陸上競技部

掴んだ日本一!3000㍍障害 西川が大会新記録で優勝!

6月21日~23日、Shonan BMWスタジアム平塚において日本学生陸上個人選手権大会が行われ、龍大からは4名が出場。2日目の10000㍍競歩では山本(営3)が8位入賞。そして最終日の3000㍍障害では西川(済3)が見事大会新記録で優勝に輝いた。

一週間前西川はどん底を見た。今月16日に行われた全日本駅伝への関西予選会で体調不良と熱中症でゴール後に倒れ込み、そのまま病院へ搬送。チームも目標にしていた4位以内に届かず、6位で惨敗。留まることのない悔しさがチームに溢れた。「ここでやらな、チームの雰囲気を変えることが出来ない。チームのため、その一心だった」。どん底から這い上がる。西川の目は遥か高みに向いていた。

スタートから飛び出したのは立命館大の岸川。西川は落ち着いて2番手に付き、自分のリズムで徐々に1位との差を詰めていく。1000㍍手前で先頭に躍り出ると、そのまま先頭集団を引っ張っていく。1500㍍を過ぎると大きな集団から5人が抜け出し、激しい戦闘争いに。4位に後退した西川だが、ぴったりと集団につく。ラスト1000㍍からはぐんとペースが上がり、苦しい表情に変わる。しかし足取りは軽く、腕振りも力強い。ラスト1周の鐘が鳴る。3人に絞られた優勝争いはラスト400㍍の勝負に。2位に上がった西川は、今大会最速タイムを持つ筑波大の津田を追う。最後の水濠を越えてラスト150㍍で身体一つ分まで差を詰める。レース中で一番辛く苦しいラストスパートで、龍大エースが仕掛けた。西川の強さはここだ。誰もが苦しいときに一番強い。ラスト30メートルで津田を抜き去り、8分53秒52の大会新記録でゴールラインを駆け抜けた。

「しんどかったー!」。ゴール後発した言葉の深さは、西川にしか分からないだろう。先週から今日までの悔しさとの葛藤。そしてこの勝利の瞬間の思い―。あの時の試練を乗り越えて、西川の一走が、頂点を掴んだ。

【西川選手】
優勝できて本当に嬉しい。先週からコンディションも完全には戻っていなかったので、(優勝出来たことに)少し驚いています。でも自分の得意なレース展開だったので良かったです。今日のレースに点数を付けるなら90点。自己ベストが出なかったので10点減点です。これで、九月にある全日本インカレでの上位入賞も見えてきました、あと二ヶ月、実業団合宿や龍大での合宿で更に力を付けたいと思います。

【西出監督】
先週のこともあり、足の状態は良かったが、入れて3番くらいだと思っていました。ただ体調だけが心配でした。今日の段階では合格点です。これをスタートにして、来年はもっといいタイムで優勝してほしい。8分45秒を切れば全日本インカレでの優勝も見えてくると思います。チームにも刺激になると思います。

軽快に障害を越える西川選手

最後の障害を越え、前の選手を追う

メダルと共に笑顔を見せる西川選手・西出監督

【記録】
順位   氏  名     所 属             記 録
1     西川 凌矢    龍 谷 大        8:53.52 NGR
2     津田 修也    筑 波 大      8:53.71 NGR
3     周  庭印    国立体育大       8:56.81

(記事・写真 / 龍魂編集室 新谷 佳菜)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ