トレーニング室

最後の練習

S&Cコーチの青木です。

12月というのに、季節外れに暖かい日があったり、体調が崩れやすい時期でもあります。みなさんは気温の急激な変化で体調など崩していないでしょうか?

大学スポーツもシーズンが終了し、4回生が引退し新たにスタートしているチームも出てきました。トレーニング室にも新チームに移行し、フレッシュなチームの空気が流れてくる時期でもあります。

さて先日女子バレーボール部の全日本インカレに帯同してきました。結果はベスト8で、目標のベスト4には届きませんでした。ベスト8に残った大学は、龍谷大学以外の7校は全て関東の大学で、関東のレベルの高さを非常に強く感じました。

この全日本インカレは負けたら終わりのトーナメント戦です。引退する4回生にとっては出発前の練習が最後の練習でした。今まで何百回と練習をしてきて、龍谷大学で行う最後の練習。

でも中身は特別な事は無く、いつもの試合前と変わらない練習、「今日が最後」というよりも、「全日本インカレに向けていい準備する」という思いを強く感じました。

練習もトレーニングも継続が大事です。特別な事をして突然上手くなったり、強くなったりはしません。最後の試合前だからと、特別な思いで練習するよりも、いつもと同じように準備する事が大事だと、最後の練習を見て思いました。

チームの目標には及ばなかったが、引退した4回生の悔しい思いは、次の新チームに託されることでしょう。

2018年のチームスローガン

ページの先頭へ

ページの先頭へ