トレーニング室

暑さ指数(WBGT)をチェックしよう!

6月も半ばに入り熱中症に注意が必用な時期となっています。真夏に熱中症が多いのはもちろんですが、1日の寒暖の差が激しく、体がまだ熱さに慣れていない今頃から熱中症には注意が必用です。そこで今回は熱中症を予防する為の「暑さ指数(WBGT)」についてのお話です。

BLUESKY

天気予報では日中の最高気温の予報などは良く耳にしますが、同じ気温でも湿度の高低や風の有無などでずいぶん暑さの感じが異なる事は皆さん体験していると思います。暑さ指数はWet-Bulb Globe Temperature(湿球黒球温度)の事で、これをを略してWBGTと呼ぶこともあります。気温と同様に「℃」で表されるのですが、気温だけでなく人に影響を及ぼす湿度、輻射、気流などを考慮し熱中症の予防に広く用いられています。

仕事を暑い中で行う必用がある場合などでもこの暑さ指数(WBGT)を基準とした指針があるのですが、課外活動においては熱中症予防運動指針があります。

WBGT(℃)
31 以上          運動は 原則中止
28 ~ 31 未満      厳重警戒 (激しい運動は中止)
25 ~ 28 未満     警  戒 (積極的に休息)
21 ~ 25 未満      注  意 (積極的に水分補給)
21 未満          ほぼ安全 (適宜水分補給)

WBGT31℃以上では、特別の場合以外は運動を中止する。特に子どもの場合には中止すべき。

WBGT28℃以上では、熱中症の危険性が高いので、激しい運動や持久走など体温が上昇しや すい運動は避ける。運動する場合には、頻繁に休息をとり水分・塩分の補給を行う。体力の低 い人、暑さになれていない人は運動中止。

WBGT25℃以上では、熱中症の危険が増すので、積極的に休息をとり適宜、水分・塩分を補給 する。激しい運動では、30分おきくらいに休息 をとる。

WBGT21℃以上では、熱中症による死亡事故 が発生する可能性がある。熱中症の兆候に注意 するとともに、運動の合間に積極的に水分・塩 分を補給する。

WBGT21℃未満では、通常は熱中症の危険は小さいが、適宜水分・塩分の補給は必要である。 市民マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するので注意。

(日本体育協会 熱中症予防ガイドブックより抜粋)



 


深草と瀬田の体育館、瀬田グラウンドでもアスレティックトレーナーが暑さ指数・WBGTの測定し表示していますので、練習前に暑さ指数と熱中症予防運動指針を参考にしてウォーターブレイクの回数を増やしたり、練習の強度を調整するなどして熱中症予防を心がけて下さい。

瀬田体育館WBGT

瀬田体育館内のWBGT掲示とWBGT測定機器

青朋館WBGT

         青朋館でのグラウンドのWBGT掲示(瀬田)

また学外での課外活動などで暑さ指数(WBGT)を知りたい時には環境省の「熱中症予防情報サイト」http://www.wbgt.env.go.jp/mail_service.phpで、最寄りの観測地点の暑さ指数(WBGT)の予報を知ることが出来ますし、あらかじめ設定をすれば暑さ指数(WBGT)を携帯に知らせてもらう事も可能です。ぜひ活用して下さい。

                     アスレティックトレーナー 管

懸垂の夏

みなさんこんにちは。
S&Cコーチの酒井です。

少しずつ気温も高まり汗ばむ季節になってきました。
これから夏本番を迎える前に、誰もが憧れるTシャツ姿を目指し、すっきりとした背中、袖から出る引き締まった腕をゲットしたいところですね。
皆さんは背中と腕を鍛えることができるトレーニングといえば、なにを思い浮かべますか?
私は懸垂をオススメします。

懸垂では「引く」動きで、背中を鍛えることができます。
背中は身体の後ろ側で見えにくいため、鍛えることも疎かになりがちです。
しかし、背中を鍛えることは、パフォーマンスの向上や姿勢改善にも非常に重要です。
特にベンチプレスなど「押す」種目に偏りがちな方は、懸垂などの「引く」種目が、バランスの良い身体作りに欠かせません。
懸垂はぶら下がったところから上がるだけのシンプルな種目ですが、以下のポイントを押さえて安全に効果的に行いましょう。

グリップは順手や逆手などありますが、初心者の方は逆手の方が実施しやすいでしょう。 腕に力を入れた状態で、肘をまっすぐ伸ばしたところから始めます。

持ち手は順手や逆手などありますが、初心者の方は逆手の方が実施しやすいでしょう。腕に力を入れて、肘をまっすぐ伸ばしたところから始めます。

身体はできるだけ高くまで引き上げます。 首がすくまないようにしながら、胸をしっかりと張りましょう。

身体はできるだけ高くまで引き上げます。首がすくまないように、胸をしっかり張りましょう。

懸垂は体重が負荷になるので、身体の大きな人は大変です。 体重が重い方は、ゴムを補助代わりに使うのも効果的です。

懸垂は体重が負荷になるので、身体が大きいと大変です。ゴムを補助代わりに使うと、体重が重い方でも効果的に行えます。

補助があっても懸垂が大変な方は、マシンがおすすめです。軽い重さで動きの確認ができるので、安全に効果的なトレーニングが行えます。

補助があっても懸垂が大変な方には、マシンがおすすめです。軽い重さで動きの確認ができるので、安全に効果的なトレーニングが行えます。

更に懸垂の魅力を伝えるべく、
青木S&Cコーチにインタビューしてみました。
酒井「懸垂の素晴らしさを教えてください。」
青木「自分の体重を利用して、大きな背中を鍛えられるところです。」
酒井「懸垂でどんな身体にしたいですか。」
青木「広い背中と、逆三角形の身体です。」
酒井「青木さんにとって、懸垂とはなんですか?」
青木「なくてはならないものです。」
酒井「ありがとうございました。」

遠い目をしながらインタビューに答える青木S&Cコーチ。
遠い目をしながらインタビューに答える青木コーチ。

 

….懸垂の魅力が伝わりましたか?
たかが懸垂、されど懸垂。ひとつの種目でもたくさんのバリエーションがありますので、是非トレーニング室で自分に合った方法を探してみてください。

女子バレーボール部体力測定

みなさんこんにちは。
S&Cコーチの池田です。

今週、女子バレーボール部の体力測定を行いました。
バレーボール競技では、前後左右への素早い移動、その移動からの急激な方向転換、高い跳躍などが要求されます。体力測定でそれらの能力の現状を知ることで、それまでのトレーニングの成果や今後のトレーニング課題が明確になります。

今回の測定は、春のリーグ戦が終わった時点での現状確認と、6月の西日本インカレやその後の秋リーグに向けた強化課題の抽出がその目的となります。

測定した項目は、

➀スピード
1)10mスプリント(前方向)
2)10mバック走(後ろ方向)
3)5mサイドステップ(横方向)

➁アジリティ(敏捷性)
1)エドグレンサイドステップ(反復横跳び)
2)プロアジリティ(5m-10m-5mの連続切り返しテスト)

③ジャンプ力
スパイクジャンプ(助走あり垂直跳び)

④持久力
YoYo間欠性回復力テスト(20mシャトルランテスト)

春リーグが終わった翌週でしたが、選手たちは全力を出してくれました。

IMG_4248

【10mスプリント】10mダッシュを行い、5m通過と10m通過のそれぞれのタイムを計ります。動き出しの速さとその後の加速能力がわかります。バック走も同様の測定を行います。

 

IMG_4280

【5mサイドステップ】5mの距離をサイドステップで移動するタイムを計ります。左右両方のタイムを比較することで、苦手な方向がわかります。

IMG_4295

【エドグレンサイドステップ】90cm幅の5本のラインを使っての反復横跳び。膝の曲げ伸ばしが少なく素早い動作での方向転換能力を評価します。

IMG_4329

【スパイクジャンプ】バレーボールには欠かせないジャンプ力の測定です。最高到達点と跳躍高(実際に跳んだ高さ)を評価します。

IMG_4331

【YoYoテスト】20mの往復走を繰り返す持久力の測定です。球技系スポーツに必要とされる、強度の高い運動を繰り返す能力を評価することができます。

今回の測定結果を基に、チーム全体そして選手個々のトレーニング課題を明確にし、秋シーズンに向けた体力強化に取り組んでもらいたいと思います!

脳震盪(のうしんとう)とスポーツ復帰

こんにちは。

アスレティックトレーナーの藤田です。

 

コンタクトスポーツ以外ではあまりなじみのない「脳震盪」ですが、アメフトやラグビーのような激しくぶつかるコンタクトスポーツ(コリジョンスポーツ)では、比較的よく見られる症状です。

脳震盪とは、頭部への直接あるいは間接的な打撃によって起こる脳の機能的な障害です。したがって頭を打っていなくても、体への衝撃で脳が揺さぶられて脳震盪を起こすこともよくあります。

この脳の機能障害が起こる仕組みが少しずつわかってきたことで、数年前より脳震盪からのスポーツ復帰の取り扱いについては世界的に、またあらゆるスポーツにおいて厳しくなってきています。

 

以下の様な症状のうちどれかが見られるときには、脳震盪の疑いがあります。

〈自覚症状〉

・頭痛

・頭が締めつけられる

・吐き気や嘔吐

・思い出せない

・霧の中にいる感じ

・混乱している

・バランスが悪い

・光や音に敏感

・霞んで見えたり二重に見えたりする

・眠くなりやすい

・意識消失

など

 

今いる場所や時間がわからなくなる見当識障害や、同じことを何度もくり返して聞く(何度聞いても聞いたことも忘れてしまう)健忘症状もよく見られ、本人よりも周りの人が先に気づくケースも多いです。

脳震盪の疑いがあるときには、すぐに運動を中止し、一人にさせず、医療従事者(多くは医師)の許可があるまでスポーツに復帰させないことが大切です。

また、脳震盪後は毎日症状をチェックしながら、次のような6段階のステップを踏んでスポーツに復帰することができます。1日に1ステップずつしか進めないため、競技復帰には最短でも6日間が必要です。

GRTP画像
龍谷大学では、脳震盪を起こすリスクの高いアメフト部・ラグビー部の選手は1,3回生の春に全員脳震盪のプレシーズンチェックを行っています。

まず、自覚症状、見当識、記憶力のチェックをします

まず、自覚症状、見当識、記憶力のチェックをします

プレシーズンチェック(SCAT3)は「記憶力」と「バランス力」の両方をチェックして点数化します。実際に脳震盪を起こしてしまった場合にも同じ「記憶力」「バランス力」のチェックを行い、プレシーズンの点数と比較することで、どの程度回復しているかの指標となります。

バランスは3種類のチェックがあります。図は片脚立ち。

バランスは3種類のチェックがあります。図は片脚立ち。

左右の足を縦に置いてのバランスチェック。

左右の足を縦に置いてのバランスチェック

シーズン前と実際の脳震盪受傷後にこのようなチェックをすることで、選手が安全にスポーツ復帰できることをサポートしています。

 

アスレティックトレーナー

藤田まり子

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ