トレーニング室

指導者対象安全対策講習会を実施しました

7月18日、スポーツ・文化活動強化センターでは、重点・強化サークルの指導者対象に安全対策講習会を実施しました。当日は、吹奏楽部も含む重点・強化サークルのほとんどの指導者が集まり、講習を受講していただきました。

安全対策1

 

スポーツでは予期しないケガや突発的な重大事故が起こることもあります。

 

安全対策講習会では、昨年度救急車を呼んだ事例報告、緊急事態とは何か、脈や呼吸の確認方法、緊急事態が起きたときのシミュレーション(寸劇)など、実技を交えながら行いました。

 

安全対策2

 

このような緊急事態が起きてからあわてるのでは、対応がとても間に合いません。普段から各サークルで保険証のコピーや緊急連絡カードをまとめておくこと、練習あるいは試合会場周囲の医療機関についても調べておくことなど、学生トレーナー講習でも実施している内容を指導者の皆さんにもお伝えしました。

安全対策4

 

さらに、学内での救急車の搬入ルート、練習場所から最寄りのAEDの場所、実際に救急車を呼んだ場合の役割分担など、各サークルで皆が理解していることが安全対策上とても大切です。

 

秋には多くのサークルで試合が始まりますが、学生の皆さんが「安全に」スポーツに打ち込める環境作りにスタッフも努力していきます。

 

アスレティックトレーナー

藤田まり子

4年間の成果

毎日暑く、雨の日も多かったりと、スポーツをおこなうには非常に厳しい気候が続きますが、ここ龍谷大学ではどの部活も秋季シーズンにむけて、ハードに練習やトレーニングに励んでいます。

先日、男子バスケットボール部の今シーズン最後の測定を実施しました。そして、4年生にとっては学生生活最後の測定となり、4年間のトレーニングの成果が試される場となりました。

そこで、彼らが入学して最初におこなった測定と、今回の測定の平均値を比較し、4年間でどの程度の向上があったのか、調べてみました。

 

その結果…

 

体重 +2.4%

垂直跳び +9.6%

クリーン +20.1%

スクワット +12.7%

ベンチプレス +16.6%

 

の向上がありました!

 

ウエイトトレーニングのデメリットとして、「体重増加によるパフォーマンスの低下が起こる」といったような迷信がありますが、今回の結果では体重の増加はほとんどなく、筋力やジャンプの大幅な向上がみられました。これはあくまで平均値ですので、個人差は大きくありますが、トレーニングに打ち込めば、4年間(実質3年ちょっと)でこれだけ体力要素を向上させることができると、学生にもわかってもらえたのではないかと考えています。

4年生にとっては、最後となる秋季リーグ戦が始まります。4年間の練習、トレーニングの成果を信じ、最高の結果が出せるよう全力で頑張ってもらいたいと思います!

 

IMG_1914

 

 

深草第8トレーニング室 馬目

ページの先頭へ

ページの先頭へ