陸上競技部

香港Race-Walking大会で小林選手が準優勝!

10月14日に、香港で開催されたMTR-HONG KONG Race Walking 2013(競歩競技大会)で、龍大陸上競技部の小林俊太郎選手(経済4)が準優勝を果たした。大会は10kmロードレースで行われ、1kmの周回コースを10周する。レースは小林選手を含む4選手が序盤から引っ張る展開。途中で2人が脱落し、韓国の選手とのデッドヒートとなったが、ラスト1周で韓国の選手に引き離され惜しくも2位(44分18秒)でゴールした。
日本の大会と異なり、香港では街の中心部を駆け抜けるコースとなっており、多くのギャラリーが見守る中で開催された。小林選手は「レース途中から優勝を狙っていたが、道路の舗装状態が悪く、ペースを上げることができなかった。良い経験になりました。」と語ってくれた。

デッドヒートを繰り広げた入賞者達

デッドヒートを繰り広げた入賞者達

学生部に報告に来てくれた小林俊太郎選手

学生部に報告に来てくれた小林俊太郎選手

ページの先頭へ

ページの先頭へ