トレーニング室

スパインボード練習会を実施しました

深草・アスレティックトレーナーの藤田です。

7月13日(水)、15日(金)にスパインボードを部で所有しているラグビー部・アメフト部を対象にスパインボード搬送の練習会を実施しました。

スパインボードのセット

スパインボードのセット

コンタクトの激しいコリジョンスポーツでは、頭や背中、頚部の重傷事故がスポーツ活動中にも起こりえます。

このような事態が起こってからあわてるのではなく、事前にシミュレーションをして練習することが練習会のねらいです。

アメフト部は選手・マネージャー合わせて12名と猪飼コーチ、外部トレーナーも参加、またラグビー部は選手9名が参加、第9トレーニング室アスレティックトレーナー3名と青木SCと一緒に練習を行いました。

練習会の進行

練習会の進行

まず、頭や頚部のケガが疑われる状況での頭部固定、気道確保、ネックカラーの装着について再確認を行いました。

その後、倒れている選手をスパインボードに乗せる方法を、ログリフトという丸太を持ち上げるように頭部から背中までが真っ直ぐ持ち上げてボードに乗せる方法を実習しました。

次にうつ伏せで倒れていた場合に、ログロールでどのように仰向けの体勢に戻すかを練習し、最終的にはスパインボード上での体幹固定、そして頭部固定をして搬送するところまで行いました。

また、アメフトはヘルメットやショルダーの防具を外す必要があるため、当日だけでなく後日コーチの方も含めて、再確認を行いました。

頭から首を固定したままヘルメットをはずします

頭から首を固定したままヘルメットをはずします

頭や首は動かさず、選手の両サイドから体幹を起こしてショルダーを抜き取ります

頭や首は動かさず、選手の両サイドから体幹を起こしてショルダーを抜き取ります

短い練習時間でしたが、このような搬送はアスレティックトレーナー1人では絶対にできないため、チームの協力が不可欠です。ご参加、ご協力いただきました方々、ありがとうございました。

深草・第9トレーニング室

藤田まり子

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ