卓球部

【女子卓球部】3名が全日本出場へ

8月18日、池田市立五月山体育館において第84回全日本大学総合選手権大会(個人の部)関西予選が行われた。この結果、伊丹(国4)、上野(済3)、鴨川(文3)の3名が全日本への切符を手にした。

 

前日のダブルスで敗れている龍大の選手たちはリベンジに燃えていた。絶対に勝つ――みなぎる闘志は他を寄せ付けなかった。

 

最初に登場したのは伊丹。鋭いスマッシュが次々と決まり、1回戦目を順調に勝ち上がる。2回戦目も難なく勝利するかに思われたが、互いに積極的に攻撃を仕掛け、フルセットにもつれ込む。だが、ここで相手の流れにはさせない。3回戦目では気持ちを切替え、ストレート勝ち。2年連続で全日本出場を掴んだ。

IMG_1183

【写真1】バックスマッシュを決める伊丹

 

驚異的な強さを見せつけたのは龍大のエース、上野。3戦とも全てセットカウント3-0で相手を降した。しかも、自分の予想とは異なった敵が勝ち上がってきたため、プレッシャーを感じながらの試合。その状況の中でも自らの攻撃を貫き、伊丹と同様に2年連続の全日本出場へ駒を進めた。

IMG_1080

【写真2】ガッツポーズを見せる上野

 

最後に、初めての全日本への出場を決めたのは鴨川。「チャンスボールが来るまで待つことを心がけた」。その攻撃スタイルはピタリとハマった。2回戦目で苦戦を強いられるも、1回戦目、3回戦目ではストレート勝利を収めた。

鴨川 スマッシュ

【写真3】スマッシュを放つ鴨川

*写真は春季リーグのもの*

 

試合終了後、3人は喜びを分かち合った。この全日本出場という結果は全日本の前に待ち構えている秋季リーグの大いなる自信へと繋がるだろう。春季リーグの悔しさを胸にさらなる高みを目指してほしい。

 

<伊丹主将のコメント>

「前日にダブルスで負けていたのでパートナー(鴨川)とシングルスでは絶対勝とうと約束していた。技術云々より自分のできることをやろうという気持ちに切り替えられたことが良かった。次の秋季リーグは全員で絶対に勝つという気持ちで優勝を目指していきたいと思います」

 

<上野選手のコメント>

「自分の予想とは違う選手ばかりが勝ち上がってきて、研究もできていなかったので逆にプレッシャーだった。その中でも、今回は最後まで攻めきることができたと思う。今年の春季リーグではチームに貢献できず悔しかった。次の秋季リーグは4回生との最後の大会なので、少しでも貢献して優勝を狙いたい」

 

<鴨川選手のコメント>

「1回戦目は難なく勝てたが、2回戦の相手とフルセットになりながらも勝ち切れたことが良かった。いつもは無理して決めに行ってしまうが、今回は我慢してチャンスボールだけを決めにいくという戦術にしたことが良かった。次の秋季リーグでは今年の春季リーグの6位よりも上へ行けるように、優勝を目指す」

 

(龍魂編集室 記事/写真 松本侑香)

龍魂編集室は現在新入部員を募集中

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ