女子バレーボール部

【女子バレーボール部】西日本インカレ連覇ならず

6月29日から7月2日、広島県立総合体育館において2017年度第43回西日本バレーボール大学女子選手権大会が行われた。2連覇をかけて臨んだ戦いはベスト16に終わった。

龍大のバレーは福岡大に封じられた。試合前、「厳しい戦いになりそう」と監督はもらしていた。まるでこの結果を予期していたかのように。

立ち上がりから互いに譲らぬシーソーゲームが繰り広げられた。第1セット、相手の高さのあるブロックに苦しむ。セッターである石盛(経営1)を軸に逆転を狙うが、このセットを奪われてしまう。

龍大のポイントで始まった第2セット。神田(国4)が相手の喉元を直撃する強烈なスパイクを放つ。猪野(社4)や﨑(文3)もパワフルなスパイクで得点を挙げる。この流れを引き寄せたいところであったが、ネット際での攻防に競り負け相手にリーチをかけられる。

西カレ 石盛2

【写真1】チームの司令塔である石盛

運命の第3セット。序盤から暗雲立ち込める展開。プレーに力がこもる。「次!切り替えていこう」。木村(文4)は誰よりも大きな声を出してチームを鼓舞した。どんなボールにも食らいつく選手たちを観客は心強い声援で後押しする。敗北まであと1点と絶体絶命の状況から一挙3連続得点。王者の貫禄を見せつけた。19-25で落とすも観客からは惜しみない拍手が送られた。

西カレ 木村主将1

【写真2】強烈なスパイクを放つ木村

西日本インカレ連覇という夢は叶わなかったが、選手たちの諦めないプレーは見る者を感動に包んだ。春季リーグ、西日本インカレと悔しい結果に終わった龍大。この借りは必ず返さなければならない。秋季リーグではこの悔しさを糧に躍進してほしい。

〈江藤監督のコメント〉

「連覇がかかっていた大会だったが、拾って繋ぐ龍大らしいバレーが出来ていなかった。春季リーグ、西日本インカレと悔しい思いをしたからこの借りは返さないと勿体無い。秋季リーグに向けてもう一度チームを見直し応援されるようなチームになりたい。」

〈木村主将のコメント〉

「自分たちの力を出し切れずに負けてしまったので非常に悔しい。気持ちの面で押されていたり、ボールを繋ぐことが出来なかったから連覇を逃したのだと思う。自分たちが劣勢の試合展開だとサーブで攻めることが出来ていない。秋季リーグまでの期間、トレーニング以外でも自分を追い込んでいきたい。」

(龍魂編集室 記事 松本侑香/写真 堀内沙穂)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ