女子バレーボール部

全国の舞台で悔しい敗戦

12月4日、大阪市中央体育館において第60回秩父宮妃賜杯が行われた。2回戦は京都橘大学を3―0で破った。続く3回戦は東海6連覇の実力校中京大と対戦し、デュースに持ち込むなど奮闘したが0―3で敗れた。

1回戦で仙台大をストレートで破り勝ち上がった。続く2回戦の相手京都橘大はリーグで何度も対戦経験があり、互いに手の内を知っている。ある意味戦いづらい相手と言えるが、龍大は物ともしなかった。

堀崎(済1)が2連続でサービスを決めると宮井(政2)や赤星(営3)がアタックで得点を決め、25―22で第1セットを奪取。その勢いにのり第2セットを25―23、第3セットを25―16で連取しセットカウント3―0のストレート勝ち。全国の舞台でも変わらぬ試合運びを見せた。

3回戦、対戦校は東海の強豪中京大。

第1セット。金本(営1)や杉谷(営1)の1年生たちが奮闘するが、中盤から終盤へと試合が展開していく中でサーブミスが目立つ場面もあり21―25で先手を取られてしまった。

奪い返したい第2セットは2回戦を思わせる堀崎の2連続サービスなどで流れを掴み、16―8のダブルスコアで優勢に立った。龍大ペースで後半も展開されていくと思われたが、ラインの目測のミスやなどもあり5連続失点。じりじりと中京大が差を詰める。どうにか、相手の勢いを止めたい龍大は堀崎がアタックで得点し、応戦する。しかし、そこから再び8連続失点。18―21と終盤に入ったところで逆転を許してしまった。だが、ここから相手のミスを誘うなどデュースに持ち込んだ。しかし、最後は素早いブロックに阻まれるなど25―27で立て続けにセットを奪われてしまった。

もう後がない、第3セット。金本がブロックの合間をぬうスパイクを放つなど上手さを見せるが、中京大のブロックが徐々に龍大を苦しめていく。リベロの馬場(営4)を中心に相手の攻撃を粘り強く防ぐことに努めるがツーアタックなど、裏をかいた攻撃で得点を重ねられていく。得点源の堀崎がセット終盤に入ってもスパイクを決めるなど、最後まで諦めることなく戦ったが18―25でこのセットも落とし、セットカウント0―3で敗れ全国での戦いを終えた。

試合後、目を潤ませる選手もいた。来季こそこの悔しさを全国の舞台でぶつけ、躍進への糧にしてほしい。

 

主将としてチームをけん引した馬場

サーブを放つ宮井

(記事・写真 龍魂編集室 日高 朱花)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

ページの先頭へ

ページの先頭へ