。関東1部2位の日体大を相手に、準々決勝では秋リーグと同じスタメンで挑んだ。第1セット、先制点を挙げる龍大は関西チームを背負い、関東の強豪とシーソーゲームを展開する。龍大らしく、最も得意とする拾って繋げるバレーだ。黒川(営1)が連続で得点を獲得すると兵頭(営4)がサービスエースを決める。セット終盤、2点差でマッチポイントを迎えるも相手チームに巻き返されデュースに持ち込まれた。ここまで来てこのセットを落とすわけにはいかない。そんな気持ちが見えた気がした。黒川がレフトスパイクで華麗に決めると主将の兵頭は力を振り絞ったガッツポーズを見せ、第1セットを制した。

 

兵頭サーブ web

【写真1】 サーブを打つ兵頭

 

この流れのまま、続けて取りたい第2セット。同じ関西チームのライバル、京都橘も応援に加わり第2セットが始まった。先制点を許してしまうが、日体大の強烈なスパイに龍大は食らいついていく。しかし、なかなか点差は縮まらずこのセットを20-25で落としてしまう。

 

第3セット、序盤に安達(文4)のブロックポイントが決まり喜んだのも束の間、7連続失点により点差が大きく開いてしまう。拾って繋げることが相手サーブによって崩されていた。結果、このセットも落としてしまった。 後がなくなった龍大。

 

﨑、安達メインわーい web

【写真2】点が入り喜ぶ選手達

 

第4セットも序盤から点差を離されていく。しかし、龍大の点が入り始めると、志方(政2)のサービスエースが決まる。それでも関東の強豪には敵わず、ベスト8に終わった。 今年もベスト4を超えることが出来なかった。しかし、関東の強豪チームから1セットを奪うという大きな収穫があった。この大会で4年生は引退だが、来年こそはこの悔しさを胸に後輩たちがベスト4という目標を成し遂げるだろう。

 

 

<江藤監督のコメント>

「1セット目は龍大らしい『拾って繋ぐ』こと、自分達がやってきたこととやるべきことが出来ていたと思う。ただ、2セット目以降は強いチーム相手に自分たちの持ち味が出せなくなっていたので、ベスト4までいけない理由はそこにある。1セット取れたことは収穫なので、次セットとるためにどうするかまたが課題になってくる。毎年、思うが今年もそう思った。今年はスパイカーが少なかったから、兵頭にはすごい負担がかかったけど、堀込(国4)も﨑(文4)もみんなよく拾って、自分たちのメンバーでできる最大のバレーをする努力はしてくれたかなと思う。安達は2・3年生の時もケガで出られなかったのが、4年生でコートに立てるところまで頑張れたのが嬉しかった。一人もやめないで最後まで皆で頑張ってくれたのは嬉しいなと思う」

 

 

(龍魂編集室 記事/豊田美帆 写真/綾井唯)
龍魂編集室では現在新入部員募集中!!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ