女子バレーボール部

今年も白星発進!!!

4月14日大阪体育大学体育館に於いて2013年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦が行われた。7連覇を目指す龍大は天理大学と対戦した。

新生・女子バレーボール部は、真っ赤なユニホームを身にまといコートに現れた。スタメンが発表されたコート上には1年生の姿が。早く試合の雰囲気に慣れさせ、1年生の緊張をほぐすための川島監督の「計画」だった。

第1セット。序盤はやはり硬さもあったが、中盤でリードを広げるとそのまま逃げ切り先取。続く第2セット。粘りをみせる天理大になかなか点差を広げることが出来ない。途中で宮井(政2)や駒井(文4)ら上級生が入り、苦戦しながらも25―20で連取。取れば勝利が決まる第3セット。序盤は僅差だったものの堀崎(済1)、杉谷(営1)、金本(営1)など1年生の得点などでリズムに乗ると一気に中盤で天理大を突き放した。25―13と強さを見せつけ、見事開幕戦を白星で飾った。

新キャプテンに座った馬場(営4)は「初戦だったので硬さもあったが緊張感がある中では楽しくやれました」と開幕戦を振り返り「誰が出ても助け合ってそれぞれの仕事を果たせれば」と今後のチームづくりについて語った。

新しいユニホームで開幕戦に臨んだ女子バレーボール部

得点し、喜ぶ新キャプテンの馬場(中央)と女子バレーボール部のメンバーたち

(記事・写真/龍魂編集室  日高朱花)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ


 

ページの先頭へ

ページの先頭へ