陸上競技部

リベンジ誓うも達成ならず5位

第80回京都学生駅伝競走大会が、京都洛北コース(6区間 計40.6Km)で行われ、龍大は昨年より1つ順位を下げた5位でゴールした。先週の丹後大学駅伝の後でリベンジを誓っていただけに悔しい結果となった。

冬本番の寒さが感じられる京都洛北にて、8時10分にスタートの号砲が鳴る。1区は昨年と同じ西川(済3)。昨年の経験をいかしながら先頭集団でレースを引っ張る。京産の選手が終始レースを動かすも落ち着いて対応する。ラスト2キロまで5人ほどの集団でレースは展開していたが、最後の上り坂で京産にスパートをかけられ離されてしまう。それでも意地の走りでトップと10秒差の2位で2区内波(営2)へタスキをつないだ。

先週の丹後駅伝で区間賞を獲得し、チームに弾みをつけた内波は「足の調子が万全ではなく不安が大きかった」と言葉にしていたが、足の痛みを感じさせない力走で2位争いを繰り広げる。2位立命館と1秒差の3位で3区へと繋ぎ、レースは動かぬまま4区のラストラン下村(国4)へとタスキは渡る。下村は最後の試合ということで、様々な思いを胸にタスキを肩にかけて立命館を追う。「内容は良くない。気持ちが高まりすぎた」と納得いく走りには届かず京大にかわされ4位へと後退したが、後輩とつなぐ最後のタスキに願いを込め足垣(政1)へ笑顔でタスキリレー。

丹後大学駅伝では1年生ながらも最長区間を任された足垣は序盤から積極的な走りで、京大と38秒差あった距離を18秒差に縮める。ここまで順調な仕上がりを見せていたが最終区で誤算が生じる。4位でタスキを受け取ったアンカー藤村(政2)は、複数の上り坂に苦しめられる。区間賞の走りで前をいく京大の背中はどんどん遠くなり、最後の上り坂では徐々に迫っていた同大にもかわされてしまう。そのままレースは動くことなく5位でゴールした。

西川から内波へタスキリレー

予期せぬ展開に「悔しい」と誰もが肩を落とした。駅伝は総合力で勝敗を決めることを痛感した大会となったが、4年生最後の駅伝でもありチームは今まで以上に結束していたに違いない。今後は新体制となりスタートをきる。今回果たせなかった4年生への「恩返し」を心のタスキに込め、龍大陸上部は走り出す。

<西出監督のコメント>
「丹後の流れで期待はしていた。前半は良い流れだったがアンカーでつまずいた。今日の試合は練習だと思って切り替えをしていく。今後は全日本を目指して距離を踏んでいきたい」

<西川主将のコメント>
「アンカーまでは力通りの走りをしてくれた。個人的には丹後の疲労もなく上手く合わせられた。今後は冬季の走り込みを中心に、自信だけでなく練習したというやる気の裏付けと実力をつけていきたい」

<内波選手のコメント>
「タイムは良かった。足の状態が不安だったが、試合になると気にならなかった。今年最後の試合で締めくくりとしてしっかり走ろうと思った」

<古和田選手のコメント>
「立命と並走し、中盤で前に出たが後半で抜かれてしまった。後半の粘りが足りなかった」

<下村選手のコメント>
「京大を意識しすぎて前半突っ込みすぎた。(丹後を終えてから)1週間の中で疲労はなく、丹後よりも気持ちは引き締まった。後輩が自分のために頑張ろうと言ってくれていたから、その思いに応えようと気持ちが入った。最後まで自分のためと言ってくれたことが幸せだった」

<足垣選手のコメント>
「前と大分あいていた。必死につめようという気持ちで走った。途中上り坂で京大の背中が見えて近づいている感じはあったが最後足がもつれた。下村さんのラストランということでタスキを貰えて嬉しかった」

<藤村選手のコメント>
「上り坂でダウンしてしまい、下りで切り替えようと思ったが力を使い切ってしまった。まだ距離慣れしていない部分もあり、丹後から上手く切り替えることができなかった」

下村から足垣へタスキリレー

(龍魂編集室 記事/写真 西睦美)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ