女子バレーボール部

【女子バレーボール部】秋季リーグ優勝!

10月22日、近畿大学記念会館において2017年度関西大学バレーボール連盟女子秋季リーグ最終戦が行われた。相手は京都橘大。これまでの戦績は両者とも4勝1敗。セットカウント3‐1以上で勝てば優勝という状況の中、龍大はセットカウント3‐1で勝利を挙げ、春季リーグのリベンジを果たした。

 

序盤、兵頭(経営3)は角度のある鋭いスパイクで4連続得点。さらに、石盛(経営1)は相手の手前で落ちるサーブを決め、龍大に流れを引き寄せた。その結果、第1セットを25‐16、第2セットを25‐17と波に乗る。

石盛 サーブ

【写真1】サービスエースを決めた石盛

 

優勝をかけた第3セット。しかし、龍大は相手のペースに飲まれミスが続く。徐々に点差が開いていき、15‐25 で第3セットを落としてしまう。

 

気持ちを切り替え挑んだ第4セット。兵頭と木村(文4)を主にスパイクで相手を翻弄し、得点を重ねていく。しかし、1点取れば取り返されるシーソーゲームが続き、デュースにもつれ込む。次第に観客も応援に熱が入る。石盛のダイレクトスパイクと木村のレフトアタックが見事に決まり、30‐28でこのセットを制し、優勝を収めた。

優勝 瞬間

【写真2】優勝を果たし、学歌を歌う龍大女子バレー部

秋季リーグではサーブで攻めることを課題としていた龍大。今大会後半からサーブで相手を崩し、得点を重ねて行く形が優勝へ導いた。次の舞台は全日本インカレ。龍大女子バレーボール部の活躍から目が離せない。

 

 

〈江藤監督のコメント〉

「セットカウント3-1で勝たないといけない試合だったので、珍プレーもありながらも最後まで粘れたかなと思う。春季リーグのリベンジを果たせて良かった。攻めるサーブも後半から機能していたので練習の成果が出ていたのではないかと思う」

 

〈木村主将のコメント〉

「セットカウント3-1以上でないと優勝できない試合だったので、昨日と今日はしっかり気持ちを出して臨んだ。その結果が今回の優勝に繋がったのではないかと思う。予選リーグ前半では自分たちのバレーが出来ていた場面もあったが、7戦目で芦屋大に負けてしまった。しかし、そこでしっかり反省したからこそサーブで攻めることも再び意識することができた。先輩方が築いてきてくださったことをやった結果、そして4回生は勿論のこと、下級生も勝ちたいという気持ちを全面に押し出したバレーができたことが優勝の大きな要因。この優勝はチーム全員で勝ち取ったものだと思う」

 

 

(龍魂編集室   記事/豊田美帆   写真/松本侑香)

 

龍魂編集室は現在新入部員募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ