女子バレーボール部

【女子バレーボール部】 春季リーグ2戦目、大院大に敗れる

4月14日、芦屋大学六麓荘キャンパスにて2018年度関西大学バレーボール連盟女子1部春季リーグ第2戦が行われた。対戦相手は大院大。

(結果)   龍大―大院大

第1セット   14ー25

第2セット   25ー15

第3セット   15ー25

第4セット   20ー25

セットカウント1-3

 

 

今季リーグから出場した選手の活躍が光った。開幕戦を勝利で飾り迎えた第2戦の相手は、昨年の春季リーグ王者を下した大院大。

第1セット、先制点は龍大が獲得するも、相手チームの連取により早くもリードを許してしまう。その後も巻き返すことが出来ず、1セット目を逃した。

追いつきたい第2セットだが序盤から調子が上がらない。流れを変えようと送り込まれたのは志方(政2)。この投入が功を奏す。志方のサーブで相手を崩し、兵頭(営4)、﨑(文4)の強烈なスパイクが連続得点を取るという、龍大が得意とする攻撃を魅せた。流れに乗った龍大は2セット目を取り返した。

 

志方さん19OK

【サーブで龍大の勢いをつけた志方】

 

第3セットは落としてしまい、後がない龍大。第4セットは相手チームの攻撃を受けながらも、宮川(政3)のスパイクが相手コートを貫く。終盤、懸命にボールを拾いに行くが繋ぐことが出来ず、大院大を相手に早くも一敗目を喫することとなった。

 

兵頭さん⑤OK

【今季リーグから主将になった兵頭】

今回から予選リーグ、上位リーグと分けることなく総当たり戦にルールが変更された。龍大は日を重ねるにつれ関西大学リーグ上位のチームと対戦する組み合わせだ。今試合の敗北は龍大にとってとても痛い。しかし、一方で「志方、宮川、上杉(国2)のサーブが良かった」と監督は新戦力への期待を覗かせた。

 

〈兵頭主将のコメント〉

「守備型のチームにこだわっていて、レシーブなどは相手に劣っているとは思わなかったが(龍大の)決定力があんまりだったり、みんな身構えてやってたところもある。自分たちが今まで積み重ねてきたものは無駄じゃなかったと思うし、他のチームに負けるのは嫌なので自分たちのやってきた事を信じて、焦っている部分もあるかど切り替えて明日の出だしから勢いつけてやっていきたいです」

 

〈江藤監督のコメント〉

「今日の試合は龍大チームのミス。相手チームは1戦目の京都橘に勝ち、勢いと攻撃力があるチーム。龍大はサーブで攻めて相手の攻撃力を止める作戦だった。結局、龍大は攻めることができず、準備不足と押された時に押し返す勢いが足りなかった。 そんな中で、志方、宮川、上杉のサーブが良かった。サーブが良いと連続得点を取れるのでそういう選手が増えるといい。これから強いチームにあたるのでサーブを改善しないと苦しい。選手が気持ちを切り替えてもらって、負けないように頑張ってほしい」

 

(龍魂編集室 記事 豊田美帆/写真 松本侑香)

龍魂編集室は現在新入部員を募集中! 興味がある方は

tokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ