トレーニング室

暑さ指数(WBGT)をチェックしよう!

6月も半ばに入り熱中症に注意が必用な時期となっています。真夏に熱中症が多いのはもちろんですが、1日の寒暖の差が激しく、体がまだ熱さに慣れていない今頃から熱中症には注意が必用です。そこで今回は熱中症を予防する為の「暑さ指数(WBGT)」についてのお話です。

BLUESKY

天気予報では日中の最高気温の予報などは良く耳にしますが、同じ気温でも湿度の高低や風の有無などでずいぶん暑さの感じが異なる事は皆さん体験していると思います。暑さ指数はWet-Bulb Globe Temperature(湿球黒球温度)の事で、これをを略してWBGTと呼ぶこともあります。気温と同様に「℃」で表されるのですが、気温だけでなく人に影響を及ぼす湿度、輻射、気流などを考慮し熱中症の予防に広く用いられています。

仕事を暑い中で行う必用がある場合などでもこの暑さ指数(WBGT)を基準とした指針があるのですが、課外活動においては熱中症予防運動指針があります。

WBGT(℃)
31 以上          運動は 原則中止
28 ~ 31 未満      厳重警戒 (激しい運動は中止)
25 ~ 28 未満     警  戒 (積極的に休息)
21 ~ 25 未満      注  意 (積極的に水分補給)
21 未満          ほぼ安全 (適宜水分補給)

WBGT31℃以上では、特別の場合以外は運動を中止する。特に子どもの場合には中止すべき。

WBGT28℃以上では、熱中症の危険性が高いので、激しい運動や持久走など体温が上昇しや すい運動は避ける。運動する場合には、頻繁に休息をとり水分・塩分の補給を行う。体力の低 い人、暑さになれていない人は運動中止。

WBGT25℃以上では、熱中症の危険が増すので、積極的に休息をとり適宜、水分・塩分を補給 する。激しい運動では、30分おきくらいに休息 をとる。

WBGT21℃以上では、熱中症による死亡事故 が発生する可能性がある。熱中症の兆候に注意 するとともに、運動の合間に積極的に水分・塩 分を補給する。

WBGT21℃未満では、通常は熱中症の危険は小さいが、適宜水分・塩分の補給は必要である。 市民マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するので注意。

(日本体育協会 熱中症予防ガイドブックより抜粋)



 


深草と瀬田の体育館、瀬田グラウンドでもアスレティックトレーナーが暑さ指数・WBGTの測定し表示していますので、練習前に暑さ指数と熱中症予防運動指針を参考にしてウォーターブレイクの回数を増やしたり、練習の強度を調整するなどして熱中症予防を心がけて下さい。

瀬田体育館WBGT

瀬田体育館内のWBGT掲示とWBGT測定機器

青朋館WBGT

         青朋館でのグラウンドのWBGT掲示(瀬田)

また学外での課外活動などで暑さ指数(WBGT)を知りたい時には環境省の「熱中症予防情報サイト」http://www.wbgt.env.go.jp/mail_service.phpで、最寄りの観測地点の暑さ指数(WBGT)の予報を知ることが出来ますし、あらかじめ設定をすれば暑さ指数(WBGT)を携帯に知らせてもらう事も可能です。ぜひ活用して下さい。

                     アスレティックトレーナー 管

ページの先頭へ

ページの先頭へ