トレーニング室

RICE処置について

深草ATの中西です。

今回はRICE処置についてお話しさていただきます。

春のシーズンも始まり、ケガをする選手も増えてきました。

ケガをした際の処置としてRICE処置があるのは皆さんご存じだと思います。しかし、実際に何をしているかと聞くと「アイシングはした」という意見をよく耳にします。

RICE処置は、Rest(安静) Ice(冷却) Compression(圧迫) Elevation(挙上)をすることで組織の浮腫を防ぎ、二次的な損傷を最小限に抑える処置のことです。

Iceだけでは浮腫を軽減させることはできません。大切なのは、安静にして適度に冷却(必ず氷を使用して15分程度実施)し、患部を心臓より挙上してバンテージなどで圧迫(足関節捻挫した際、冷却していない時はU字パッドを使用)する。このRICE全てを実施して初めて浮腫を予防することができるのです。

大切なのはアイシングだけではありません。正しくRICE処置をおこないましょう。※受傷して約3日間は炎症が急激に進むため入浴や飲酒は厳禁です。

RICE

ページの先頭へ

ページの先頭へ