女子バレーボール部

全勝キープで優勝に前進!

10月5日、千里金蘭大学において関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦第8日対大体大が行われた。第1セットを25―13の大差で先取したものの、続く第2セットを落としてしまう。しかしその後の第3、第4セットは連取しセットカウント3―1で勝利。全勝をキープした。

序盤に赤星(営4)の1枚ブロックで敵の攻撃を防ぐと、金本(営2)のスパイクで得点するなど6連続得点。中盤には赤星の2連続サービスエースも決まり25―13と12点差をつけ第1セットを奪取。しかし、続く第2セットを終盤の度重なるミスもあり23―25で落とす。セットカウント1―1で迎える第3セットは中盤に4連続得点を挙げ突き放し25―18で物にする。このセット取れば勝利が決まる第4セット。序盤、大体大にリードを許すが、堀崎(済2)や市川(国4)の得点や相手のミスで中盤に逆転。その後、赤星の速攻などで6連続得点を奪うなどリードを広げ25―19で3セット目を奪い勝利を収めた。

<笹山主将コメント>
「セットを落とす時は自分たちが焦って、自分たちのミスからというパターンが決まってきているのでそこを修正していかないといけない。(残りの2戦は上位チームと当るが)相手というより全日本インカレにむけても自分たちの内容をよくするということが大事。でもしっかり2つ勝って優勝したい」

(記事 龍魂編集室 日高 朱花/写真 林 絵理加)

ブロックする赤星

ブロックする赤星

スパイクを放つ市川

スパイクを放つ市川

ページの先頭へ

ページの先頭へ