トレーニング室

瀬田トレーニング室からのお知らせ

前期の利用者講習会もスケジュールの半分以上が終わりました。                                                               それに伴い、トレーニング室を利用する学生も増えています。

曜日、時間帯によって大きくばらつきはありますが、時にかなりの混雑が見られる状況です。 そういった場合、安全面を考慮し、スタッフの判断において、一時的に入室を制限する場合があります。その際にはトレーニング室内の利用者が少なくなるまで、待ってもらうこととなります。

ご不便をおかけしますが、それほど頻繁に起こるわけではありませんので、時間をずらして来室する、別日に利用するなど、ご協力ください。

 

尚、前期の利用者講習会は残り4回となり、スケジュールについては以下の通りです。

 

5/31(木)

6/13(水)

6/26(火)

7/2 (月)

 

5/31については既に定員に達しており、6/13の受付枠は残り13です 。                             (5/25現在)

それ以降のスケジュールについては、それぞれ1ヶ月前からの受付となります。

 

講習会についての詳細は、こちらも合わせてご確認ください。

http://ryukoku-sports.jp/trainingcenter/?p=2836

 

混雑することもありますが、ぜひ講習会に参加し、トレーニング室を有効に活用してください。

 

RICE処置について

深草ATの中西です。

今回はRICE処置についてお話しさていただきます。

春のシーズンも始まり、ケガをする選手も増えてきました。

ケガをした際の処置としてRICE処置があるのは皆さんご存じだと思います。しかし、実際に何をしているかと聞くと「アイシングはした」という意見をよく耳にします。

RICE処置は、Rest(安静) Ice(冷却) Compression(圧迫) Elevation(挙上)をすることで組織の浮腫を防ぎ、二次的な損傷を最小限に抑える処置のことです。

Iceだけでは浮腫を軽減させることはできません。大切なのは、安静にして適度に冷却(必ず氷を使用して15分程度実施)し、患部を心臓より挙上してバンテージなどで圧迫(足関節捻挫した際、冷却していない時はU字パッドを使用)する。このRICE全てを実施して初めて浮腫を予防することができるのです。

大切なのはアイシングだけではありません。正しくRICE処置をおこないましょう。※受傷して約3日間は炎症が急激に進むため入浴や飲酒は厳禁です。

RICE

春季シーズン

瀬田トレーニング室のS&Cコーチ花田です。

春季シーズンに入り、重点強化サークルをはじめ各サークルの試合での活躍が見られています。今回は、瀬田で主に活動する重点強化サークル以外の戦績を紹介します。

 

準硬式野球部

春季リーグ      12勝0敗 勝率 1.000                優勝

5月14日(月)からの第70回関西地区大学準硬式野球選手権大会に出場します。

一回戦 vs和歌山県立医科大学 (大阪シティ信用金庫スタジアム)

準硬式野球部

男子ソフトボール部

春季リーグ(2部Bブロック)      2勝2敗        3位

7月6日(金)からの第50回西日本大学選手権大会に出場します。

全日本大学選手権 チャレンジマッチ

5月12日(土)    一回戦 vs 兵庫教育大学

男子ソフトボール部

女子ソフトボール部

春季リーグ(2部)             6勝1敗                    2位

8月3日(金)からの第50回西日本大学選手権大会に出場します。

全日本大学選手権 チャレンジマッチ

一回戦 vs 太成学院大学  1-2(8回タイブレーク)

女子ソフトボール部その他のサークルも与えられた環境の中で努力しています。

これからまだまだ続くシーズンと夏季秋季へ向けた準備を頑張っています。

ドーピング講習会

アスレティックトレーナーの森嶋和樹です。

近年ドーピング問題がニュースで取り上げられることが多くなってきました。
ドーピング検査は学生でも対象の大会があります。

龍谷大学バドミントン部では実際にドーピング検査を行った学生もいます。
その為3月と4月にバドミントン部に対してドーピング講習会を実施いたしました。

IMG_0283

今回の講習会では薬検索ツールの紹介やプロテインやサプリメントの選び方を行いました。
講習会を通して日頃からドーピングに対する意識を持って生活して欲しいと思っています。

第9トレーニング室アスレティックトレーナー
森嶋和樹

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ