卓球部

【女子卓球部】立命館に敗北し5位で閉幕/秋季リーグ最終戦

9月16日、ハンナリーズアリーナ京都市体育館に於いて平成30年度関西学生卓球秋季リーグ最終戦が行われた。

●龍大2―4立命館○

1.上野(済4) 3-2 平井

2.山岡(国3) 2-3 徳住

3.王(済4) 0-3 麻

4.上野・角野(済2) 3-2 横山有・徳住

5.粟屋(政4) 2-3 内山

6.篠原(政4) 0-3 横山有

※勝負が決したため第7ゲームが行われなかった

悲願の3位入賞とはならなかった。永遠のライバル・立命館戦は、第4ゲームまでイーブンという互角の戦い。ここからエンジンをかけていきたいところであったが急ブレーキ。5番、6番ともに勝ちきれず、セットカウント2-4で敗戦した。最終戦績は5位で、目標であった3位入賞を果たすことはできなかった。

 

執念が見えた。1番手の上野は右腿に痛みを抱えながら強行出場。スマッシュの際に踏ん張ることができないのか、時折イライラする様子も見えた。フルセットに及ぶ熱戦の末、貴重な一勝を挙げた。しかし2番、3番が続くことができず崖っぷちに。

ueno

【写真】怪我を抱えながらも執念を見せた上野

 

ここで勝ち星を挙げておきたい。上野・角野ペアで挑んだダブルスは序盤から壮絶な打ち合いが繰り広げられた。上野が左右に揺さぶり、角野が隙を突いてスマッシュ。相手に押される場面も見られたが、ペースは崩れなかった。何度リードされても食らいつく。2人の粘りは相手を圧倒した。

daburusu

【写真】しっかり勝ち切った上野・角野ペア

 

勝負には負けたが、上野は「全員が一つになった試合だった」と振り返る。賞状は受け取れなくとも、龍大卓球部を支えてきた4年生の功績は大きい。後輩には少しでも私たちの代を超えてほしい-主力だった4年生が卒業する来リーグが正念場である。これからの龍大女子卓球部に注目していきたい。

 

〈上野主将のコメント〉

「順位は前回と変わらず5位だが、龍大らしくみんなで戦えたリーグだった。今日は特に毎試合勝ったり負けたりで、殆どリーグの最終戦であたる立命館。戦っている選手だけではなく、ベンチの選手・父兄の方も含め全員が一つになれた。4回生主力のチームだったが、後輩には少しでも私たちの代を超えて他大学に勝てるようになってほしい」

 

(龍魂編集室 記事 松本侑香/写真 渡部恭大)

 

 

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

 

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ