女子バレーボール部

【女子バレーボール部】最終戦、 京都橘に敗れリーグ3位

5月20日、近畿大学記念会館に於いて、2018年度関西大学バレーボール連盟女子1部春季リーグ戦第11日目が行われた。

 

●龍大1-3京都橘

○ 第1セット 22-25

第2セット 19-25

第3セット 35-33

第4セット 20-25

 

「もう後がない場面でやっとみんなの気持ちが1つになれた」。龍大は第1・2セットを落とし、窮地に立たされた第3セットでようやく力を発揮した。しかし京都橘に敗れ、通算7勝4敗、リーグ3位という悔いが残る結果に終わった。

 

第1セット、龍大はいきなり4連続失点となった。「上回生が出来ないのであれば下回生と思って託した」(監督)。中盤、選手交代で入った藤原(社1)の活躍が光った。 藤原は176㎝の長身とサウスポーを生かし、ライトスパイクを次々と決めた。その後も選手交代を繰り返したが、龍大は第2セットも落としてしまった。

 
藤原さんaa

【写真  1回生で活躍した藤原】

 

緊張感が張り詰める第3セットでは、兵頭(営4)の速攻を中心に得点を重ねていく龍大。しかし、終盤では1点を取れば取り返されてしまうシーソーゲームに。島田(文3)の力強いレフトスパイクが決まれば選手たちが笑顔になり、応援も熱くなっていった。あと2点ー。選手たちの強い思いが1つになり、自然と兵頭のもとにボールが上がった。第3セット最後のボールを兵頭が決めると、35-33と驚異の得点に。龍大は持ち前の粘りで次のセットに繋げた。巻き返しを図る第4セット。序盤はリードしていたものの、点差は徐々に縮まりあっという間に越されてしまった。20-25で京都橘に負けを喫した。

 

 

今季リーグは3位という結果に終わったが、個人賞のベストリベロ賞で福留(済3)が選ばれた。しかし、多くの課題が残っている。監督は「実力、精神力、チーム力全てで足りない」と語った。6月末に行われる西日本インカレでは昨年悔しい結果に終わっている。今期リーグで噛み締めた悔しさと共に躍進する龍大バレーボールの力を次の舞台で発揮してほしい。

 

福留さんee

【写真  ベストリベロ賞を受賞した福留】

 

表彰式bb

 

【写真 表彰状を受け取る兵頭】

 

〈兵頭主将のコメント〉

「改めて勝つことの難しさを実感したリーグだったと思う。他のチームに負けるということはまだまだ自分たちのチーム力が足りないということだと思うので次に活かすために、この負けをしっかり振り返って行動に移していかなければいけないし、甘えずに前向きに行動していかなければならない。やっぱりファーストプレイがなっていなかった。サーブでも攻め切れなかったし、サーブカットも中心選手ばかりに任せてしまい潰れてしまった部分が多くあった。第3セットでの粘り勝ちは、二枚替え(二人一度に替える大掛かりな交替方法)で出てきた2回生の力も大きかったし、2セット落としてもう後がない場面でやっとみんなの気持ちが1つになれた。しかし窮地に追い込まれなくてもその気持ちが出せるようにならないといけない。1回生だからこその元気、まだ分析されていない新しい攻撃はとても力になった。自分が1回生のときも1回生ならではの元気の良さで起用されて、のびのびと自由にやらせてもらえたので自分たちも1回生が自由にプレー出来るように柱となれれば良いなと思う。西日本インカレは昨年悔しい結果に終わった。関西とは違うチームが沢山いる中で、この春季でも課題だと感じたサーブが対抗していくために必要だと思う。サーブの強化、龍大の強みであるレシーブを活かせるようなブロックを磨いていきたい」

 

〈江藤監督のコメント〉

「昨日勝てば優勝の可能性はあったし、今日も勝てたら2位だった。うちのチームが力を出せなさ過ぎたリーグだった。相手がどうのではなく、自分たちの力が足りてなかった。第3セットの粘りが第1セットから出てれば結果は変わってきていたと思う。もう後がない状態でようやくあの粘り。あそこまで頑張れるのであれば、最初から出せたはず。そこが自分たちの弱さ。1回生を多く起用したのは元気の良さで雰囲気を上げてくれるから。上回生が出来ないのであれば下回生と思って託した。この日調子が悪い人がいれば調子が良い人が頑張れば良いし、誰が出てもみんなで力を合わせて勝てば良い。今日、代わりに出た1回生はよく頑張ってくれた。特にサウスポーの藤原。それはこのリーグで良かったこと。この春季リーグで実力、精神力、チーム力全てで足りないところばかりなのが分かった。西日本インカレまでに立て直しを図っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事・写真/豊田美帆 松本侑香)

 

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

 

【女子バレーボール部】ホーム戦でリーグ6勝目/春季リーグ第8日目

5月12日、龍谷大学深草キャンパスにおいて2018年度関西大学バレーボール連盟女子1部春季リーグ戦第8日目が行われた。

 

○龍大3-1金蘭大●

第1セット 16-25

第2セット 25-19

第3セット 25-14

第4セット 25-20

 

ガラリと変えたフォーメーションが功を奏した。ここまで2敗を喫し3位と、崖っぷちの龍大。8戦目の相手はアタック決定率、ブロック決定本数(セット)ともに1部1位の金蘭大。怪我によりセンターの選手を欠いた龍大は公式戦では初となる、フォーメーションを繰り出した。しかしうまく機能せず、強力な金蘭大攻撃陣の前に立ち上がりから4連続失点。金蘭大優勢のまま試合は進み、あっさりと第1セットを落とした。「第1セットは『あぁー』くらいな感じ」。監督は何も動じなかった。

迎えた第2セット。「第2セットからも少しいじって『あなたは打つメイン、あなたは拾うメイン』という風に役割をしっかり決めた」(監督)。展開はフォーメーション同様、ガラリと変わった。序盤こそ相手を追いかける形となったが、兵頭(営4)の相手選手直撃のアタック、島田(文3)のブロックポイントなどでじりじりと追い詰めた。気づけば25-19でこのセットを勝ち取った。第3セットは第2セット以上の25-14という大差で奪い、第4セットは兵頭劇場だった。多彩なアタックで魅せたかと思えば、サービスエースで3点を獲得。チームに勢いをつけた。最後は島田がレフトアタックでこの試合をきっちり締めた。

主将 サーブ

【写真】この日、チームで1番の得点を獲得した兵頭

前半こそ雲行きは怪しかったものの、監督の采配がピタリとはまった試合であった。課題として挙げているサーブも機能し、自分たちのリズムを最後まで崩すことはなかった。既にリーグ2敗している龍大は何も気負いすることはない。ピンチこそチャンスだ。目の前の1勝にこだわっていきたい。

サーブ決めた後

【写真】アタックが決まり喜び合う選手達

〈兵頭主将のコメント〉

「ホーム戦は沢山の方が応援に来てくださって心強い反面、負けられないという緊張感が混じっている。もう2敗してしまっている以上、ここで気負っても何も良いプレーはできないし、崖っぷちだからこそ振り切って切り替えてやろうとメンバー間で言っている。今日から、公式戦では初めてフォーメーションを変えた。そのせいか、1人1人が自分の仕事をしたり、他の人のために動いたりと自分たちが目指すバレーボールができたのではないかと思う。第1セットはこのフォーメーションに慣れていないし、メンバーの変更もあって上手く機能しなかったが、第2セット以降は相手に対応できたのでそれが良かったかなと思う。その日によって人それぞれ調子は違う。調子が良くても悪くても自分のできることをするまで。これからも人のことを思いやってプレーしていきたい」

 

〈江藤監督のコメント〉

「今日はホーム戦ということで沢山の力を借りた。声援であったり、自分たちがやり慣れているコートであったり。選手に怪我人が出てセンターの選手が少なくなってしまったのでフォーメーションを変えたので第1セットは『あぁー』くらいな感じ。第2セットからも少しいじって『あなたは打つメイン、あなたは拾うメイン』という風に役割をしっかり決めたので第2セット以降機能したのではないかと思う。まだ相手のデータにもないからね。この先は分からないけど(笑)サーブが攻めていけると自分たちのリズムが取りやすくなるので今日くらい自信持って打てると良いなと思う。このタイミングのホーム戦で良かった。せっかく今日勝てたのに、明日コケてしまうのは勿体ないのできちんと勝って、自分たちがやるだけやって良い試合をしようと思う」

 

(龍魂編集室 記事/松本侑香 写真/豊田美帆)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【女子バレーボール部】 春季リーグ2戦目、大院大に敗れる

4月14日、芦屋大学六麓荘キャンパスにて2018年度関西大学バレーボール連盟女子1部春季リーグ第2戦が行われた。対戦相手は大院大。

(結果)   龍大―大院大

第1セット   14ー25

第2セット   25ー15

第3セット   15ー25

第4セット   20ー25

セットカウント1-3

 

 

今季リーグから出場した選手の活躍が光った。開幕戦を勝利で飾り迎えた第2戦の相手は、昨年の春季リーグ王者を下した大院大。

第1セット、先制点は龍大が獲得するも、相手チームの連取により早くもリードを許してしまう。その後も巻き返すことが出来ず、1セット目を逃した。

追いつきたい第2セットだが序盤から調子が上がらない。流れを変えようと送り込まれたのは志方(政2)。この投入が功を奏す。志方のサーブで相手を崩し、兵頭(営4)、﨑(文4)の強烈なスパイクが連続得点を取るという、龍大が得意とする攻撃を魅せた。流れに乗った龍大は2セット目を取り返した。

 

志方さん19OK

【サーブで龍大の勢いをつけた志方】

 

第3セットは落としてしまい、後がない龍大。第4セットは相手チームの攻撃を受けながらも、宮川(政3)のスパイクが相手コートを貫く。終盤、懸命にボールを拾いに行くが繋ぐことが出来ず、大院大を相手に早くも一敗目を喫することとなった。

 

兵頭さん⑤OK

【今季リーグから主将になった兵頭】

今回から予選リーグ、上位リーグと分けることなく総当たり戦にルールが変更された。龍大は日を重ねるにつれ関西大学リーグ上位のチームと対戦する組み合わせだ。今試合の敗北は龍大にとってとても痛い。しかし、一方で「志方、宮川、上杉(国2)のサーブが良かった」と監督は新戦力への期待を覗かせた。

 

〈兵頭主将のコメント〉

「守備型のチームにこだわっていて、レシーブなどは相手に劣っているとは思わなかったが(龍大の)決定力があんまりだったり、みんな身構えてやってたところもある。自分たちが今まで積み重ねてきたものは無駄じゃなかったと思うし、他のチームに負けるのは嫌なので自分たちのやってきた事を信じて、焦っている部分もあるかど切り替えて明日の出だしから勢いつけてやっていきたいです」

 

〈江藤監督のコメント〉

「今日の試合は龍大チームのミス。相手チームは1戦目の京都橘に勝ち、勢いと攻撃力があるチーム。龍大はサーブで攻めて相手の攻撃力を止める作戦だった。結局、龍大は攻めることができず、準備不足と押された時に押し返す勢いが足りなかった。 そんな中で、志方、宮川、上杉のサーブが良かった。サーブが良いと連続得点を取れるのでそういう選手が増えるといい。これから強いチームにあたるのでサーブを改善しないと苦しい。選手が気持ちを切り替えてもらって、負けないように頑張ってほしい」

 

(龍魂編集室 記事 豊田美帆/写真 松本侑香)

龍魂編集室は現在新入部員を募集中! 興味がある方は

tokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

 

 

【女子バレーボール部】全日本インカレ、ベスト16に

11月30日、大田区総合体育館において第64回秩父宮妃賜杯全日本バレーボール大学女子選手権大会ミキプルーンスーパーカレッジ2017が行われた。セットカウント2-3で龍大は敗北を喫し、結果はベスト16。全日本インカレの舞台は幕を閉じた。

 

1回戦敗退という可能性もあった今大会。しかし、その逆風を跳ね除け順調に3回戦まで勝ち進んだ。

 

ベスト8進出をかけた中京大との3回戦。

序盤から龍大がゲームメイク。サーブで攻めてワンタッチを取り、ラリーを繋ぐ。拾って繋ぐ粘り強さが存分に発揮され、第1セットを25-15、第2セットを25-21で奪取。

王手をかけた第3セット。先程の勢いとは打って変わり、終始相手にリードを許す展開となった。「フォローを忘れたり、スパイクを真っ直ぐに打ってブロックされた」(監督)部分など、自分たちが優勢となると油断をしてしまう、という龍大の課題が顕著に表れた。終盤、相手に2連続得点を決められ、23-25でこのセットを落とした。

【写真】スパイクを決める木村木村 スパイク

意地を見せたい第4セットは連続得点の嵐となった。序盤こそ相手を追いかける形となったが兵頭(営3)の速攻で逆転に成功。さらにサーブから相手のワンタッチを取り、ラリーに持ち込んだボールを島田(文2)が決め、追加点。サーブから攻撃のリズムを作る理想の形を見せた。その後も木村(文4)のダイレクトスパイクなどで得点を挙げるも、最後は相手に3連続得点を許し23-25で敗北。

迎えた運命の最終セット。流れは完全に中京大だった。龍大は防戦に転じ12-15でこのセットを奪われ、ベスト16で4回生は最後の大会を終えた。

 

目標であるベスト4の壁を越えることはできなかった。しかし、「1回戦敗退の可能性もあった中で、3回戦まで進出できたことは4回生の力なので良いものを残してくれた」(監督)。新体制となる来年、後輩たちは4回生の思いを胸にさらなる発展を遂げるだろう。龍大バレー部の活躍から目が離せない。

 

〈主将のコメント〉

「(敗退するかもと言われていた)初戦を勝利しなければ先に進めなかった中で、(サーブで攻めてワンタッチを取って、拾って繋ぐという)自分たちの良さが出て3回戦まで進めたことは良かった。この3回戦の第1、2セットも自分たちの良さが出ていたのでいけると思ったが、相手も強かった。色んな思いはあるが、やり切ったかなと思う。第3セットの23、24点目の時に4回生の意地として自分が決めていればという悔しい気持ちはある。コートに4回生は2人しか立ててないが、下級生も4回生のために頑張ってくれた。本当に下級生には感謝している。また、自分が1年間主将を務めることができたのも同期のおかげなので同期にも感謝している。最後はチームひとりひとりに新体制のことや今までの感謝、後輩には目標であるベスト4の壁を越えてほしいという気持ちを託した」

 

〈監督のコメント〉

「第1、2セットは今年の龍大らしい良い試合展開だった。しかし第3セット、自分たちのミスで相手にチャンスを与えてしまった。全日本インカレの3回戦まで来ると相手も強いからリーグ戦のように反撃することはできなかった。今年の課題としていたところと良かったところが両方出た試合になった。

関西のチームのように拾って繋ぐバレーではなく、中京大は(初戦の相手である)順天堂大と同様に、スパイクで決めてくるチーム。だからサーブで攻めて、ワンタッチを貰って、ラリーを繋いで上手さで点数を取る作戦だった。第1、2セットはその作戦が上手くいったから油断をしてしまい、第3セット以降は相手にスパイクを打ちこまれる展開になってしまった。第3セットがこの試合のキーとなったと思う。相手のスパイクを拾って繋いでいこうと言っていたが、フォローを忘れてしまったり、スパイクも上や横ではなく、真っ直ぐに打って相手にブロックされたり、スパイク面でも工夫があれば良かったと思う。しかし、1回戦敗退の可能性もあった中で、3回戦まで進出できたことは4回生の力なので良いものを残してくれたと思っている」

 

(龍魂編集室 記事/松本侑香 写真/上村倫太郎、長谷川奏珠)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ