卓球部

【卓球部男子】惜しくも逆転負けを喫す

9月16日、ベイコム総合体育館において関西学生卓球秋季リーグ最終戦対甲南大が行われた。1部昇格に向けここまで全勝で来ていた龍大卓球部男子。この試合に勝って1部昇格を決めたいところだったが2―4で試合に敗れ入れ替え戦に回ることになった。

 

春季リーグは不本意な結果に終わり二部降格という悔しい経験をした。そのためこの秋季リーグに懸ける思いは強くここまで全勝できた。迎えた最終戦は2部2位とこちらも絶対に負けられない甲南大との対戦となった。初戦は張(経営1)が試合を支配し3―0のストレート勝ちを収めると2戦目も勝利し流れを引き寄せたかに見えた。しかし、3戦目以降、後1ゲーム取れば勝利というところで逆転を許し2―3で立て続けに試合に敗れる。結果ゲームカウントを2―4で終え、勝利を挙げることはできなかった。

%e5%86%99%e7%9c%9f3%e3%80%80%e5%a4%a7%e6%9c%ac

【写真 勝利を挙げた大本】

 

入れ替え戦に進むことになった龍大卓球部男子。一部昇格をかけた一戦も相手の壁を破ることはできず2部残留となった。今年はメンバーにとって悔しい1年になったに違いない。しかし、この悔しさをバネに来年こそ奮起してくれるだろう。

 

〈江口(法4)のコメント〉

「皆勢いは良かったが大事な勝負所で能力を発揮する事が出来なくてあと一本取る力が足りなかった。この秋季リーグは最後がすべてだったと思う。他の試合に勝っても最後に勝てず上がる事が出来なかったのは精神的な部分が大きかったと思う」

 

(龍魂編集室 記事 田川知樹/写真 北村英貴)

 

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ