トレーニング室

リカバリーの取り組み

皆さん、こんにちは。

S&Cコーチの青木です。

大学スポーツは秋のリーグ戦を戦っているクラブがほとんどです。良い成績のクラブもあれば、思ったような成績が出せずにいるクラブもあると思いますが、今までの練習の成果を発揮して、目標に向かって頑張ってもらいたいと思います。

今回は『リカバリー』について紹介したいと思います。リカバリーとは、ここ数年で注目されている分野で、練習後や試合後に身体の回復を促す運動や栄養摂取を行う事で、次の練習や試合にむけてより良い身体の状態にする戦略の事です。色んな方法がありますが、今回はラグビー部の試合後の取り組みについて紹介したいと思います。

ラグビー部は毎週末に試合があり、多くの選手が週末の試合に出場します。その為に十分なリカバリーが必要となります。その方法を紹介します。

・ストレッチ

スタティックストレッチという種類のストレッチを行っています。このストレッチは各筋群を伸ばした状態を15秒程度保持する方法で、試合後の痛みや疲労感の軽減を促すために実施しています。

リカバリーⅠ

試合後のストレッチ

・水分補給

試合前後に試合に関わる全ての選手(交代選手も含む)の試合前後の体重を測定しています。試合後ほとんどの選手で体重の減少が見られます。その原因はほぼ体内の水分によるものです。そこで試合の前後で減少した分の水分は出来るだけ早く補給してもらうようにしています。脱水状態の身体を素早く元に戻します。選手自身で測定してもらい自分の身体への意識を高めてもらっています。

リカバリーⅡ

試合後の体重測定 (手に持っているのはリカバリードリンク)

・リカバリードリンク

試合に出場した全ての選手は、試合後に糖質(炭水化物)とプロテイン(タンパク質)を混ぜ合わせたドリンクを飲んでもらっています。試合で使ったエネルギーを素早く回復させる糖質と、試合時に大きな力を発揮した筋肉を回復させるプロテインを混合したドリンクです。液体で補給することで胃腸などに大きなストレスをかけることなく補給できます。

リカバリーⅢ

リカバリードリンク

他にもアイスバス・マッサージ・コンプレッションウェアなど様々な方法があります。また誰でも出来る睡眠も非常に効果的な素晴らしいリカバリーです。

みなさんも、リカバリー活用して、日々の練習に取り組んでみてください!

ページの先頭へ

ページの先頭へ