卓球部

【男子卓球部】リーグ7位 入れ替え戦にまわる/春季リーグ最終戦

5月13日、近畿大学記念会館において平成30年度関西学生卓球春季リーグ戦最終戦が行われた。相手は同志社。1部に残るためにも負けられない試合だったが、セットカウント2-5で敗退。リーグ7位となり、入れ替え戦へとまわることになった。

 

最終戦を勝利し1部残留を決めたいという思いが伝わった今回の試合。1番に出場した李(済2)は第1ゲームを取られるも、第2、3ゲームと回転量の多いドライブで得点を重ね連取する。しかし第4ゲームは左右に振られ思うように攻めることができずこのセットを落とす。最終ゲームは序盤からドライブで攻め3ポイント連取。その後も勢いは止まらず11―2で取り、見事勝利を収めた。このまま勢いに乗りたい龍大だったが、2番に出場した馬場(文1)は惜しくも敗退。続く3番に出場した足立原(営2)は相手に攻撃のすべを与えない。緩急のあるボールで相手を混乱させ、第1、2ゲームを連取。しかし第4、5ゲームは相手が変化にうまく対応し連取される。最終ゲームは4-4から5連続ポイントを収め、差を大きく離し3―2で勝利を決めた。

 

李さん 最終戦

【写真】1番で勝利をあげた李

 

 

足立原君

【写真】接戦を制しチームに勢いをつけた足立原

 

セットカウント2―1と迎えた4番ダブルスには岡本(営4)、馬場ペアが出場。第1セットを取るも後が続かず、ゲームカウント1-3で敗退。続く5番にはダブルスに続き出場した岡本。フルセットにもつれ込む接戦となる。最終ゲームは先にマッチポイントを取られるも10―10と同点に。逆にマッチポイントを握るが相手に3連続ポイントを許し11-13で取られ惜しくも敗退。続く6番、7番も勝利できず。この結果セットカウント2-5で敗退。悔しい敗戦となった。

 

今回のリーグでは接戦は多かったものの勝ち切れなかった試合がほとんどだった。勝負の世界の厳しさを感じたリーグになっただろう。入れ替え戦ではその悔しさをぶつけ、1部残留を決めてほしい。

 

 

〈岡本主将のコメント〉

「前半に2点を取りダブルスまでいい展開ができたが、その後続くことができなかったのが悔しい。5番で出場したシングルスでは緊張してしまいあまりいいプレーができなかった。相性の悪い選手に対して対応ができなかった。苦手な戦型の相手でも勝てるように練習していきたい。1週間後の入れ替え戦までにしっかり調整をしていきたい」

 

 

 

(龍魂編集室 記事/写真 綾井唯)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ