卓球部

【女子卓球部】関大に競り勝つ/春季リーグ第4日目

5月6日、平成30年度関西学生卓球春季リーグ戦第4日目が近畿大学記念会館にて行われた。

龍大 4-3 関大

1.粟屋(政4) 3-2 北岡

2.上野(済4) 2-3 朝野

3.松村(政2) 2-3 宮村

4.上野・篠原(政4) 1-3 赤川・宮村

5.角野(済2) 3-1 鈴木

6.王(済4) 3-2 赤川

7.篠原 3-0 岸本

決着は7番にまでもつれ込んだ。相手は昨秋のリーグ戦で5年ぶりに1部昇格を果たした関大。1番手の粟屋がフルセットの好ゲームを演じるも、2番手から4番手が敗れ関大にリーチがかかる。絶体絶命の龍大であったが、5番手の角野(済2)が勝利しチームに勢いを付けると6番手の王(済4)が続き、最後は篠原がストレート勝ちで1部の強さを見せつけた。セットカウント4-3でリーグ2勝目を挙げた。

 

トップで出場したのは粟屋。幸先良く2セットを先取し、セット獲得に手をかける。しかし同じくリーグ2勝目に執念を燃やす関大も黙ってはいない。粟屋の前後左右の揺さぶりに対し下回転の返球。さらにネット際への攻撃でペースを崩してくる。飲み込まれた。序盤はあれほど決まっていたスマッシュが決まらない。焦りが募り、まさかのサーブミス。隙を突かれ強烈なバックスマッシュまで決められた。2セットを落とし勝負は最終セットへ。終始取られたら取り返すシーソーゲームの展開となった。デュースが続く中、勝利まであと1点の場面で相手を射抜くような鋭い目つきが復活。最後はクロスにスマッシュを決め3-2で競り勝った。

粟屋100MB

【写真】関大のカットマンに苦戦するも見事勝ち星を挙げた粟屋

関大を4-3で下した龍大はここまで5戦2勝と低調だ。リーグを勝ち越して終えるには残る相手、京産大と近大を打ち取らなければならない。経験不足が指摘されていた角野(済2)も勝利に貢献し、下級生も着実に成長を遂げている。ますます新体制に磨きをかけていく。

 

〈上野主将のコメント〉

「正直、自分が(出場したシングルス、ダブルス)2戦とも落としてしまい同期や後輩に助けられた。チームとしては勝てて良かったです!(個人としては)試合が1週間ぶりだったこともあり、格下の選手に緊張してしまい、自分の卓球ができなかった。私の球は相手にとって戦いやすくて、相手の球は私にとって戦いにくかった。自分はどうすれば良いのか、最後まで迷ってしまった。 (次戦の)京産大、近大は勝たなければいけない相手。でも構えすぎてしまうと、(個人的に)今日のような結果になってしまうので思い切ってチームとして頑張りたい」

 

(龍魂編集室 記事 /写真 松本侑香)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ