トレーニング室

自主練習

S&Cコーチの青木です。

私は大学生アスリートには、考えて練習して欲しいと考えています。

練習内容の意図や、自分・チームの課題、プレーだけでなくフィジカル面、チームの方針や方向性など、自分たちの目標達成に向けて、いろいろ考えられる事はあります。

自主練習は考えた課題を練習する、大切な時間だと思います。

考えた事を実践する。

すごく大事な事だと思います。

試合前日に、時間をみつけて自主練習をする女子バレー部の選手たちを見ながら、そんな事を思いました。vb2

端艇部の第45回全日本大学選手権大会

舵手なしクォドルプルのレース

舵手なしクォドルプルのレース

9月6日から9日の4日間、埼玉県戸田市(戸田漕艇場)で開催された端艇部の第45回全日本大学選手権大会にアスレティックトレーナーとして帯同しました。この戸田漕艇場は1964年の東京オリンピックのボート競技の会場でもあり、日本の端艇競技者にとっては聖地のような所であり、毎年全日本大学選手権大会をはじめ、大きな大会が開催されています。

大会中は曇天の日が多かったのですが、まだ残暑が厳しく、また風も強く瞬間風速が10mに達することもあり荒れたコンディションの元でのレースが多くなりました。龍谷大学端艇部からは下記の種目に各1艇が出場しました。

男子:エイト(8+)

舵手なしクォドルプル(4×)

舵手付きフォア(4+)

ダブルスカル(2×)

シングルスカル(1×)

女子:舵手付きフォア(4+)

ダブルスカル(2×)

シングルスカル(1×)

端艇競技にあまり馴染みがない人もいるかと思うので 少し説明を加えますと、競技種目を大きく二つに分けると、一人が一本のオールで漕ぐスウィープ競技と、一人が二本のオールで漕ぐスカル競技に分けられます。エイト(漕手8人)、フォア(漕手4人)、ペア(漕手2人)はスウィープ競技の種目で、その数字の後に付けられる+や-は舵を操作したり、漕手に指示を与える役割である舵手(コックス)が乗る種目かどうかを表します。クォドルプル(漕手4人)、ダブル(漕手2人)、シングル(漕手1人)はスカル競技の種目で漕手の数の後に×を付け表されます。いずれの種目も一回のレースで最高5組の艇がコースに分かれ2000m先にあるゴールラインにいかに早く達するかを争います。この大会では各種目、予選(敗者復活戦もあり)を勝ち上がっていけば、大会4日目の決勝レースに進出出来ます。

 

龍谷大学端艇部

龍谷大学端艇部

今大会では龍谷大学の男子舵手なしクォドルプル(4×)と女子シングルスカル(1×)が3位に入る健闘を見せてくれました。一部の4回生にとってはこれが大学最後の大会となりましたが、まだこの後、全日本選手権大会(10月25日~10月28日)や全日本新人選手権大会(11月9日~11日)という大きな大会が控えています。この大会で得た経験を今後の練習、大会に生かせてくれるものと期待しています。

他のサークルでもこの時期、リーグ戦や大会が行われていると思いますが、日頃の練習の成果を本番で十分発揮出来るようコンディションに気をつけて下さい。

瀬田アスレティックトレーナー 管

西日本学生バドミントン選手権大会

まだまだ暑い日が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

龍谷大学S&Cコーチの酒井です、こんにちは。

 

去る9月5日、岡山にて西日本学生バドミントン選手権大会団体戦が行われました。その結果、団体戦では男子が4連覇、女子が7連覇の快挙を成し遂げました!

 

バドミントン部が本当に目指すのは、来月10月12日から行われる全日本学生バドミントン選手権大会での栄光です。今年の大会は私たちの地元京都で行われます!是非みなさん会場まで足を運んで頂き、応援をお願いします。

 

なにわともあれ、団体戦優勝おめでとう!

全日本インカレまでトレーニング頑張りましょう。

男子4連覇おめでとう!

男子4連覇おめでとう!

女子7連覇おめでとう!

女子7連覇おめでとう!(学年順に並んでます)

ラグビー部合宿

TKです。

今回、8月14日から25日まで菅平で行われたラグビー部の合宿について行きました。合宿の目的は「Hervest 収穫」です。冬に体をつくり(大地を耕し)、春にスキルを磨き(種をまき)、試合を行いました(水をやる)。合宿、収穫の時期です。収穫とは何か?それは今まで築き上げてきたDriving Rugbyを発揮して関東の大学に勝利を収めること。これがこの合宿の目的です。

結果は

龍谷大学A○ 35-24 國學院大学●

龍谷大学B● 17-33 國學院大学○

龍谷大学A○ 68-26 関東学院大学●

龍谷大学B● 21-68 関東学院大学○

龍谷大学C● 19-47 立正大学○

龍谷大学C● 21-48 日本大学○

龍谷大学D● 29-52 日本大学○

龍谷大学C○ 62-29 山梨学院大学●

龍谷大学A● 33-45 日本体育大学○

龍谷大学B● 29-33 日本体育大学○

3勝7敗ということで十分な収穫とは言い難いところです。

しかし関東の強豪に対してAチームの2勝が光ります。またBもCも最終戦では圧勝もしくは善戦をして成長の成果を示したと思います。そして何よりも全体を通して逆境でもあきらめない姿勢を随所に見ることができました。部長の原田先生も

「龍谷は近年、大勝もしくは大敗するチームだった。今年はゴール前でも粘ってデフェンスできる」とチームの成長を実感しています。

しかし私たちが目指すところは、Bリーグ優勝、Aリーグ昇格です。関東二部の上位や中位のチームに勝っても、成し遂げられる確証はありません。AB入れ替え戦まで100日を切りました。今シーズンを笑顔で終われるよう、一日一日を全力で取り組んでいきます。

TKimage1 (1) image2 (1)

ページの先頭へ

ページの先頭へ