卓球部

【男子卓球部】京産大にあと一歩及ばず/春季リーグ第4日目

5月6日、近畿大学記念会館において平成30年度関西学生春季リーグ戦4日目が行われた。相手は京産大。序盤から白熱した戦いが繰り広げられるもチャンスをものにできず、セットカウント2-5で敗退。今季リーグ初勝利はお預けとなった。

 

春季リーグでいまだ勝利を収めていない龍大。今回こそはと挑んだ試合だったが果たすことはできなかった。

 

序盤から白熱した試合が繰り広げられる。トップに出場した李(済2)は第1、2ゲームともに少し硬さがあり、思うような試合が出来ず首をかしげる姿が見られた。相手にリードを許してしまう。しかし決して諦めてはいなかった。2ゲームをリードされ後がなくなった李は積極的に攻め、2ゲームを取り返す。5ゲーム目はお互い譲らない攻防が繰り広げられ、12-12とデュースにもつれ込む。最後は力強いドライブを決め3―2で勝利。チームに勢いをつけた。この勢いに乗りたいところだったが、2番、3番ともにリズムを作れず3―0で敗退。4番のダブルスも後に続くことが出来なかった。

 

李さん

【写真 1番で勝利をあげ、チームに勢いをつけた李】

 

 

セットカウント1-3で迎えた5番には足立原(営2)が出場。ゲームカウント1-2と苦しい展開に。しかし第4ゲーム、2-8から6連続ポイントを先取し同点に追いつく。そしてデュースにもつれ込み、17―15でこのセットを取る。最終ゲームもこの勢いで押し切れるかと思われたが惜しくも2―3で敗退。続く6番田中(済3)は男子には珍しいバックサーブを武器に得点を重ねていく。田中の回転が読みにくいサーブに相手は対応できず、2ゲーム連取。第3ゲームは取られたものの、相手の波にのまれず第4ゲームを取り3―1で勝利。7番藤井(営2)も波に乗りたいところだったが惜しくも敗退。この結果セットカウント2―5で敗退。今季リーグ初の白星とはならなかった。

 

 

田中選手

【写真 6番に出場し勝利した田中】

 

 

今回の試合では負けはしたもののチームの一体感を感じることが出来た。1部に残るためにはもう負けられない。次の試合もチーム一丸となって勝利を目指してほしい。

 

 

〈岡本主将のコメント〉

「1番でいい試合をしてくれて流れができたと思ったが、2番、3番で簡単に負けてしまい勢いを保つことが出来なかった。オーダーがあまり良くなかったので次からはオーダーをしっかり考えていきたい。チーム一丸となって戦うことが龍大のいい所。次の試合もチーム一丸となって頑張りたい」

 

〈李選手のコメント〉

「1番に出て自分がいい試合をしてチームに勢いをつけることが出来たらという思いで試合に臨んだ。自分の試合もよかったが5番の足立原選手の試合が一番盛り上がったと思う。次の試合でもチームに貢献できるように頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事 /写真 綾井唯)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

【女子卓球部】関大に競り勝つ/春季リーグ第4日目

5月6日、平成30年度関西学生卓球春季リーグ戦第4日目が近畿大学記念会館にて行われた。

龍大 4-3 関大

1.粟屋(政4) 3-2 北岡

2.上野(済4) 2-3 朝野

3.松村(政2) 2-3 宮村

4.上野・篠原(政4) 1-3 赤川・宮村

5.角野(済2) 3-1 鈴木

6.王(済4) 3-2 赤川

7.篠原 3-0 岸本

決着は7番にまでもつれ込んだ。相手は昨秋のリーグ戦で5年ぶりに1部昇格を果たした関大。1番手の粟屋がフルセットの好ゲームを演じるも、2番手から4番手が敗れ関大にリーチがかかる。絶体絶命の龍大であったが、5番手の角野(済2)が勝利しチームに勢いを付けると6番手の王(済4)が続き、最後は篠原がストレート勝ちで1部の強さを見せつけた。セットカウント4-3でリーグ2勝目を挙げた。

 

トップで出場したのは粟屋。幸先良く2セットを先取し、セット獲得に手をかける。しかし同じくリーグ2勝目に執念を燃やす関大も黙ってはいない。粟屋の前後左右の揺さぶりに対し下回転の返球。さらにネット際への攻撃でペースを崩してくる。飲み込まれた。序盤はあれほど決まっていたスマッシュが決まらない。焦りが募り、まさかのサーブミス。隙を突かれ強烈なバックスマッシュまで決められた。2セットを落とし勝負は最終セットへ。終始取られたら取り返すシーソーゲームの展開となった。デュースが続く中、勝利まであと1点の場面で相手を射抜くような鋭い目つきが復活。最後はクロスにスマッシュを決め3-2で競り勝った。

粟屋100MB

【写真】関大のカットマンに苦戦するも見事勝ち星を挙げた粟屋

関大を4-3で下した龍大はここまで5戦2勝と低調だ。リーグを勝ち越して終えるには残る相手、京産大と近大を打ち取らなければならない。経験不足が指摘されていた角野(済2)も勝利に貢献し、下級生も着実に成長を遂げている。ますます新体制に磨きをかけていく。

 

〈上野主将のコメント〉

「正直、自分が(出場したシングルス、ダブルス)2戦とも落としてしまい同期や後輩に助けられた。チームとしては勝てて良かったです!(個人としては)試合が1週間ぶりだったこともあり、格下の選手に緊張してしまい、自分の卓球ができなかった。私の球は相手にとって戦いやすくて、相手の球は私にとって戦いにくかった。自分はどうすれば良いのか、最後まで迷ってしまった。 (次戦の)京産大、近大は勝たなければいけない相手。でも構えすぎてしまうと、(個人的に)今日のような結果になってしまうので思い切ってチームとして頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事 /写真 松本侑香)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

【女子卓球部】立命館に勝利/春季リーグ第1日目

4月28日、平成30年度関西学生卓球春季リーグ戦第1日目が京都市横大路運動公園体育館にて行われた。

図3

 
立命館に1年半ぶりの勝利だ。今後の行方を左右する重要な初戦の相手は奇しくも一昨年の秋以来勝てていない立命館。1番手の上野が立命館のエース徳住にストレート勝ち。3番手の粟屋、4番手の上野・篠原ペア、5番手の王と4回生が意地を見せた。セットカウント4-3でリーグ入賞へ白星発進だ。

4番手の上野・篠原ペアが当たったのは徳住・横山ペア。序盤から絶好調だ。篠原がコースを打ち分け相手を揺さぶり、隙が出来たところに上野が容赦なく相手コートへ打ち込んだ。上野が「ダブルスでチームの勝利に貢献したい」と語った昨年の秋季リーグから格段に向上しているコンビネーションで3-0のストレート勝ちを収めた。

web用

【徳住・横山ペアに危なげなく勝利した上野・篠原ペア】

新体制となって初めての公式戦。立命館から勝ち取った4セットはいずれも4回生だ。「強かった先輩が卒業して、今年は実力的に厳しいかもしれない」(監督)。下級生の経験不足がこれからの課題となるだろう。春季リーグで入賞を目指すとともに、下級生の経験も積んでいきたいところだ。

 

〈上野主将のコメント〉

「ずっと立命館に負けていたので、勝てて良かった。(上野に関しては、シングルス、ダブルスどちらもストレート勝ち)それはたまたまです(笑)今日は調子が良かっただけ。ただシングルスの相手が立命館のエースだったので、弱点を試合前に監督から教えてもらった。自分も他の4回生も勝つことができたので先輩らしいところを見せられたのではないかと思う。自分たちの部活は先輩方が強くて、下級生は経験不足なのが実情。勿論、勝利に向けて頑張るが春季リーグで経験を積んで、秋季リーグで戦力となってもらえるよう強化していきたい。明日の相手はここ数年勝てていない関学。今日の勢いのまま勝って、入賞できたら良いなと思う」

 

(龍魂編集室 記事/写真 松本侑香)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

全日本大学総合選手権 個人の部 ベスト16入り!!

10月26日(木)~29日(日)に開催された全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)において、

上野 大弥(経済3年)が女子シングルスでベスト16入りしました。

この大会は、個人戦の大学日本一を決める大会。

関東勢が多数を占める中、見事に上位進出を果たしました。

順調に勝ち上がり、3回戦で対戦したのは関東の強豪、日本大学の選手。

この試合を4-1で勝利し、ベスト16入りを決めました。

上野   ベスト16入りを果たした上野(経済3年)

ページの先頭へ

ページの先頭へ