陸上競技部

故障者続出も、7位でシード権獲得!

第76回関西学生対校駅伝競走大会(丹後大学駅伝)が、11月22日に京丹後市にある浜公園から宮津市の宮津市役所前までの全8区間、81.4㎞のコースで行われた。龍大は7位という結果で、来年の同大会へのシード権を獲得した。

大会前から、主力選手3人の故障で8区間中6区間の入れ替えを行うなど、メンバー決めにも苦労した龍大。急遽1区を任された1年生の大山(法1)は、予定していたタイムより遅れてしまい15位で2区西川(済4)にタスキをつなぐ。「焦ってしまい最初にペースを上げすぎてしまった」と、うまくペース配分ができなかった西川は体力的に苦しいレースに。それでも4年間チームを引っ張ってきたその走りで通過順位を8位まで上げる。

多少順位を変動させながらも各自持てる力を出し切り、順調なタスキリレーをみせる龍大。だが第7中継所、まさかの19秒差でタスキを最終区走者の小和田(社4)につなげず繰り上げスタートとなってしまう。一斉に集団で走るのがあまり得意ではないという小和田。彼もこの大会4日前に急遽最終第8区に指名された。「最後の丹後駅伝でもあったので力を出し切ろうと思い頑張った」と、この4年間の想いも乗せ力走した小和田。最後は繰り上げスタートとなったものの、龍大陸上競技部で81.4kmの道のりを精一杯の走りでつなぎ、7位でゴールテープをきった。

大学生活最後の丹後駅伝でアンカーを任された小和田

大学生活最後の丹後駅伝でアンカーを任された小和田

「故障者が多く、目標を下げざるを得なかったこの状況が悲しくもあり、悔しくもあった」と、歯がゆさをみせた西川。龍大が毎年力を入れている駅伝で、本来のチームとしての実力を発揮することができなかった。「若いチームでまた1から仕切り直し」。そう前を見据える西出監督。部を背負ってきた西川も今年で引退となり、新体制での再スタートとなる。『上位校の一角を崩す』。まずは昨年までの丹後駅伝で掲げていたこの目標を復活させ、再起を誓う。

〈西川選手のコメント〉
「自分の仕事はやりきることができた。ただ、今のチーム状況は怪我人も多くあまりよくない。怪我の影響で出られなかったメンバーの分ももっと自分が実力以上の力を出さないとならなかった。自分の出せる可能な範囲の結果で終わってしまったのが残念。チームとしては12月に京都学生駅伝があるので、そこでは今年こそは区間賞をとって、流れを自分から作り1位でたすきをつなげたい」

〈小和田選手のコメント〉
「今年のチームとしてのコンディションが、故障者もいておそらくこの4年間の中で1番良くはなかった。やはり来年やその先は故障者を減らさないといけない。先生をはじめ、チームの1番の目標を駅伝に置いていたので、それにみんながついていききれなかったことがチームとしての弱さでもある。みんな1人1人がもっと、先生の為にもという気持ちを持って駅伝に向けてやっていけたら、と思う」

〈西出監督のコメント〉
「去年との大きな違いはやはり故障者が多かったこと。急遽1年生2人と4年生の小和田がアンカーを走ることになったり、なかなか作戦を練るということもできない危機的な状況だった。西川も4年生なので今年で抜け、ほとんどが1、2年生となる。人数も決して多くはないので若いチームでまた1から仕切り直し。今の子たちが成長し出せば、また面白い試合ができるようになるだろう」

(龍魂編集室 記事/写真 平松里彩)

ページの先頭へ

ページの先頭へ