女子バレーボール部

龍大の力見せつけ圧勝!!!

10月4日、京都産業大学において関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦第7日対武庫川女子大が行われた。第1セットは25-17で先取したものの、続く第2セットでは25-21と相手に詰め寄られたが、第3セット目では25-5と力の差を見せつけ、セットカウント3-0のストレート勝利を掴み取った。

 

第1セット、宮井(政4)のレフトからのスパイクが決まり先制点を取った。そこからは1点取られるものの、5連続得点を決め12-4と8点差をつけた。そこでタイムが入り相手チームも調子を整えてきたのか相手チームの得点も決まりだす。しかしリーグ1位の実力を見せつけ最後は兵頭(営1)と杉谷(営3)のブロックで25点目を奪取。25-17でセットを先取した。

 

写真1

【写真】高いブロックで攻める兵頭選手

 

続く第2セットでは、序盤から相手に4点を取られ、ペースを乱された。シーソーゲームの試合展開が続くが、相手のミスで得点が入る場面が多くなり23-21の2点差で試合はもつれた。しかし、金本(営3)の豪快なスパイクで24点目を取ると流れがこちらに向いたのか相手ミスで25点目を掴み取り2セット目の接戦を制した。

 

第3セット、宮井のブロックから点数をつかみ取り4連続得点。そこから龍谷大学の圧巻の力を見せつける。兵頭と金本のブロックで相手をねじふせるなど固いブロックで相手から得点を奪い取り11-2の9点差まで序盤から点差を引き離す。宮井の強烈なレフトからのスパイクで17点目を取ると、そこから8連続得点で一気に25点を奪取し25-5の20点差で3セット目は圧勝に終わった。

 

 

写真2

【写真】強気のサーブに出る宮井選手

 

【宮井主将のコメント】

「2セット目は相手のリズムに自分たちもつられてしまいバタバタしてしまいましたが、3セット目は自分たちのバレーができ勝つことができました。2セット目と3セット目の間はいつも通りに、2セットを取ってもあと1セットがあるから気を抜かずリセットして全員でプレーしようと声をかけました。試合が進むにつれ、データも取られてだんだん強いチームと当たりますが、自分たちのバレーができたら勝てると思うので頑張ります。」

ページの先頭へ

ページの先頭へ