卓球部

【卓球部女子】関西学生卓球春季リーグ最終戦

5月8日、近畿大学記念会館において関西学生卓球春季リーグ最終戦が行われた。龍大卓球部女子は関西学院大学と戦い5―2で勝利を収めた。この結果春季リーグ戦を3位で終えた。

 

龍大の先鋒は粟屋(政2)。序盤から2セットを先取され苦しい立ち上がりとなる。しかし、3セット目から驚異の粘りを見せ追いつくと、最後は引き離し3―2で勝利を挙げる。すると流れを引き寄せ2試合目も勝利し、龍大に優位な展開となる。3試合目は落としたものの4試合目に登場した桒村(文4)と粟屋ペアが相手に粘り勝ちを収めるとシングルスでも桒村が勝利を収め龍大の勝利を確定させた。試合は5―2で龍大の勝利。春季リーグを3位で終えることになった。

 

昨年の秋季リーグでは2位と優勝にあと一歩届かなかった龍大卓球部女子。悔しさを胸に挑んだ春季リーグだったが3位に終わった。ただ、この結果に決して満足はしてないはずである。目標のリーグ戦優勝に向けて新たな挑戦が始まる。

IMG_5930

【ダブルスで勝利を挙げた粟屋(左)と桒村】

 

〈桒村主将のコメント〉

「昨日悔しい試合をして1位は取れないが団体で勝ちに行こうと思ってみんな気持ち切り替えて試合に臨めたから勝ちにつながったのではないかと思う。関学は互角の相手だと思うが5―2で勝てたのは良かった。去年と試合に出ているメンバーが変わらないので優勝を目指してやっていた。3位で悔しいが皆の力を出し切った3位だと思う。秋リーグに向けてメンタルをトレーニングで鍛えて頑張っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事 田川知樹/写真 赤松佑樹)

 

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ