陸上競技部

関西インカレ開幕!1部昇格決めた!!

5月16日、ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居において第92回関西学生陸上競技対校選手権大会が行われた。昨シーズン、1部から2部へ降格してしまった龍大。今大会は再び1部へ返り咲くための、チームでの戦いでもあった。そして大会3日目のこの日は、男子2部走高跳、西田(文3)が記録2m00で3位入賞。男子2部3000mSC(障害)では内波(経営4)が記録9分13秒01で2位入賞を果たした。

 

走高跳に出場した西田。まずは1m90、1m95を共に1回目で成功。ここまでは本来の力で難なく跳んで見せた。しかし次は、ここ2年間公式戦での成功がなかったという2mで、西田が越えなければならない課題だった。1回目、2回目は共に惜しくも最後に脚がバーに掛かってしまう。そして最後の3回目。観客席にいる部員たちからの声援を背に、バー上の空(くう)を舞う。見事、ラストチャンスをものにした西田は壁を乗り越えてみせた。残念ながら、次の2m05を越えることはできなかったが表情は晴れやかだった。「本当にうれしい。大満足です」。西田にとっては、やっと大きな大会で結果が出せた瞬間だった。

写真1

 

【華麗にバーを跳び越える西田】

 

4年生として、最後の関西インカレに挑む内波が出場したのは3000mSC。序盤は、集団の後方に位置していた内波。終盤、内波がペースを上げ一気に先頭へ躍り出る。このまま逃げ切るか――、そう思われたが、ラスト半周で後ろから差を詰めてきていた大経大の選手に追いつかれてしまう。最終コーナーを曲がり、残り30m。あと1歩というところで、ラストスパートをかけてきた相手選手に先頭の座を奪われ、内波は2位という結果でレースを終えた。

 

 

写真2 (1)

【レース中盤、必死に前方の選手を追う内波】

 

「申し訳ないという気持ち。1位を狙えたかなとは思います」。試合後そう語った内波の、最後の関西インカレは幕を閉じた。それでも「今できることはできた」と、少し名残惜しそうな表情をしながらも、自らのレースを振り返った。今後は自らの学業と相談をしながら大会に挑戦していくという。今回のこの悔しさをバネに、大学生活ラストシーズンを悔いなきランで締めくくってくれるだろう。

 

 

そして今回の関西インカレで、龍大は男子2部で121点を獲得、総合2位という結果で見事1部昇格を果たした。もちろんレベルの高い中での争いとなることに変わりはない。しかし、西田、内波以外にも今大会で入賞した注目の龍大選手はまだまだ多くいる。今後、1部でどれだけの活躍をみせてくれるのか、龍大陸上競技部から目が離せない。

 

写真3

 

【笑顔を見せる西田】

 

写真4

 

【表彰台に上がる内波】

 

〈西田選手のコメント〉

(3位に入ることができて)率直にうれしい。去年は龍谷大学がまだ1部で、今年から2部に落ちてしまって今もちょっと接戦なので1点でも多くとりたいと思っていて、3位という結果は本当にうれしい。大満足です。2mも2年ぶりくらいに跳べました。3回目で成功することができて、後ろの観客席から応援してくれていた部員たちの声が聞こえてきて力になりました。京都選手権が次あるので怪我を直して、安定に2mをとべるようにしたいですね。それ以上の記録は、そこから狙っていきたいです。

 

〈内波選手のコメント〉

申し訳ないなという気持ちです。1位を狙えたかなとは思いますけど、でも今できることはできたのかなとは思います。4年生最後の関西インカレに臨むにあたって、気持ちが高ぶりすぎて空回りしてしまってダメな方向にいってしまったので、まず怪我をしっかり治して、そこから次の大会へ向けてやっていきたいです。怪我を治せば、いけます!

 

( 記事 / 写真 龍魂編集室 平松里彩 )

龍魂編集室では現在新入部員募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ