卓球部

久木・市原組が2年連続インカレベスト8

女子ダブルスの久木真由子(経済3)・市原芹菜(文2)ペアが昨年に続いてベスト8入賞の快挙を果たした。大会は10月25日から横浜で開催され、昨年ベスト8に入った久木・市原ペアは予選を免除されてエントリー、試合には2回戦から登場した。初戦は大正大学ペアに苦戦するもフルセットの末に勝利して勢いに乗ると、3回戦では青山学院大学を3-0のストレートで撃破、4回戦は愛知工業大学を3-1で破りベスト8以上を決めた。初のベスト4を狙った準準決勝では、早稲田大学の前に敗れたものの、2年連続のベスト8入りを果たした。
女子ダブルスは、ベスト8に勝ち残った8チームのうち6チームが関東の有力大学という関東優位の中、関西から久木・市原ペアが唯一準準決勝に駒を進め、関西の雄として孤軍奮闘の活躍を見せた。この結果を来年に繋げ、さらなる上位を目指してくれるだろう。

インカレでベスト8となった久木選手と市原選手

インカレでベスト8となった久木選手と市原選手

ページの先頭へ

ページの先頭へ