トレーニング室

新スタッフ紹介(深草)

こんにちは。龍谷大学S&Cコーチの酒井です。

すっかり寒さが厳しさを増し、深草キャンパスの池に氷が張るほどですが、読者のみなさまはいかがお過ごしでしょうか。

2018年1月から新しいスタッフが加わりましたので、ご紹介します。

トレーニング室利用の際は、気軽にお声がけください。

 

西村 真吾 アシスタントストレングス&コンディショニングコーチ(深草)

「今年から龍谷大学で働かせて頂く西村です。皆さんと一緒に目標に向かって全力でサポートしますので、効果的なトレーニングができるよう頑張っていきましょう。これからよろしくお願いします。」

2018年1月から深草で勤務する西村真吾アシスタントS&Cコーチ

2018年1月から深草で勤務する西村真吾アシスタントS&Cコーチ

なでしこリーガーが来てくれました

みなさんこんにちは。
S&Cコーチの池田です。

みなさん「なでしこリーグ」ってご存じですか?
そう、あの女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」の選手たちがプレーしている日本女子リーグのことです。そしてなんと龍谷大学にはそのなでしこリーグでプレーする選手がいるんです。

彼女の名前は前川美紀さん。
経済学部の1回生。めっちゃ小柄です!

IMG_4708

彼女が在籍するセレッソ大阪レディースは、先日の入替戦に勝って、見事1部昇格を果たしました!チームがオフに入るこのタイミングで、来シーズンに向けたトレーニングを行うために来室してくれました。

体育局のサークル以外に、こんなアスリートがいたとは僕も知りませんでした。
来シーズン1部リーグでなでしこジャパンの選手たちと戦う彼女をみんなで応援しましょう!

膝前十字靱帯損傷予防 スクリーニング

こんにちは。アスレティックトレーナーの藤田です。オフシーズンの活動の一つをご紹介します。

アメフト部では膝前十字靱帯損傷を予防するため、現状を把握する「スクリーニング」というチェックを実施しています。

前十字靱帯は膝の安定性のために非常に大切な靱帯です。膝の回旋を制御するため、スポーツではストップ、ジャンプ、切り返し動作の際の膝の安定に関わっています。損傷すると、ストップ、ジャンプ、切り返しの時に膝が抜けるような不安定性が出てくるので、手術をするケースがほとんどです。

切り返し動作の多い競技では大変頻度の高いケガですが、アメフト部は2014年シーズンに前十字靱帯損傷が多発したため、以後は予防のためのチェックとエクササイズをチーム単位で実施しています。

オフシーズンに入り、今年も膝や足関節の使い方を再度チェックする「スクリーニング」を実施しました。

スクリーニングは「既往歴」と「しゃがみ込み」「片脚スクワット」の動作を観察することで簡便に行っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

足関節が硬くしっかりしゃがみ込めなかったり、片脚スクワットで膝が内に入ってしまったりする場合は、選手に問題点をフィードバックします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スクリーニング結果を踏まえて、2月にはチーム全体に「前十字靱帯(ACL)予防講習」を行って、チームとしてノンコンタクトの前十字靱帯損傷を予防する活動を行います。

 

第9トレーニング室 アスレティックトレーナー

藤田まり子

女子バスケットボール部 フィジカル測定

2017年も終わりが近づき、長期のオフに入るサークルも多い頃かと思います。

女子バスケットボール部においても、今シーズンの締めくくりとなるフィジカル測定を行いました。非常に寒い中での実施となり、特にスピードや瞬発系のテストに関しては、思うような数字が出ないことも予想していましたが、選手たちはよく頑張ってくれ、全体的に前回を上回る好成績を残しました。

image2

これからしばらく全体練習はせず、トレーニングを中心に行う時期になります。トレーニングにおいて、数字が全てではないものの、自己記録を伸ばすことを目的のひとつとして取り組むことも非常に重要であると考えています。

部活動に励む皆さん、各自目標を持って、厳しいトレーニング期を乗り越えてください!

image1

 

瀬田トレーニング室 馬目

ページの先頭へ

ページの先頭へ