卓球部

堂々の3年連続のベスト8!

6月27日から29日にかけて、第83回全日本大学総合卓球選手権大会が豊田市総合体育館で行われ、卓球部女子は3年連続ベスト8という素晴らしい成績を収めた。

予選リーグを危なげなく1位通過して決勝トーナメントに出場を決める。1回戦は国学院大。しかし1-2とリードされてしまうも、4番手の市原(文3)が負ければ初戦敗退というプレッシャーに屈することなく勝利し桒村(文1)にあとを託した。チームメイトが見守る中、桒村は最大限に自分の力を発揮し3-0で勝利しチームの初戦突破に貢献した。2回戦の愛工大では1・2番手が連敗してしまい再びピンチに陥るも市原・桒村組が初めて組んだとは思えない息の合ったプレーをみせ3-0で勝利するとその勢いそのままに4番手市原、5番手桒村が連勝し3回戦に駒を進める。相手は関西の強豪・神戸松陰大。春季リーグでは負けているだけにリベンジし、また昨年のベスト8を超えたいところだ。しかし2-0とリードしあと一人勝てばベスト4入り決まるという場面であったが、そこからまさかの3連敗。ベスト4を掴みかけただけに悔しい敗戦となった。

3年連続ベスト8入りを果たした卓球部女子。今大会の課題を克服し、個々の力を出し切れば秋季リーグで優勝することはできるだろう。今大会のベスト8という結果には満足していない。頂点を目指すためにも、彼女たちの戦いはもう始まっている。

【市原選手のコメント】
「急遽ダブルスが変わるというハプニングもあったが、1年生に助けてもらっているのでもっと上回生が頑張っていきたい。またチームの雰囲気が今以上によくなれば来年は絶対ベスト4以上狙えると思う。関西リーグはずっと優勝を目指してきているが、1年生秋のときに優勝して以来順位が下がってきているので、秋季リーグは絶対に優勝したい」

【桒村選手のコメント】
「(2-2で回ってきて)プレッシャーはあったが、思い切りプレーすることができた。練習から優勝を目指してきた。負けるということは何かが足りないということなのでその課題を克服していきたい。春季リーグに出場して雰囲気が高校のときと違っていたが、試合を重ねるごとに慣れてきているので、この経験を秋季リーグにも活かして確実に勝っていきたい」

チームを引っ張る主将市原(春季リーグ時)

これからの活躍が期待される桒村

(記事/写真 龍魂編集室 近藤 豊裕)

全日本インカレでベスト8に入賞

第83回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)が6月27日~30日に豊田市総合体育館にて行われ、大会に参加した市原芹菜さん(文3)が学生部に報告に来てくれました。

「今回はベスト4に入るチャンスだったが、3年連続のベスト8となった。現在は関東の大学が強く1・2位を独占しているので、関西もがんばっていきたい。来年こそはベスト4に入ることが目標。」と語ってくれました。

普段の練習に加え、最近は週2回の体力・筋力トレーニングにも力を入れているそうで、今後も卓球部全体がレベルアップし、更に活躍してくれる事に期待です。

 

あと一歩及ばず

5月12日に近畿大学記念会館に於いて、春季関西学生卓球リーグ戦の最終戦が行われた。女子は近大との戦いであったが3対4とあと一歩及ばず悔しい敗戦となり、今大会を5位で終えた。
1・2番手が勝つことが出来ず迎えた3番手の孫(済1)。「高校時代から知っている相手で今までに負けたことがなかったということが緊張につながりました。しかし、仲間から応援してもらえたことが力になりました」と振り返ったように、試合では持ち味の鋭いバックハンドの攻撃をコーナーに決め危なげなく勝利を収めた。続く市原(文3)・田松(済3)組も息の合ったプレーで勝利し2対2に持ちこむ。しかし、5番手が敗れてしまい全ては再び市原、田松に託された。市原は積極的に攻めるが相手も受け身になることなく激しいラリー戦に。フルセットにもつれる熱戦の末にあと一点が遠く惜しくも敗れてしまいチームの敗戦は決まってしまうが、田松は手を抜くことなく試合に挑み、劣勢を跳ね返しに見事勝利を収めた。
試合後市原は「主将として勝ちきれなかったことが悔しい。それでも試合に出ていないメンバーにサポートしてもらったことに感謝したい」と振り返った。
秋季のチーム目標は全勝優勝。この目標も個々が今よりもレベルアップすれば成し遂げることが出来るだろう。今大会の悔しさをバネに更なる飛躍を期待したい。

積極的に攻撃する孫

息の合ったプレーを見せる主将市原・田松組

(記事/写真 龍魂編集室 近藤 豊裕)

 

春の関西学生リーグは男女とも5位

男女とも3勝3敗の同率4位で迎えた最終日。昨年秋のリーグ戦で10年ぶりの4位を確保した男子は、今季もこの位置をキープしたいところ。最終戦の相手は現女子は2011年の優勝以降2012年度は春季7位、秋季6位とリーグ戦では下位に低迷している。インカレでは上位に入賞する実力があるだけに苦しい戦いを強いられてきた。最終戦に勝利して少しでも上位に踏みとどまりたいところだったが、男子は関西学院大学に、女子は近畿大学に惜敗した。これで男女とも3勝4敗で5位が確定し来季以降も1部で戦うことになった。さらなる飛躍を期待しよう。

ページの先頭へ

ページの先頭へ