トレーニング室

競技スポーツとストレングス&コンディショニング

瀬田トレーニング室ストレングス&コンディショニングコーチの菊地です。

新年度となり、新入生は新たなステージでの勉学やその他の活動に、様々な期待を膨らませていることと思われます。また体育会のサークルの中には、すでに新入生が合流し活動を開始している部もあるでしょう。

スポーツ種目や年齢、競技レベルなどで違いはありますが、スポーツ競技の技術、戦術を含めた総合的なトレーニングプランの中に、何らかの形でウエイトトレーニングなど体力の向上を目的とした、いわゆる「ストレングス&コンディショニング」のプログラムを組み込むことは、私が高校〜大学で競技を行っていた時代(約30年前)に比べれば、内容や程度の差こそはあれ、かなり一般的になってきました。

ここで改めて、なぜ競技スポーツに「ストレングス&コンディショニング」を取り入れるのか、を考えてみたいと思います。

  • ストレングス&コンディショニングの定義

「ストレングス(Strength)とは、筋力、パワー、筋持久力のみならずスピード、バランス、コーディネーション等の筋機能が関わるすべての体力要素に不可欠な能力です。単に力発揮の大きさを表すだけでなく、状況に応じて適切に筋活動をコントロールするための「神経-筋系全体の能力」と定義されます。コンディショニング(Conditioning)とは、スポーツパフォーマンスを最大限に高めるために、筋力やパワーを向上させつつ、柔軟性、全身持久力など競技パフォーマンスに関連するすべての要素をトレーニングし、身体的な準備を整えることです。また、一般の人々にとっては、快適な日常生活を送るために、筋力や柔軟性、全身持久力をはじめとする種々の体力要素を総合的に調整することです」(特定非営利活動法人NSCAジャパンのウェブサイトhttp://www.nsca-japan.or.jp/11_quali/sandc.htmlから引用)。

  • 競技スポーツのストレングス&コンディショニングとは?

まず、当たり前のこととして、そのスポーツ自体の練習をしなければ、そのスポーツの個人やチームのパフォーマンスを高めることは不可能です。そのスポーツ自体の戦術や技術の練習をどれだけ効果的に、十分に行っていくか、が最も重要なのはいうまでもありません。

一方、競技スポーツも身体活動の一つであり、多くの場合、日常にはないレベルの非常に激しい活動が含まれています。そのため、まずはその活動に耐えうるだけの十分な体力が備わっていることが、ケガをせずスポーツに参加するためには必要であるといえます。もちろん、その競技スポーツ自体を継続して行っているだけでも、試合や練習で行う活動レベルや内容に応じて、身体はそれに適応してくるでしょう。すなわち(選手がもともともっている体力レベルに依存しますが)スポーツの練習だけでも、あるレベルまでは体力が向上してくることが考えられます。しかし、スポーツの練習は(種目によって様々なエクササイズがあると思われますが)多くの場合、競技技術や戦術を向上させることを目的としており、ある単一の基礎的な体力を「最大限に」効果的に高めることを目的としたものでは無いはずです。

基礎的な体力として柔軟性や、筋力、スピード、パワー、持久力をあげることができますが、それぞれをより短期間で最大限に向上させるためには、目的とする体力要素に絞った、そしてその能力を安全に最大限まで発揮でき、発揮した能力のレベルを数値で把握できるエクササイズでトレーニングする方が効果的です。それを考えると、そのエクササイズは必ずしも競技活動や技術に類似したものにはならないことが理解していただけると思います。そこで、それらの体力要素を限られた期間により効果的に高めるために、スポーツの技術練習とは別に、選手の状態および目的に応じてそれらのエクササイズを計画的にプログラムし実施していく活動が「ストレングス&コンディショニング」です。

(適切な例ではないかも知れませんが)料理をスポーツパフォーマンスだと仮定すると、手元にある食材(穀物や野菜など)を使って、料理をできるだけ美味しく作り上げようすることがスポーツの技術練習であり、できるだけ良い食材を作ろうとするのがストレングス&コンディショニング…といったところでしょうか。良い食材を適切に使えば、料理をより美味しく仕上げることができます。食材(自分の身体)をよりレベルの高いものに変えていくためには、スポーツの技術練習が有効な体力向上の手段とはならないとすれば、選手の年齢や状態に応じた計画的なストレングス&コンディショニングを継続して実施していくことは必須のものであるといえます。

  • 「今」何を行うべきなのか?を考えること

しかし、競技スポーツにおいては、主要な試合までの期間や、大学生であれば4年間(競技できる期間は3年と少し)という期間の中で競技の練習を行う時間を最優先に確保しなければならないことを考慮すると、トレーニングできる回数(期間)というものはかなり限定されます。さらに1回のトレーニングセッションの時間も、一般的には1~2時間程度と限られています。したがってプログラムの中に、必要なすべての体力の要素や動作の要素についてのエクササイズを盛り込むことは不可能です。そのため何を優先して実施していくべきなのかを考えなければなりません。

まずはシーズンの最終的な目標を設定し、それに向けて中・長期的なトレーニング計画を立てる必要があります。計画の方法としては、筋肥大や筋持久力の向上させる時期、筋力を向上させる時期、さらにパワーやスピードを向上させる時期、という具合に、時期により系統的にトレーニング内容を発展させ、最終的に目的とする体力要素を最大限に高めていこうとするピリオダイゼーション(Periodization: 期分け)と呼ばれるやり方が効果的であるとされています。

また、スポーツパフォーマンスには数多くの要因が影響してくるために、選手個々にパフォーマンス向上のアプローチは異なってきます。私たちトレーニングセンターのスタッフは、トレーニングを行なっている選手達を日々観察し、効果を評価し、そして選手達と話し合いながら、「傷害予防とパフォーマンス向上」のための、より安全かつ効果的なサポートを追求しています。

学生トレーナー講習会

学生トレーナー講習会のお知らせ

瀬田での講習(座学)

2017年2月4日(土)の10時より瀬田トレーニング室において本年度第一回目のトレーナー講習会を開催しました。今回はその瀬田での講習会の様子と今後予定している第二、第三回の学生トレーナー講習会(講習会の内容はいずれも同じです)のご案内です。

この講習会では課外活動中に発生する怪我にスムーズに対応する為にどのような事前準備が必要なのか、また怪我が発生した時の基礎的な応急処置を学ぶことが出来ます。今後の課外活動などに活かせる情報、技術を実技も交えながら身につける事を目的としています。

2016年度 学生対象トレーナー講習会

アイシングの実習中

アイシングの実習中

日時:2016年2月18日(土) 講習A:10時~ 講習B:11時10分~12時10分
2016年2月25日(土) 講習A:10時~ 講習B:11時10分~12時10分

開催場所:深草体育館 第9トレーニング室

講習内容:講習A:怪我がおきる前の準備と起きてからの対応について
講習B:足関節のテーピング(ホワイトテープ)について

講師:龍谷大学のアスレティックトレーナー

対象者:このトレーナー講習会に興味のある龍谷大学の学生(サークルに所属の   有無など問いません)。またスポーツ・文化活動強化センターのスタッフに合宿や試合などで帯同を希望するサークルの代表者(講習Aを受講)。

テーピングの実習中

テーピングの実習中

服装:上の写真の受講生の様な動きやすい服装。テーピング実習では足首より上20センチほどが露出しやすいジャージ等が望ましい(講習AとBの間に着替えることも可能です)。

申し込み方法:希望する講習会の3日前までに深草体育館第9トレーニング室、または瀬田体育館トレーニング室ATコーナーにある「学生トレーナー講習会受講申し込み用紙」に必要事項を記入して下さい。
参加費:無料

課外活動に関わらず「いざ」という時に役立つ講習会です。龍谷大学アスレティックトレーナー一同、皆様の受講をお待ちしています!

瀬田アスレティックトレーナー 管

NSCA 国際カンファレンスに参加してきました

瀬田トレーニング室の花田です。

学生の皆さんは、期末試験が終わり春季シーズンへ向けた本格的な課外活動を活性化させている頃だと思います。今年は例年になく寒波が訪れ、グラウンドが白くなることも多いですが、寒気や乾燥に負けることなく体調管理を徹底して厳しい練習に取り組んでもらいたいと思います。

さて、私は先週末千葉県の幕張メッセ国際会議場で行われた「第5回 NSCA国際カンファレンス」に参加してきました。そこで国際的に著名な演者の講習を聞いて勉強してきたのですが、最後に「4度のオリンピックチャレンジを通して」と題してフェンシングの太田雄貴氏の講演がありました。そこで語られた内容をいくつか紹介したいと思います。

 

まず、彼はフェンシングを始めてから4000日以上の間休まず練習を続けたそうです。しかし、ある日決断しコーチでもある父親に休むことを申し出たそうです。その時は烈火の如く怒られたそうですが、彼の中には明確な理由がありました。「勝つ」ことが目的の練習ではなく「続ける」事が目的の練習になっていたことに気づいたそうです。そこでもう一度「勝つ」ことにこだわった練習になるようリセットするために「休む」ことを申し出たそうです。

皆さんはどうでしょうか?このような気づきから自分の行動を見つめ直した経験があるでしょうか?根拠を持って何かを進言できているでしょうか?

 

次に「勝つために『オリンピックで金メダルをとるために』明確な逆算と準備をする。」と言っていました。初めて出たアテネオリンピックから帰国した空港でメダリストとそれ以外の選手への対応の違いに直面し、「オリンピックでメダルをとる」ことを強く意識したそうです。そこから次の北京オリンピックへ向けて逆算し、一つずつクリアすべき課題を明確にして準備をしたそうです。そのために目標との距離を測り、どれくらいの速度で進むべきか、道筋はどうかなどあらゆることを分析したそうです。

皆さんはどうでしょうか?自分の明確な目標を定め、逆算し準備をすすめられているでしょうか?

 

現在、太田さんは会社員です。しかしながら日本におけるフェンシングの普及・発展を祈念し様々な活動をされています。太田雄貴杯を開催し小学生世代の強化に取り組むことや皆さんもご存知かと思いますが、オリンピック招致活動に参加されていました。今は国際フェンシング協会の理事に立候補され理事として活動されています。会社員としての仕事を務めながらフェンシングの発展、発達のために尽力されているそうです。

皆さんはどうでしょうか?自分のやるべき事とやりたい事とを両立するように取り組めているでしょうか?

 

私自身、この講演を聴きながら自分の事に置き換えて考えさせられました。皆さんも「できている」「できていない」ではなく、自分の現状を振り返る切っ掛けになるとよいと思い紹介させていただきました。

参考までに。。。

ストレングス&コンディショニングセミナーを開催します!

S&Cコーチの青木です。

セミナーのお知らせです。

来週21日(土)に、11月に開室した新体育館(専精館)にて、ストレングス&コンディショニングセミナーを行います。内容は2部構成となっています。

1部は最近注目を集めている「VBT(Verocity Based Training)」について、その理論と実技体験会を長谷川先生に講義頂きます。この機会にVBTへの理解を深めたい方や、VBT初心者の方にも、オススメの内容です。

2部は「ベーシックエクササイズのテクニックと指導法」を菊地S&Cコーチに講義頂きます。オリンピックリフティングからスクワット・ベンチプレスといった、ベーシックなフリーウェイトの実技テクニックや指導方法を、もっと理解したい方にオススメの内容です。

講義は、1部のみや、2部のみの参加も可能です。もちろん1部2部両方の参加も問題ありません。

参加は無料です。ただし、先着順とさせて頂きます。申込期間が短くなっておりますので、お早めに申込して頂けますよう、よろしくお願いします。

以下、申込先など詳細をご覧ください。

 

龍谷大学 スポーツ・文化活動強化センター

「ストレングス&コンディショニングセミナー」

開催日時 : 2017年 1月21日(土) 10:00~16:00

場所 : 龍谷大学 専精館ミーティングルームおよびトレーニング室

募集定員 : 30名(先着順とさせていただきます)

参加費 : 無料

申し込み先 : ryukoku.tc@gmail.com

参加希望の方は、上記メールアドレスへ氏名・所属・連絡先・参加希望の講習(①・②両方、または①・②のどちらか)を明記の上、お申し込みよろしくお願い致します

問い合わせ : 上記メールアドレスへお問い合わせください

持参物 : 筆記用具、室内用シューズ、運動できる服装、昼食 など

講習内容

①10:00~12:00                

  「VBT(Velocity based training)について」

~VBT理論と実技体験会~

講師:長谷川 裕(龍谷大学経営学部 教授 スポーツサイエンスコース担当)

 

②13:00~16:00                 

「ベーシックエクササイズのテクニックと指導法」

~パワークリーン・スクワット・ベンチプレスなど~

講師:菊地 真也(龍谷大学 スポーツ・文化活動強化センター

ストレングス&コンディショニングコーチ)

専精館 トレーニング室

ページの先頭へ

ページの先頭へ