卓球部

【男子卓球部】一部残留へ大きな一勝。甲南大振りきる。

9月14日、ベイコム総合体育館において平成29年度関西学生卓球秋季リーグ最終戦が行われた。龍大は甲南大にゲームカウント4ー1で勝利し、一部残留を大きく引き寄せた。

 

負ければ二部降格という状況の中、第一シングルが実力を出しきれず惜しくもストレート負け。

しかし、第二シングルの大本(文4)がその流れを断ち切るかのような試合運びをし、ストレート勝ちを納め龍大は流れを掴み連勝する。第一ダブルスの足立原(1年)・岡本(営3)ペアもストレート勝ちし、甲南大を全くもって引き寄せない。

第五シングルの岡本の相手は好敵手の林。林の登場に甲南大ベンチはにわかに盛り上がり始め、林自身もポイントを取る度に大きく雄叫びをあげさらにベンチを盛り上げる。流れは甲南大に傾きかけたと思われたが、岡本は冷静沈着だった。盛り上がる甲南大ベンチを背に第2セットを奪取。第3・4セットでもしぶとく粘る相手を寄せ付けず、3-1で岡本は勝利を収めた。

この勝利によりチームの勝ちが決まり、ゲームカウント4-1で甲南大から勝利を掴みとった。

大本 写真

【写真 サーブをうつ大本】

 

 

写真2

 

【写真 勝利しチームに貢献した岡本(左)・足立原(右)】

 

試合後、岡本は「団体戦では全国大会に出られているが、個人戦では出られていない」と語った。勝利を収めるが、それに満足しない姿に龍大男子卓球部はまだ成長できるという自信とこれからの覚悟を感じ取れた。一部残留へ大きく繋がった一勝は来年の春季リーグにも通じるものである。龍大男子卓球部のこれからに期待だ。

 

 

〈辻本主将 コメント〉

「今回チームの雰囲気がとても良く応援にも気合が入っていた。前日の試合で負けていて一部残留が最終戦で決まる事になり勢いがある方が勝つという意気込みで最終戦に挑んだ。一本目から大声で応援したことが勝利に繋がったと思う。自分たちはもう引退なので春に向けて下の学年達には一部上位を目指して頑張って欲しい」

 

〈岡本選手 コメント〉

「今回の秋季リーグではダブルスのペアが調子悪くて今日は代えて臨んだ。その事によって、チームの雰囲気も良くなったのが勝てた要因だと思う。個人戦では全国大会に出られているが団体戦では出られていない。課題を克服して全国大会に出場したい」

 

 

(龍魂編集室 記事/青木学登 写真/尾崎愛斗)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ