陸上競技部

悔しさ残るも、3000㍍障害で西川が全国準優勝!

第82回日本学生陸上競技対抗選手権大会が国立競技場(東京)で行われた。最終日の9月8日に行われた3000㍍障害には、長距離エースの西川(済3)が登場。惜しくも一位に一秒届かず準優勝でレースを終えた。

レース中盤、水濠を越える西川

「負けて こんなに悔しい事はない」。第一声だった。6月に行われた全日本個人選手権では大会新記録での優勝。西川が狙っていたものは、一つだけだった。

8分41秒93という学生トップ記録を持つ山口(城西大)は欠場したものの、西川より早いベストを持つ5人がエントリー。激戦が予想された。しかし、スタートしてから四番手に付けた西川は、集団にもまれ1000㍍を過ぎてからは先頭集団から離脱。なかなか流れに乗れず、10番手辺りを前後する。先頭集団も3分4秒で1000㍍を通過してから、そのままスロー気味のペースが続き、集団が崩れないままレースは進んだ。

1600㍍を過ぎ、ラストスパートに向け徐々にペースが上がると優勝候補の一角の津田(筑波大)が飛び出した。津田は全国個人で西川に競り負け、準優勝に涙をのんだ相手。筑波大のスタンドから歓声が上がる。西川は以前先頭とは70㍍以上の差。万事休すの状態でラスト一周の鐘が鳴る。と同時に観客の視線は一点に注がれた。明らかに他とは違う猛スピードで次々と順位を上げていく西川がいた。息を吹き返したように、みるみるうちに津田との距離を詰めていく姿はまさに龍の如く。あれだけあった差を一気に縮め、2番手でラスト100㍍。しかし、あと一息のところで津田が先にゴールラインを踏んだ。たった一秒。その差で西川は優勝を逃した。

「勝てた試合だった、もったいない、悔しい」。西川も西出監督も口を揃えた。敗因は、積極性とレースの組み立て。実業団での合宿などで確実に走力は上がっていたこともあり、自己ベストも期待していた。それだけに悔しさは一際だった。しかし、「この悔しさがあればこれからのシーズンも乗り切れる」と前向きに今後を見据えた。

来年はラストイヤー。この悔しさの先にあるものはリベンジで優勝で、日本一しかないだろう。やられたからには――やり返すしかない。

【西川選手インタビュー】
優勝を狙っていたので悔しい。天候も足の状態も良かったが、守りに入り過ぎた。反省点が多いが、ラスト300㍍のスパートではこの夏の成果が出たと思う。今後は5000㍍で13分台を狙い、秋の駅伝までにしっかりチームを引っ張っていきたい。

【西出監督インタビュー】
ここにくるまでに、実業団の合宿や大学の合宿でしっかり走り込んでいたので、上手く行けば自己ベストで優勝出来た。津田選手はレース展開が上手かったが、西川は位置取りが悪かった。ただ、ラスト一周でこのままではできても入賞かな、と思っていたがラストは持ち味のスピードが活かせたのは良かった。

今年は狭間の年。昨年、チームの二本柱を失ったのは大きいが、秋の駅伝ではしっかり踏ん張っていきたい。西川、内波(営2)、藤村(政2)が鍵。

【記録】
順位   氏  名     所 属    記 録
1    津田 修也    筑 波 大  8:57.50
2     西川 凌矢    龍 谷 大  8:58.63
3    猪狩 大樹      帝 京 大   9:00.57

 

左:表彰台で銀メダルを下げ笑顔を見せる西川、真ん中:優勝した津田選手(筑波大)、右:三位猪狩選手(帝京大)

(写真・記事 龍魂編集室 新谷 佳菜)

 

掴んだ日本一!3000㍍障害 西川が大会新記録で優勝!

6月21日~23日、Shonan BMWスタジアム平塚において日本学生陸上個人選手権大会が行われ、龍大からは4名が出場。2日目の10000㍍競歩では山本(営3)が8位入賞。そして最終日の3000㍍障害では西川(済3)が見事大会新記録で優勝に輝いた。

一週間前西川はどん底を見た。今月16日に行われた全日本駅伝への関西予選会で体調不良と熱中症でゴール後に倒れ込み、そのまま病院へ搬送。チームも目標にしていた4位以内に届かず、6位で惨敗。留まることのない悔しさがチームに溢れた。「ここでやらな、チームの雰囲気を変えることが出来ない。チームのため、その一心だった」。どん底から這い上がる。西川の目は遥か高みに向いていた。

スタートから飛び出したのは立命館大の岸川。西川は落ち着いて2番手に付き、自分のリズムで徐々に1位との差を詰めていく。1000㍍手前で先頭に躍り出ると、そのまま先頭集団を引っ張っていく。1500㍍を過ぎると大きな集団から5人が抜け出し、激しい戦闘争いに。4位に後退した西川だが、ぴったりと集団につく。ラスト1000㍍からはぐんとペースが上がり、苦しい表情に変わる。しかし足取りは軽く、腕振りも力強い。ラスト1周の鐘が鳴る。3人に絞られた優勝争いはラスト400㍍の勝負に。2位に上がった西川は、今大会最速タイムを持つ筑波大の津田を追う。最後の水濠を越えてラスト150㍍で身体一つ分まで差を詰める。レース中で一番辛く苦しいラストスパートで、龍大エースが仕掛けた。西川の強さはここだ。誰もが苦しいときに一番強い。ラスト30メートルで津田を抜き去り、8分53秒52の大会新記録でゴールラインを駆け抜けた。

「しんどかったー!」。ゴール後発した言葉の深さは、西川にしか分からないだろう。先週から今日までの悔しさとの葛藤。そしてこの勝利の瞬間の思い―。あの時の試練を乗り越えて、西川の一走が、頂点を掴んだ。

【西川選手】
優勝できて本当に嬉しい。先週からコンディションも完全には戻っていなかったので、(優勝出来たことに)少し驚いています。でも自分の得意なレース展開だったので良かったです。今日のレースに点数を付けるなら90点。自己ベストが出なかったので10点減点です。これで、九月にある全日本インカレでの上位入賞も見えてきました、あと二ヶ月、実業団合宿や龍大での合宿で更に力を付けたいと思います。

【西出監督】
先週のこともあり、足の状態は良かったが、入れて3番くらいだと思っていました。ただ体調だけが心配でした。今日の段階では合格点です。これをスタートにして、来年はもっといいタイムで優勝してほしい。8分45秒を切れば全日本インカレでの優勝も見えてくると思います。チームにも刺激になると思います。

軽快に障害を越える西川選手

最後の障害を越え、前の選手を追う

メダルと共に笑顔を見せる西川選手・西出監督

【記録】
順位   氏  名     所 属             記 録
1     西川 凌矢    龍 谷 大        8:53.52 NGR
2     津田 修也    筑 波 大      8:53.71 NGR
3     周  庭印    国立体育大       8:56.81

(記事・写真 / 龍魂編集室 新谷 佳菜)

 

伊勢路に届かず、6位で全国駅伝予選敗退

龍大の襷を、伊勢路へ。その思いがぶつかった全国駅伝予選会(西京極陸上競技場)。小島(現:中央発條陸上部)と中大路(現:住友電工陸上部)の2本の柱を失った陸上部は、エース西川を先頭に底上げを図った。今年から全国への枠が4校に増え、更に期待が募る。「練習もいい状態で士気も高まっていた」と下村(国4)。そんな龍大に悪雲が立ち込めた。

第1組が走り終えた時点で6位につけていた龍大であったが、2組目の藤村(政2)が8000㍍まで先頭に喰らいつく快走を見せ、自己ベストを39秒更新しての6位でゴール。後半の粘りに課題を持っていたが、それを打ち破っての走りだった。それに続けとばかりに3組目の内波(営2)も49秒自己ベスト。足垣も今大会出場の1年生の中では3番手のタイムでゴールした。残り1組の時点で総合成績は5位。4位の関学大まで平均タイムであと28秒。全てはエース西川(済3)とキャプテン下村の走りに託された。

号砲とともに、奈良産大の留学生タイタス・キハラが飛び出した。1000㍍2分56秒と、10000㍍を30分切るスピードでレースは始まる。異変が起こったのは2000㍍。西川が顔をゆがめて集団から後退し始める。下村も4000㍍まで集団に付けるも、徐々に離され、終盤はペースダウン。中盤から足取りが危なくなった西川は、熱中症の症状が現れ、ゴール後倒れこんだ。二人とも自己ベストに1分以上遅れを取り、悔しいフィニッシュとなった。

駅伝はチーム競技。予選会でさえ、誰かが敗因になることはない。「西川におんぶに抱っこのチームじゃなく、西川がいなくても勝てるチームに」。下村の言葉は更なる陸上部の発展を予感させた。この試練を乗り越えて、彼等はまた強くなる。龍大に駅伝あり―そんな時が必ず来るはずだ。

【西出監督】
「チーム状態は良かったが、皆6割の力しか出せていなかった。藤村・立花の二人はよく頑張ってくれた。下級生の今日の結果はいい収穫になったと思う。個人個人見劣らないので11月にある駅伝に向けて調整したい」。

【下村選手】
「練習もよく士気も上がっていただけに悔しい結果になった。予選会では自分達の力に過信しすぎていて、弱い部分を見ていなかった。西川を活かすチームに出来なかった。(11月は)京産、立命、今日負けたチームに勝って一矢を報いたい」。

大会全体の結果はこちら:関西学生陸上競技連盟

苦しい表情を見せる下村選手

快走を見せた藤村選手

(記事 龍魂編集室 新谷 佳菜/写真 林 蘭子・佐藤 和季)

 

長距離勢の活躍光る!3000㍍障害 西川2連覇達成!

4月24日~5月12日まで5日間にわたり、第90回関西学生陸上競技対校選手権大会が長居陸上競技場で行われた。

【大会4日目】3000㍍障害
期待が集まる3000㍍障害では、西川(済3)が優勝を果たし2連覇、続く古和田(社3)が5位、内波(営2)が7位と出場した3選手全てが入賞と、龍大勢の強さを見せ付ける結果となった。

ハードルや水壕を越えて走る3000㍍障害。雨が降り、コンディションが悪い中、今大会2連覇が期待される長距離のエース、西川が登場した。西川は前日に行われた5000㍍にも出場。持ちタイムでは上位も狙えたものの、思った通りの走りができず8位に終わっていた。「(5000㍍は)優勝できなかった。今日は勝つしかないと思った」昨年チャンピオンが負けられない戦いに挑んだ。

序盤は先頭が入れ替わりの状態だったが、1000㍍過ぎてから西川が積極的に先頭に立ち、集団を引っ張る。それに続けと内波がピタリと後ろに付けた。中盤から西川のエンジンがかかり、ペースが上がると、集団がばらけはじめた。そのまま西川の一人旅に。昨日の試合では苦しげな表情も見せていたが、今日はしっかりとした足取りで、ペースを刻んだ。そのまま後続に5秒もの差をつけてのゴール。狙ったとおり、堂々と優勝をチームに持ち帰った。

会場が沸いたのは後続の4位集団。後半から追い上げてきた古和田が関学大、立命大の選手と三つ巴状態でラストコーナーを曲がる。会場が盛り上がる中、必死に身を乗り出してゴールするも、関学大の選手にわずか0.01秒及ばず5位。続く内波は7位でフィニッシュ。見事全選手が入賞を果たした。

試合結果

【西川選手】
「前半は守りすぎたが、タイムでも自信があったので先頭が代わっても焦らずいけた。5000㍍では13分台、3000㍍障害では自己ベストを更新し(8:52)、全日本インカレで三位以内に入りたい。今年は全日本駅伝の出場枠が4つに広がったのでチーム一丸となって狙っていきたい。」

【古和田選手】
「落ち着いて自分のペースでいけたのは良かったが、今後は集団のペースが上がった時にしっかりと前を追えるようにしていきたい。(最後に競った場面では)一つでも上の順位に入ろうという一心だった。競り負けて悔しい。」

【内波選手】
「しっかりと練習がつめて調子が良かったので9分一ケタを狙っていたので悔しい。次の全日本予選ではチームに貢献できる走りをしたい。西川さんに続き、自分が2年生の主力になりたいと思う」

【大会5日目】10000㍍
10000㍍は昨日とは一変して24.5℃の暑さとの戦いになった。唯一出場したのは、4年生の下村()。西出監督は「貧血が心配、暑くなるような天候なら不利に」と前日もらしていただけに、不安がよぎる。

スタートから1000㍍は3分15秒と遅い入り。しかし先頭が代わり徐々にペースが上がっていく。3000㍍から4000㍍にかけて2分59秒と一気に流れが変わると、集団が分裂。下村は、1位集団三人の後ろに数メートルあけて6位集団の後ろに付き様子を見る展開に。「早いペースになった時前が落ちてくると思っていた。今までの経験が生きた」ゆさぶりをかけるレースに落ち着いて対応し、じわじわと前の選手を捕らえていた。そしてラスト50㍍の苦しい場面でもう一人を抜き去り、5位フィニッシュ。「ハーフマラソンでは情けない試合をしてしまった。1点でも多くチームのために持って帰りたいと思った」と下村(今大会では各種目に応じて点数が付き、総合点で順位を決める)逆境をものともせず、全体を見てのレース展開は見事の一言に尽きた。

陸上部は関西の強豪の中で、唯一専属グラウンドを持たない。昨年のびわ湖駅伝の前には悪天候によりロードでの練習に変更する場面もあったという。それでも下村は「400㍍のトラックがあるだけでも恵まれていると思う。おかれた環境で結果を出したい。それに陸上部には(西出)監督もいる。不安は無い。監督に付いていけば大丈夫」と語った。そんな下村と監督は高校時代からの長い付き合いになる。監督との長い陸上生活も今年で最後を迎える。「監督からは競技面以外にもたくさんの大切なことを学んだ。今年こそは全国駅伝で活躍したい」掛ける思いは誰よりも強いはずだ。

チーム西出の結束力は強い。個人競技にも関わらず今大会でも「チームのために走った」と皆が口を揃えた。6月には全日本駅伝の予選会が控える。今年から関西からの出場枠が3つから4つに増やされることになり、今まで以上に期待が高まる。さあ、全国への道は開かれた。今年こそ龍大の襷を伊勢路へー。

2連覇を果たした西川選手

接戦を繰り広げる古和田選手

4年生の意地を見せた下村選手

(写真・記事/龍魂編集室  新谷佳菜)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ