女子バレーボール部

開幕戦白星スタート

4月12日、近畿大学記念会館において関西大学バレーボール連盟春季リーグ開幕戦が行われた。相手は1部12位の京都産業大学。龍大は宮井(政4)を筆頭に、新戦力の兵頭(経営1)、掘込(国1)らを投入した新メンバーで迎えた。結果3-1でストレート勝利し、開幕戦を白星で飾った。

第1セット、龍大は序盤から影山(経営3)がネット際の戦いを制し試合の流れを奪う。4連続得点、5連続得点とポイントを重ね、初戦で緊張があるかと思われたが好調な出だしを見せた。中盤から相手も調子が出てきて点差を縮められるものの、決してリードされることはなかった。最後は新メンバーの兵頭がライトから決め25-17で第一セットを奪った。

第2セット、龍大の攻撃の要である宮井・堀崎(経済3)が果敢に攻め、いきなり5-1と差をつける。金本(経営3)はレフトから相手ブロックのスキをつく強打で3連続得点。龍大の攻撃が緩むことはない。その後も堀崎と堀込のきれいなコンビネーションが決まるなど、龍大の流れで試合が進み、最後はエース宮井がライトから相手ブロックノータッチできっちり決め、王手をかけた。

第3セット、いきなり堀込のサービスエースが決まる。今回セッターとして抜擢された堀込は、高校時代インターハイ、国体など優勝経験しておりこれから注目したい選手だ。そこから、堀崎・金本が得点を重ね7連続得点。相手チームのタイムからシーソーゲームになるも、流れを完全に渡すことはない。終盤堀崎のブロードが決まり、さらに4連続得点。新入生安達(文1)の速攻も決まる。ここで初めて相手に連続得点を許すがタイムをとって切り替え、最後は宮井がレフトから2連続得点、25-19で開幕戦勝利を決めた。

春リーグは新入生を迎え、どの大学も新たなチームとなる。主将宮井は「新入生が入ってきて新鮮な雰囲気になりみんな頑張っている。」と答えてくれた。春リーグは今までと違った龍大バレー部の一面が見られるのではないだろうか、これからの龍大の試合に注目だ。

s_写真1

<宮井主将コメント>
「今日の試合は、初戦で新入生も多く入ってきて少し不安がありました。でも、自分たちのバレーができるように思い切ってプレーしようと話していたことが試合でできてよかったです。新入生はこれから授業も始まって生活リズムをとるのが難しくなってくると思うので、頑張ってもらいたいです。次の試合はしっかり相手の対策をして勝ちに行きたいと思います。」

<川島監督コメント>
「今日の試合は、決して弱くない相手ですが、相手の力を出させる前に抑えられていたと思います。みんなポジションなどが変わって正直ぶっつけ本番みたいなものでした。1回生を全員出せたことと、サーブで点が取れたのがよかったです。次の試合にむけて、レシーブやブロックを強化して頑張りたいと思います。」

(龍魂編集室 記事/ 林 絵理加 写真/ 南 美鈴)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ