女子バレーボール部

バレーボール女子春季リーグ大会 神戸親和女子大学戦

5月10日大阪体育大学で関西大学連盟バレーボール女子春季リーグ大会が行われた。相手はBブロック2位の神戸親和女子大学。龍大は第1セットを落とすが、第2セット30点台に持ちこむ白熱した試合を見せこれを制す。しかし続く第3・4セット、神戸親和女子の勢いに押され今大会初の黒星をつける結果となった。

 

第1セット、序盤は堀崎(経3)のするどいスパイクや、神田(国2)のブロックなどで龍大がリード。この流れで試合を進めたい龍大。しかし6点差をつけたところで相手チームがタイムを取る。ここで試合の流れが切り変わり一気に4点詰めよられた。後半18-16でリード、このまま突き放したい龍大。ここでまたしても相手チームがタイムを取る。タイム後相手の強烈なサーブに上手くリズムが取れず、3連続得点され18-19で相手のリードを許してしまう。ここで龍大もタイムを取る、タイム後影山(経営3)がライトからセンターへの強烈なブロード攻撃。親和女子大を追いかけるが、あと一歩届かず、22―25で第1セット落とした。

 

第2セット、1セット取り返したい龍大。先制点を宮井(4政)がライトから軟打、続いて強打で2点連続得点。良い流れが出来るかと思いきや、またしても相手の強烈なサーブと粘り強いレシーブに4連続得点をされてしまう。途中金本に代わり入った木村(文2)がレフトから速攻を決めるなどするが、なかなか差は埋まらず中盤7―12。ここで前衛の堀崎、宮井、影山が龍大の流れを変える。堀崎はライトとセンターから強烈なスパイクを見せ、続いて宮井はレフトから鋭いコースに決める。最後は堀崎、影山のブロックで5連続得点。一気に相手に詰めよった。全方位から攻撃できる龍大の攻撃力を見せた。この流れで抜き去りたい龍大、後半長いシーソーゲームが続く。24―24、25―25、デゥースが続くなか、応援席の緊張感の高まりも最高潮だった。落とせば危機一髪、相手の強烈なスパイクを受け、エースにトスが上がる。30―28、長い試合を制したのはエース宮井の強烈なスパイクだった。

 

第3セット、先制点を決めるも、そこから相手の勢いのあるスパイクに6連続得点されてしまう。またしても序盤から追いかける形になった龍大。堀崎の3連続サービスエースなどで中盤にかけ、徐々に差を詰めていく。相手のマークが厳しく、きれいなブロックに苦戦するも神田のセンターからの速攻などが決まり2点差まで詰め寄る。後半、堀込(国1)のツーなど相手の隙をつく攻撃も決まるが、なかなか追いつくことができず、相手を先に20点台にのせてしまう。どうにか食い止めたいが、相手の勢いに19―25で敗れてしまった。

 

第4セット、このセットは落とせない龍大。序盤から兵頭(経営1)のブロックなど相手の攻撃を勢いづかせない攻めで3連続得点。龍大がリードする形で試合が進んでいく。しかし中盤に差し掛かるところで、相手に3連続得点を許してしまい1点差まで詰め寄られる。ここで踏ん張りたい龍大。シーソーゲームが続くかと思われたが、15―16でこのセットで初めて相手のリードを許してしまう。ここで龍大がタイムを取る。タイム後宮井がレフトから強烈なスパイク。相手が勢いづきそうな流れを食い止めた。しかし、一気に差を開くことができず、先に20点台に入ったのは相手チームだった。ここで再び龍大がタイムを取り、タイム後宮井のライトスパイク、相手ミスもあり20-20で追いつく。ここから攻めたい龍大。しかし相手のタイム直後の相手ブロックに苦戦し、結果20-25で敗れた。

 

今日の試合を振り返り次の試合にむけ練習する龍大バレー部は、また一歩進化した龍大バレー部となっているだろう。後2試合、どちらも強豪校だが白熱する試合を見せてくれる龍大バレーに期待したい。

ページの先頭へ

ページの先頭へ