卓球部

【男子卓球部】秋季リーグ2位入賞!!

9月16日、ハンナリーズアリーナにおいて平成30年度関西学生卓球秋季リーグ戦最終戦が行われた。大接戦の末、甲南大相手に4ー3で勝利。この結果5勝2敗となり、2位入賞を決めた。

 

○龍大4-3甲南大●

第1セット 3-1

第2セット 1-3

第3セット 1-3

第4セット 1-3

第5セット 3-1

第6セット 3-0

第7セット 3-2

 

勝てば2位入賞が決まる大事な試合。トップに出場した李は(済2)は第1ゲームを先取するも第2ゲームでは6連続ポイントを許し波にのれない。第3ゲーム序盤もなかなかペースを掴むことができずリードされる。しかし欠けていた積極性を取り戻しドライブで攻め込む。そして11-9でこのセットを制した。第4ゲ-ムではデュースにもつれ込む大接戦に。先にマッチポイントを取られるも同点に追いつき、最後は力のあるドライブを決め見事3-1で勝利を決めた。しかし続く2番、3番は後に続くことができず敗退。4番ダブルスも1ゲームを取るも相手のレシーブに苦戦し敗北となる。

李さん  【トップで勝利をあげた李】

後がなくなった龍大。ここ最近では2部降格や入れ替え戦を経験しているため2位入賞はまだ早いのかと不安がよぎる。しかし5番の田中(文1)が不安を吹き飛ばすような圧巻のプレーをみせる。第3ゲームを取られるも相手の変化のあるボールにうまく対応し3-1で勝利を収める。続く6番の足立原(営2)も終始主導権を握ったまま3-0で勝利をあげる。そして運命の7番を任された主将の岡本(営4)はバックドライブを武器に得点を重ね第1、2ゲーム連取し勝利に王手をかける。しかし相手もそう簡単には勝たせてくれない。第3ゲームを11-13で落とすと第4ゲームも連取される。悪い流れを断ち切りたいが第5ゲーム序盤リードを許してしまう。しかし5連続ポイントを果たすなど逆転に成功し、見事3-2の接戦を制した。この結果、甲南大に4ー3で勝利。2位入賞を決めた。

主将 たっきゅう

【主将としてチームを引っ張った岡本】

 

春には入れ替え戦を経験し今リーグも上位は厳しいかと思われたが、格上の相手を次々と倒し見事2位入賞を決めた。4回生は最後のリーグとなるが後輩の活躍をみて安心して引退することができるであろう。来年もさらなる活躍を期待したい。

男卓 集合写真

 

〈岡本主将のコメント〉

「みんなが7番まで回してくれて最後の試合は絶対勝つという気持ちで臨んだ。インターバルの際に仲間が励ましてくれたので仲間を信じて思い切って試合をすることができた。(後輩たちに向けて)リーグ戦は緊張する場面が多いので練習から緊張感をもって取り組んでいってほしい。これからも頑張ってほしい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ