トレーニング室

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

皆さん、新しい年を新しい気持ちで迎えられたでしょうか?

新年は何かを始めるにはとてもよい時期です。スポーツでも、個人的なことでも、はっきりした目標を持って、新しい年からチャレンジしたいですね。

 

昨年末のお話ですが、スポーツ・文化活動強化センターでは、12月20日に岩崎由純先生(一般財団法人日本ペップトーク普及協会 会長)をお招きし、「元気・活気・勇気を与えるトーク術 PEP TALK」のテーマでご講演いただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ペップトークとは、選手、生徒、部下などを励ますのに監督やコーチなど指導者が試合前(本番前)に使う「激励のショートスピーチ」のことです。

ペップトークには

短い

わかりやすい

肯定的な言葉を使う

魂を揺さぶる

人をその気にさせる

といった特徴があります。

 

岩崎先生は長らく日本のアスレティックトレーナーのフィールドを牽引されてきた存在であり、私にとってはキャリア目標の大先輩でもあります。実は2012年にもトレーニングセンター講演会の講師として、ご指導いただきました。

(2012年の記事です http://ryukoku-sports.jp/trainingcenter/?m=201205 )

 

今回はコーチサミットの講演会であり、重点・強化サークルのほとんどの指導者に参加いただいたことで、今後の練習での指導や声掛けが前向きな一言に変わっていくことを期待しています。

非常に楽しくてあっという間の講演会でしたが、中でも「選手がスポーツの技や力を磨くように、指導者は言葉の力を磨くのだ」との言葉が大変印象に残りました。アスレティックトレーナーはスポーツの指導をする立場ではありませんが、コミュニケーションが最重要な仕事であることは間違いありません。普段自分から発する言葉も前向きで肯定的な言葉となるよう、この1年は頑張っていきたいと思います。

 

ペップトークはスポーツの場面だけでなく、普段のコミュニケーションにも非常に役立ちます。ご興味のある方はぜひペップトークの世界をのぞいてみて下さい。

https://www.peptalk.jp/

第9トレーニング室 アスレティックトレーナー

藤田まり子

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ