陸上競技部

悔しさ残るも、3000㍍障害で西川が全国準優勝!

第82回日本学生陸上競技対抗選手権大会が国立競技場(東京)で行われた。最終日の9月8日に行われた3000㍍障害には、長距離エースの西川(済3)が登場。惜しくも一位に一秒届かず準優勝でレースを終えた。

レース中盤、水濠を越える西川

「負けて こんなに悔しい事はない」。第一声だった。6月に行われた全日本個人選手権では大会新記録での優勝。西川が狙っていたものは、一つだけだった。

8分41秒93という学生トップ記録を持つ山口(城西大)は欠場したものの、西川より早いベストを持つ5人がエントリー。激戦が予想された。しかし、スタートしてから四番手に付けた西川は、集団にもまれ1000㍍を過ぎてからは先頭集団から離脱。なかなか流れに乗れず、10番手辺りを前後する。先頭集団も3分4秒で1000㍍を通過してから、そのままスロー気味のペースが続き、集団が崩れないままレースは進んだ。

1600㍍を過ぎ、ラストスパートに向け徐々にペースが上がると優勝候補の一角の津田(筑波大)が飛び出した。津田は全国個人で西川に競り負け、準優勝に涙をのんだ相手。筑波大のスタンドから歓声が上がる。西川は以前先頭とは70㍍以上の差。万事休すの状態でラスト一周の鐘が鳴る。と同時に観客の視線は一点に注がれた。明らかに他とは違う猛スピードで次々と順位を上げていく西川がいた。息を吹き返したように、みるみるうちに津田との距離を詰めていく姿はまさに龍の如く。あれだけあった差を一気に縮め、2番手でラスト100㍍。しかし、あと一息のところで津田が先にゴールラインを踏んだ。たった一秒。その差で西川は優勝を逃した。

「勝てた試合だった、もったいない、悔しい」。西川も西出監督も口を揃えた。敗因は、積極性とレースの組み立て。実業団での合宿などで確実に走力は上がっていたこともあり、自己ベストも期待していた。それだけに悔しさは一際だった。しかし、「この悔しさがあればこれからのシーズンも乗り切れる」と前向きに今後を見据えた。

来年はラストイヤー。この悔しさの先にあるものはリベンジで優勝で、日本一しかないだろう。やられたからには――やり返すしかない。

【西川選手インタビュー】
優勝を狙っていたので悔しい。天候も足の状態も良かったが、守りに入り過ぎた。反省点が多いが、ラスト300㍍のスパートではこの夏の成果が出たと思う。今後は5000㍍で13分台を狙い、秋の駅伝までにしっかりチームを引っ張っていきたい。

【西出監督インタビュー】
ここにくるまでに、実業団の合宿や大学の合宿でしっかり走り込んでいたので、上手く行けば自己ベストで優勝出来た。津田選手はレース展開が上手かったが、西川は位置取りが悪かった。ただ、ラスト一周でこのままではできても入賞かな、と思っていたがラストは持ち味のスピードが活かせたのは良かった。

今年は狭間の年。昨年、チームの二本柱を失ったのは大きいが、秋の駅伝ではしっかり踏ん張っていきたい。西川、内波(営2)、藤村(政2)が鍵。

【記録】
順位   氏  名     所 属    記 録
1    津田 修也    筑 波 大  8:57.50
2     西川 凌矢    龍 谷 大  8:58.63
3    猪狩 大樹      帝 京 大   9:00.57

 

左:表彰台で銀メダルを下げ笑顔を見せる西川、真ん中:優勝した津田選手(筑波大)、右:三位猪狩選手(帝京大)

(写真・記事 龍魂編集室 新谷 佳菜)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ