陸上競技部

実力発揮できず、無念の8位入賞

第83回日本学生陸上競技対校選手権大会が、9月5日から6日にかけて埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場において行われた。3000㍍SCに出場した西川(済4)は、9分00秒56で8位入賞という結果におわった。(10000㍍Wに出場予定だった山本(営4)は体調不良により欠場。)

先頭集団を必死に追いかける西川

先頭集団を必死に追いかける西川

序盤から、後方集団に位置していた西川。大会の1週間前熱中症で倒れてしまい万全の体調ではなかった。本来なら中盤からペースを上げているのだが、この日はその力を発揮できずに苦戦する。「気持ちだけでも行こうと思った」西川だが、先頭に躍り出た津田(筑波大)のペースアップに対応できない。レースは動かぬまま、西川は順位を上げることなく8位でゴール。本来の持ち味を出し切れなかったが、それでも全国の舞台で入賞を果たした。

ハードルを飛び越える西川

ハードルを飛び越える西川

試合後「全国だとレベルが高く、あそこから巻き返すのは難しかった」と悔しさをにじませた。4回生になってからは満足な結果を残せていない西川。今後は、11月に行われる関西学生駅伝に出場予定だ。大学最後の年、これまでの集大成を晴らしてくれるだろう。

〈西川選手のコメント〉
期待してくれていた中でのレースで、4年生で最後のレースで優勝して終わりたかった。
今後は関西学生駅伝に出るつもり。去年までは個人選手権で優勝したりこの全日本インカレで2位だったりと、結果を残していたが、4年生になってからはそういった結果を満足に残せていない。駅伝と言うのを1つにおいて、もう1つは5000㍍で13分台を出せるようにしたい。駅伝でもいいので区間賞をとって監督に恩返しがしたい。5000㍍の記録会が10月の下旬に日体大で行われる。もっと強い人たちがたくさんいるので、9月10月の上旬で作り直して、皆さんに負けないようにしたい。後輩のみんなにも、もっと必死になって大きい舞台に出られるように頑張ってもらいたい。

(記事・写真 / 龍魂編集室 平松里彩)

ページの先頭へ

ページの先頭へ