トレーニング室

女子バレーボール部体力測定

みなさんこんにちは。
S&Cコーチの池田です。

今週、女子バレーボール部の体力測定を行いました。
バレーボール競技では、前後左右への素早い移動、その移動からの急激な方向転換、高い跳躍などが要求されます。体力測定でそれらの能力の現状を知ることで、それまでのトレーニングの成果や今後のトレーニング課題が明確になります。

今回の測定は、春のリーグ戦が終わった時点での現状確認と、6月の西日本インカレやその後の秋リーグに向けた強化課題の抽出がその目的となります。

測定した項目は、

➀スピード
1)10mスプリント(前方向)
2)10mバック走(後ろ方向)
3)5mサイドステップ(横方向)

➁アジリティ(敏捷性)
1)エドグレンサイドステップ(反復横跳び)
2)プロアジリティ(5m-10m-5mの連続切り返しテスト)

③ジャンプ力
スパイクジャンプ(助走あり垂直跳び)

④持久力
YoYo間欠性回復力テスト(20mシャトルランテスト)

春リーグが終わった翌週でしたが、選手たちは全力を出してくれました。

IMG_4248

【10mスプリント】10mダッシュを行い、5m通過と10m通過のそれぞれのタイムを計ります。動き出しの速さとその後の加速能力がわかります。バック走も同様の測定を行います。

 

IMG_4280

【5mサイドステップ】5mの距離をサイドステップで移動するタイムを計ります。左右両方のタイムを比較することで、苦手な方向がわかります。

IMG_4295

【エドグレンサイドステップ】90cm幅の5本のラインを使っての反復横跳び。膝の曲げ伸ばしが少なく素早い動作での方向転換能力を評価します。

IMG_4329

【スパイクジャンプ】バレーボールには欠かせないジャンプ力の測定です。最高到達点と跳躍高(実際に跳んだ高さ)を評価します。

IMG_4331

【YoYoテスト】20mの往復走を繰り返す持久力の測定です。球技系スポーツに必要とされる、強度の高い運動を繰り返す能力を評価することができます。

今回の測定結果を基に、チーム全体そして選手個々のトレーニング課題を明確にし、秋シーズンに向けた体力強化に取り組んでもらいたいと思います!

ページの先頭へ

ページの先頭へ