女子バレーボール部

関西大学バレーボール連盟春季リーグ 5月3日

5月3日に龍谷大学体育館において関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦第6日が行われた。4月27日に行われた京都橘との試合では悔しくも今季初の黒星を喫した。リーグ戦で久しく黒星、切り替えていきたい龍大。相手は大阪国際大学。結果は3-0とストレートで勝利を掴んだ。

第1セット、序盤から相手に連続得点を奪われ、流れは大阪国際大にあった。しかし、龍大も簡単に点を取らせない。レシーブで粘りを見せ、徐々にシーソーゲームに持っていく。ここで宮井(政3)がレフトから強烈なスパイク。龍大の反撃が始まる。相手のミスも出て9-8で逆転。流れは龍大に回ってきた。しかしタイムから相手は崩れかけたペースを戻し、再びシーソーゲームが続く。ファインプレーを見せられ、こちらのお見合いというミス。またしても連続得点を許してしまう。終盤は相手のサーブミスが多くなり、有利な展開になった。強烈なスパイクの打ち合い、ラリーが続く中龍大にチャンスボールが回ってきた。速い攻撃で攻める姿勢を見せたが、コンビミスで惜しくもポイントを奪われる。しかし、相手に流れは渡さない龍大。最後は堀崎(済2)がライトからど真ん中へ豪快なスパイク。第1セットは25-22で龍大が先取した。

スパイク決まり喜ぶ選手達

スパイク決まり喜ぶ選手達

続く第2セット。またしても序盤は相手ペース。しかし相手のサーブミスから連続得点、同点に追いつく。中盤は堀崎、市川(国4)の相手が触れないような強烈なスパイクが出る。相手のミスで連続得点を得る。終盤、宮井、猪野(社1)の綺麗なブロックも決まり、徐々に点差をつけていく。最後は宮井の強烈なジャンプサーブで相手を崩し、市川が相手ブロックをはじきとばして25-17で勝利した。

第3セット、市川が波に乗る。レフトからコースを打ち分け、軟打も交ぜ、相手のすきをついていく。サーブでも攻めて、サービスエースを決める。しかし龍大のミスも出て、なかなか点差は埋まらないでいた。中盤赤星(営4)がライトから綺麗なブロード攻撃。セッターとのコンビがあってくる。15-18龍大が攻めあぐねている場面、タイム直後に宮井がレフトから強烈なスパイク。これを機に龍大が攻める。笹山(営4)からライトに綺麗な二段トス、これを堀崎ライトから強打。宮井と堀崎前衛2枚が一気に相手との差を埋めていく。4連続得点21-20で逆転。この流れのまま一気にたたみかけるかと思えたが、相手も粘りを見せる。23-24で先にマッチポイントを取られてしまう。しかしここで赤星がセンターからライトへのブロード、セッターと息がぴったり合った綺麗なコンビが流れを龍大に引き寄せる。デュースという状況で、市川は勝負に出たような強いサーブ、奥のきわどいコースに落ち、相手はこれを見逃す。判定はイン、追い詰めた。最後は宮井がレフトから強打26-24で勝負を決めた。

流れを引き寄せる赤星選手

流れを引き寄せる赤星選手

(記事 龍魂編集室 林絵理加/写真 日高朱花)

ページの先頭へ

ページの先頭へ